マレーシアニュース

【新着】パキスタン国籍のパイロット、操縦を暫定禁止-2020/07/04

マレーシアの民間航空局(CAAM)は7月3日、パキスタン国籍のパイロットによる操縦を暫定的に禁止する措置を出した。パキスタン政府の調査の結果、同国出身のパイロット資格証明書が大量に偽造されていたことが判明したため。 同局によると、マレーシア国内にいるパキスタン国籍のパイロットは20人にも満たない。ただ、こうした人員は民間の小規模チャーター会社や研修機関にいるとみられている。マレーシア航空、マリンド・エア、エアアジアでは同国出身のパイロットは雇っておらず、現在の運航には影響しない。 一方、欧州連合(EU)の民間航空行政を扱う欧州航空安全機関(EASA)はパキスタンの発表を受け、パキスタン航空(PIA)機のEU空域への乗り入れを6カ月間にわたって暫定的に禁止する措置を取った。マレーシアでも同社便の乗り入れ禁止措置を出す可能性がある。 パキスタン政府は6月末、同国内にいるパイロット860人のうち260人が偽造証明書を所持して操縦していたと発表。107人は海外の航空会社で働いているという。偽造証明書の存在は、今年5月にカラチ国際空港近くで起きたPIA機墜落事故の調査の途中で判
post in マレーシアの政治/社会ニュース コロナウイルス(Covid-19)情報

【新着】政府 電力料金割引を年末まで延長-2020/07/04

シャムスル・アヌアル・エネルギー天然資源相は7月2日、9月までと予定していた電力料金の割引を年末まで延長すると発表した。 同相は「新型コロナウイルスのまん延で影響を受けた国民にさらなる負担軽減が必要であることに気づいた」と理由を説明した。 政府が先に発表した使用量によって割引が変わるが、10%の割引となる使用量601~900kWhの世帯も対象に含まれる。 さらなる3カ月の延長で政府の負担額は、マレー半島のみで3億9200万リンギ、サバ州とサラワク州で600万リンギにのぼるという。4月からの負担額は26億2000万リンギに達する見込みだ。 一方、国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は、4月から6月までの間の割引などが反映された請求額が、メーター検針の後1週間ほどで確認できると説明している。また、同社のサイトやアプリ上でも通知から48時間以内に明細をみることができる。なお、検針は7月3日から順次始まっている。 7月の請求書ではこれらが反映された金額となるが、詳細に確認し、もし疑問がある場合は同社窓口や電話で問い合わせると良いだろう。  TNBの請求をめぐ
post in マレーシアの政治/社会ニュース

【新着】新規感染は5人、3例は海外から-2020/07/04

保健省の発表によると、7月3日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は5人となった。うち3例が輸入例、他の2例はサバ州のクラスターからそれぞれ見つかっている。累計感染者数は8648人となった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計121人のまま。死者なしはこれで19日目となる。 この日の退院者数は9人。累計退院者数は8446人で、治癒率は98%弱に達している。病院に残る患者は81人まで減っており、ICU使用者は2人でこの2人が人工呼吸器を使っている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース コロナウイルス(Covid-19)情報

新規感染は3人、国内2例は外国人から-2020/07/03

保健省の発表によると、7月2日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は3人にとどまった。うち1例がシンガポールからの輸入例、他の2例は外国人労働者からそれぞれ見つかっている。累計感染者数は8643人となった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計121人のまま。死者なしはこれで18日目となる。 この日の退院者数は62人。累計退院者数は8437人で、治癒率は98%弱に達している。病院に残る患者は85人まで減っており、ICU使用者は2人でこの2人が人工呼吸器を使っている。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

KLモノレール、新造車両を来年投入へ-2020/07/03

クアラルンプール市内を走るKLモノレールを運営するラピッド・レールは7月2日、来年3月から新造車両7編成(4両編成)を順次投入したい考えを示した。 現在、同社のモノレールは4両編成(定員430人)を5編成、2両編成(同、217人)を5編成所有しているが、うち、老朽化が激しい2両編成の車両は、KLモノレールが開通した2003年から使用されており、これを順次退役させる。 来年に新造7編成がすべて導入され、既存の4両編成を合わせた全12編成がフル運用されると、1日当たりの利用者数は6万5000人以上に増える見込み。モノレールの利用者数は2015年に同水準に達していた。しかし、安全面の観点から4両編成の運行を2017年から2年にわたって停止したことで、需要に対応しきれず、昨年の利用者数は1日あたり3万6000人に落ち込んでいた。 新造車両の導入で、運行間隔の短縮も図りたい考えだ。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

