政府 健康増進政策を検討 24時間営業の飲食店も制限か

政府 健康増進政策を検討 24時間営業の飲食店も制限か

健康増進閣僚委員会は、2018年から2019年までに実施する健康増進政策13項目を導入することを検討している。マレーシアはアジア諸国のなかでも国民の肥満率が高く、糖尿病など生活習慣病にかかっている人が多いことから、政策実施で国民の健康増進を図りたい考えだ。
目玉とみられるのは、24時間営業の飲食店の営業時間の制限。夜間に甘いものやカロリーの高い料理を食べる習慣になっていることから夜12時までに営業時間を制限させることも検討している。また、ソフトドリンクなど糖分が大量に含まれている飲料に対して別途課税することも視野に入れている。
このほかの検討項目として、△ジムを営業する会社への税控除、△公務員職は生活習慣病の程度で採用や昇進が考慮される、△脂肪や塩、砂糖を多く含む飲食品の広告の禁止、△新興住宅地周辺に自転車レーンを設置することの義務付け、△さまざまな形で健康診断を提供する、△ハイキングエリアの官報掲載、△学校や職場などで果物や野菜を食べる習慣を高める、△違法タバコの販売摘発の強化と教育機関の学生を全員禁煙者にする、△国公私立大学での禁煙プログラムの実施、△全国健康増進キャンペーンの実施と滋養ある食事を学校に提供させるなど。
これらは段階的に実施するとしているが、関係する業界や団体は理解を示す一方で、反発する声も挙がる。一部団体は保健省に肥満の職員が多いことを指摘して「保健省職員が積極的に国民に示すべきだ」との意見もあった。


post in Uncategorized マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

空港サービス税 来年までに改定へ
空港サービス税 来年までに改定へ アンソニー・ローク運輸相は5月28日、今年1月から全国の空港で導入された空港サービス税(PSC)の見直しを航空委員会(MAVCOM)に指示した。来年まで新税額を
第1四半期のGDP成長率5・4%
第1四半期のGDP成長率5・4% 中央銀行バンク・ヌガラはこのほど、今年第1四半期の国際総生産(GDP)成長率が前年同期比5・4%だったことを発表した。民間消費と輸出が堅調だったため。 同
昨年末の政府債務 GDP比80%超
昨年末の政府債務 GDP比80%超 リム・グアンエン財務相は5月24日、2017年12月末時点の政府債務が国内総生産(GDP)比で80・3%に達していると発表した。 財務相によると、公的債務
1MDBの負債 前政権で中銀などが救済支援
1MDBの負債 前政権で中銀などが救済支援 リム・グアンエン財務相は5月24日、巨額な負債不履行に陥っているワン・マレーシア・デベロップメント社(1MDB)の救済のため、中央銀行バンク・ヌガラ(BNM)や
燃料価格 一部固定額に設定へ
燃料価格 一部固定額に設定へ マハティール首相は5月30日、RON95とディーゼル油の販売価格を固定することを発表した。2種の固定額については近く発表する。RON97はこれまで通り、市場価格
販売サービス税を9月に導入へ
販売サービス税を9月に導入へ マハティール首相は5月30日、6月に廃止となった物品・サービス税(GST)に代わり、販売・サービス税(SST)を9月1日から導入することを発表した。税率について
マレー半島高速鉄道計画を中止 首相「まったく利益がない」
マレー半島高速鉄道計画を中止 首相「まったく利益がない」 ナジブ前首相が進めていたクアラルンプールとシンガポールを結ぶマレー半島高速鉄道計画が中止となった。マハティール首相が5月28日に発表した。 同首相は、11

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品