Archives : 身元

昨年の身元確認ができない遺体数531体

国家法医学研究所のモハマド・シャー所長は5月22日、2016年に引取人がなく、身元確認ができない遺体が全国で531体あったことを明らかにした。ほとんどが不法に入国したとみられる外国人男性で、身元確認が困難を極めている。 遺体が発見されるのは、公共の場が多いが、事故により道路で発見されることもある。ほとんどのケースが自然死だという。マレーシア国籍の遺体の場合は予防接種の痕から判断できるが、遺体のほとんどにはこれがなく、当局に何の記録もない外国人が多い。 同所長によると、2015年の同様
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news