Archives : 邦人死亡

デング熱で邦人女性死亡 日本大使館が注意喚起

在マレーシア日本大使館は1月22日、19日にマレーシア国内で30代の日本人女性がデング熱で死亡したことを明らかにし、在住日本人に対して注意喚起を発出した。デング熱は蚊を媒介して感染することから、大使館は蚊に刺されない予防措置を取るようにし、発症した場合には早期に病院などの医療機関を受診するよう呼び掛けている。 マレーシア保健省によると、2016年のデング熱感染者数は前年比で16%減となった。死亡者数も激減しているが、年末から降り続く雨により蚊の繁殖源が再び増加している可能性がある。
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news