Archives : 空港

news

爆弾騒ぎでアロースターの空港一時閉鎖 トルコ人男女2人を逮捕

クダ州アロースターのスルタン・アブドゥル・ハリム空港で2日夜、トルコ人男女2人が荷物のなかに爆弾があると発し、空港が一時閉鎖される騒ぎとなった。20代の2人は脅迫罪で逮捕された。 地元紙によると、2人は文化関連のイベントでアロースターを訪問し、この日にスバン空港に向かう予定だった。同日午後8時ごろにチェックインしようとしたところ、うち1人の荷物の重量が制限を超えていたため、次に並んでいた乗客に一部荷物をシェアしてもらうよう懇願した。しかしその乗客は断ったところ、トルコ人の男は「荷物のなかに
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news-teksim

中国人出稼ぎ農民、業者に騙され空港で寝泊まり

マレーシアでの出稼ぎ労働募集に応じた中国人農民18人が自国の斡 旋業者に騙され、ジョホール州セナイ空港で立ち往生する事件が起きた。 斡旋業者は中国資本のデベロッパーの名前を使って出稼ぎ労働者を募集。日給 400中国元(255リンギ) 稼げるとの触れ込みで、吉林省や河南省、四川省などから集められた。農民らは2万~6万人民元(1万2700~3万8300リンギ)を手数料として支払ったが、マレーシアに到着したところ、ある建設現場に連れて行かれてそのまま置き去りにされた。 農民らはその後、そう
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

ペナン空港 今年の利用者数は640万人超 拡張工事も政府に提案

空港運営のマレーシア・エアポーツ社は11月30日、今年のペナン空港の利用者総数が640万人を超える勢いであることを明らかにした。当初は前年比で2~3%増の利用者数を見込んでいた。同社は上方修正して、同比6・5%とし、目標数を上回るとしている。 同空港は現在、ファイアーフライとマリンドエアが拠点にしているほか、中国当方航空やジェットスター・アジア、タイガーエアウェイズなどが乗り入れ、東南アジアや中国などの16都市を結んでいる。同社はさらなる国際線の乗り入れをすすめたい考えで、また、同空港はク
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
news

空港当局、最新ボディースキャナー導入を検討

国の玄関口である空港でのセキュリティーを強化してテロを防止するため、空港当局は現在、最新のボディースキャナーを導入することを検討している。現在、試験的に導入しており、空港内でのシステムなどに支障を来さないことなどが確認できれば、本格的に導入したい考えだ。 最新のボディースキャナーは英国製の「スルービズ」と言われるもので、世界15カ国で導入。これは人体にカメラを向けると衣服のなかに隠し持っている物体を感知する。金属だけでなく、プラスチック、液体、粉末などあらゆるものがテレビに映し出されるとい
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
KL_Sentral_at_Night

KLセントラル駅、空港行き乗客の荷物検査実施へ

リアウ運輸相は6日、KLセントラル駅から電車でクアラルンプール国際空港(KLIA)に向かう乗客全員に対して荷物検査を近く始めることを明らかにした。また、KLIAから同駅に向かう電車の乗客に対しても行う。 これまで同駅はチェックポイントではなかったが、 同相は「現状をみると、警備体制を強める必要がある」と述べ、同駅と空港の往来人数が大勢いることからテロ防止に必要との見解を示した。すでに防犯カメラの設置台数を増やし、兵士を配置したという。 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)は、5日
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news