TNBの検針員、高額請求問題で暴行被害-2020/07/03

トレンガヌ州ドゥングンで7月1日、国営電力テナガ・ナショナル(TNB)のメーター検針員が男から暴行を受ける事件があった。検針員は軽傷を負った。 検針員はこの日午前11時半ごろ、住宅地の住宅で検針をしていたところ、男が近寄ってきて電気料金の高額請求について問い詰めてきたという。検針員は詳しく説明したが、男が検針員を突き飛ばし、さらに木片で殴りかかろうとした。付近にいた人が仲介して難を逃れた。 検針員は肩とひざにけがを負い、医療機関で治療を受けた後に警察に被害届を出した。 TNBは「疑問がある場合は窓口で説明するので、暴力は起こさないようにしてほしい」と述べた。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

7月は好スタート、新規感染は1人のみ-2020/07/02

保健省の発表によると、7月1日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は1人にとどまった。この1例が輸入例だったことから、これで国内の感染はゼロを記録したことになる。 累計感染者数は8640人となった。保健省では、このまま感染者ゼロが28日間続けば「コロナからの勝利宣言」を行うことになると以前に述べている。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計121人のまま。死者なしはこれで17日目となる。 この日の退院者数は21人。累計退院者数は9375人で、治癒率は96%を超えている。病院に残る患者は144人まで減っており、ICU使用者は3人、うち2人が人工呼吸器を使っている。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

サラワク州 国内滞在中の外国人入境を許可-2020/07/02

サラワク州のアマール・ダグラス州副首相は7月1日、マレーシア国内に30日以上滞在している外国人の同州への入境を許可すると述べた。これは州内経済を活性化させる措置の一環とされる。 同州は活動制限令(MCO)の発令後、外国人の入境を認めてこなかったが、これを緩和する。ただ、同州に到着する12時間前までにサラワク州災害管理委員会(SDMC)のフォームに記入する必要がある。同州内での隔離はなく、PCR検査も求められないもようだ。 同州政府は6月30日、連邦政府との間でクアラルンプールとクチン、ミリとをそれぞれ結ぶ国内線の増便に合意。7〜8月はクアラルンプールと2都市を結ぶフライトを1週当たり331本飛ばすことになった。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

サバ州 中国国籍労働者の入国を許可-2020/07/02

サバ州のシャフィー・アクダル州首相は7月1日、州内で働いていた中国国籍の労働者の再入国を条件付きで認めると述べた。 3月に活動制限令(MCO)が発令されたことで、国外から同州に戻れなくなった中国国籍の労働者が対象。同州では建設業界で働く中国人労働者が多く、MCOにより建設の遅れも出てきていることから門戸を開いた。 ただ、入国前の3日前までにPCR検査を受けることを条件とし、標準運用手順(SOP)を順守するよう求めた。14日間の隔離については語らなかった。 同相はまた、マレー半島やサラワク州からの国内旅行も歓迎する意向を示した。同州への入境時に健康申告書の提出が求められるが、PCR検査は必要がなくなっている。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

転覆船事故の死者5人に、依然3人が不明-2020/07/02

クランタン州バチョック沖で6月29日に釣り船が転覆した事故で、消防・救助局は7月1日に捜索を中止した。同日までに遺体1人は発見され死者は5人となったが、行方不明の3人が依然として見つかっていない。 同局は2度にわたって事故海域を海底と空から捜索した。同局は「遠くに流されてしまった可能性がある」としてさらに情報を得た場合に限り捜索を再開するとした。 この事故は20人が乗った釣りツアーの船が暴風雨と高波により転覆。事故直後に4人の死亡が確認されていた。 関連記事 https://mtown.my/politics/0701-102/
post in マレーシアの政治/社会ニュース