Archives : 臨時便就航

News 14

中国南方航空、マラッカに臨時便就航

中国南方航空は9月28日、中国・広州市~マラッカを結ぶ臨時便を就航した。2017年1月までで、5日毎に1便を飛ばす。同日にマラッカ国際空港に到着した機材はエアバス社製「A319」型機(122人乗り)で、ほかにボーイング社製「737―700s」型機(120人乗り)も使用する。 到着に伴い、マラッカ州のイドリス・ハロン州首相は、「マラッカの空港に大型ジェットが着陸できたことで、小型機しか離発着ができないという批判を払拭した」と述べ、今後も他国からの路線を就航させたい意向を示した。 同路線
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news