Archives : 鳥インフル

news-4

クランタンの鳥インフル いまだ沈静化せず

3月初旬にクランタン州内で確認されたH5N1型鳥インフルエンザの感染がいまだ沈静化していないもようだ。 同州獣医サービス局は11日、5月に入って小規模農家数軒で感染したニワトリを確認して処分したことを発表した。5月10日までに殺処分されたニワトリは5万6953羽と卵1万7531個になった。 また、これまで感染した州内6郡の農家36カ所では新たな鳥インフルエンザにかかったニワトリは新たには発見されていないという。 同局はこれ以上の感染拡大を防ぐため、密輸を摘発するため州内各地で検
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

クランタンの鳥インフル 沈静化せず

クランタン州獣医サービス局は3月26日、同州内で広まっているH5N1型鳥インフルエンザに感染したニワトリが家畜農園6カ所でさらに確認されたことを明らかにした。同月6日に感染が確認されて以降、感染の拡大が続いている。 同局によると、新たに確認されたのはバチョック郡4カ所、コタバル市とトゥンパット郡の各1カ所。同局は感染確認以来、6郡内のみで広がっているとし、他郡へは拡大していないとしている。 3月25日現在で家畜農園34カ所で鳥インフルエンザの感染を確認。3万8521羽のニワトリを殺処
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

クランタン州の鳥インフル さらに拡大

クランタン州獣医サービス局は18日、17日現在で州内6郡28地区の家畜にH5N1型鳥インフルエンザの感染が拡大したことを明らかにした。17日現在で家畜鳥類3万羽超を殺処分し、約1万1000個の卵を処理した。 同州内でも州都コタバルでの感染数が最多で14地区。続いてパシール・マス郡で6地区、トゥンパット郡で3地区。そのほかタナー・メラ郡やバチョック郡でも感染が確認されている。 同州の鳥インフルエンザの感染は6日に確認。その後、州内各地に飛び火し、事態が深刻と州政府は宣言した。これまで人
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

クランタン州の鳥インフルが拡大

クランタン州政府は15日、6日に発見されたH5N1型鳥インフルエンザが拡大し、緊急事態宣言を発令した。 6日にコタバル市内で発生した後、予防対策を講じたにもかかわらず、パシール・マス郡でも鳥インフルエンザにかかったニワトリを発見。その後もバチョク郡やパシール・プテ郡、カンプン・ドゥスン・ドゥリアン郡、カンプン・ブキ・ムルバウ郡の4地域にも拡大し、コタバル市内では18村が被害を受けている。15日までに家畜類2万3000羽強を殺処分とし、卵881個も処分。消毒剤の散布など129カ所で行った。
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news