Archives : 水道局

News 14

KL近郊で再び断水、汚染物質も特定

スランゴール州水道局は10月23日、スムニェ川が再び汚染されたため、浄水場を停止して断水措置を実施した。ヌグリ・スンビラン州のニライ工業団地から廃水が流れ出ていた。同州の観光・環境・緑化技術審議官エリザベル・ウォン氏は27日、川から検出された汚染物質は危険物質「4-ブロモフェニルエーテル」であったことを明らかにした。 この物質は難燃剤として使用され、臭いが強い。人間が摂取すると健康に甚大な影響を及ぼす。工場が故意に危険物質を排水しており、同州職員がこの工場を汚染源と特定した際は多くの魚が川
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news-teksim

サバ州水道局汚職事件 さらに19人を逮捕

サバ州水道局を巡る汚職事件に絡み、反汚職委員会(MACC)は19日、州職員のエンジニア19人を逮捕した。MACCのアザム・バキ副委員長がこれを認めた。19人の関係先27カ所を家宅捜査した結果、関係書類のほか、現金240万リンギを押収した。 MACCは水道事業で落札した企業が示した契約価格の約30%分を取り分として回収していたと見ており、19人を追及している。MACCは現在、落札企業からの賄賂や公金の不正使用を中心に調べており、捜査次第ではさらなる逮捕者が出る可能性もある。 この汚職事
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news