Archives : 死因

news

依然として死因トップは心臓病

統計局は5日、2014年の死因データを発表した。これによると、死因トップは心臓病で死亡者の13・5%を占め、2位が肺炎で12%、3位は脳血管疾患で7・1%となった。 2014年通年の死亡者総数は2013年比5・7%増の15万300人で、そのうち男性が57・6%(8万6500人)を占めた。男女ともに上記の死因がトップを占めるが、男性の場合は交通事故による死亡が7・6%あった。 民族別でみると、ブミプトラと華人はそれぞれ心臓病、肺炎、脳血管疾患が上位3位を占めた。インド人は心臓病、肺炎は
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news