Archives : 銀行

News 11

中銀バンクネガラ、政策金利を3%で据え置き

マレーシア中央銀行バンク・ネガラは11月23日に定例金融政策会合(MPC)を開催し、政策金利である翌日物政策金利(OPR)を3・00%で据え置くことを決定した。 市場における大方の予想通りだった。 中銀は今年7月に約7年ぶりに3・25%から0・25ポイント引き下げ、9月に行われた前回のMPCでは3%を維持していた。 中銀は声明の中で、世界経済は主要な先進国において緩やかなペースで成長を維持していると指摘。アジアでは輸出部門が軟化しているが、国内需要が引き続き経済成長に貢献しているとし
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
News 11

今年の銀行支店閉鎖数63店舗に 昨年の1・5倍

オスマン・アジズ財務副大臣は15日、今年に入って閉鎖された銀行の支店数がすでに63店舗にのぼっていることを国会で明らかにした。市中銀行の店舗数は58店舗で、イスラム銀行は5店舗。昨年通年の閉鎖店舗数は市中銀行が32店舗で、イスラム銀行が11店舗だったことから今年はすでに昨年の約1・5倍にのぼっている。 同副大臣によると、閉鎖数が増えているのは国内経済が悪化しているためではなく、各銀行の商業的な戦略のためと説明している。 また、今年5月から半年の間に解雇された銀行員は1425人。こちら
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
News 11

中国銀行、マレーシアを東南アジアの拠点に

中国銀行はマレーシアを拠点とし、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場向け事業を展開する計画だ。中国政府が掲げる「一帯一路」構想に基づく計画で、今後は域内事業を強化させる。 香港に拠点を置く中国銀行(香港)ホールディングスは10月17日、中国銀行(M)(Bocマレーシア)を親会社の中国銀行から買収、合併している。マレーシアとタイ、インドネシア、カンボジア、ベトナム、フィリピンの支店も買収対象となっている。Bocマレーシアは中国銀行(香港)を親会社とし、今後は域内市場向けの事業を展開することに
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
news-business

CIMB、12月に新規アプリを立ち上げ

国内大手銀のCIMBは10日、12月に新規アプリ「CIMB EVA」を立ち上げることを明らかにした。 新アプリ上では口座の残高照会や各種支払い、送金、同行からの新規情報の提供などが利用できる。 国内の700万人以上の口座開設者が利用でき、12月から「グーグル・プレイ」や「アップル・アップ・ストア」でダウンロードができる。(Mtown)  
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news