Archives : MRTコープ

News 22

MRTコープ、首都圏環状線の調査報告書を提出へ

マス・ラピッド・トランジットコープ社(MRTコープ)は年内にもMRT環状線(第3号線)の採算性調査を年内にも陸上公共運輸委員会に提出する。同社のシャフリル・モクタル最高経営責任者(CEO)が12日に述べた。   同氏によると、同調査は今年初めから実施。首都圏の渋滞緩和のため、既存の電車とつなぐ形で、どこに駅を設置するかなどを調査している。   総工費については「明らかにするには時期尚早」として語らなかったが、なるべく早く事業を進めたいと述べるにとどめた。 なお、MRT2号線(スンガイブ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
N_2MRTApril16

MRTのSBK線、12月までに一部開通へ

現在建設中の高架鉄道MRTを運営するMRTコープは7月21日、スンガイブロ-カジャン(SBK)線(全長51キロ)のうち12駅を12月までに開通させることを明らかにした。また、10月1日に試運転をする。SBK線を走る24車両はすでにスンガイブロMRT車庫に配置された。   12月までに開通される12駅は、スンガイブロ、カンプン・スラマット、クワサ・ダマンサラ、クワサ・セントラル、コタ・ダマンサラ、スリアン、ムティアラ・ダマンサラ、バンダル・ウタマ、タマン・トゥン・ドクター・イスマイル(TTDI
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news