マレーシアニュース

Top news

プチョンの廃鉱の水たまりで少年捜索の潜水士6人死亡
 スランゴール州プチョンの廃坑となったスズ鉱山の水たまりで、釣りをしていた17歳の少年が行方不明になり、捜索に向かった潜水士6人が死亡する事故が4日にあった。  少年は友人2人と釣りに出掛けたが行方不明になり、友人らが近くの住民の助けを求め、レスキュー隊が駆けつけた。潜水士らは同日午後9時ごろ、激しい急流にのみ込まれて死亡したとみられている。  当局によると、潜水士6人の死亡が確認された後、少年が行方不明になったとされる地点から800メートル離れた場所で遺体となって見つかった。  死亡した潜水士は、スランゴール州シャーラムとポートクラン地区の消防署に勤務する24~34歳のスタッフだった。(『ニュー・ストレーツ・タイムズ』5日付)

政治News

プチョンの廃鉱の水たまりで少年捜索の潜水士6人死亡
 スランゴール州プチョンの廃坑となったスズ鉱山の水たまりで、釣りをしていた17歳の少年が行方不明になり、捜索に向かった潜水士6人が死亡する事故が4日にあった。  少年は友人2人と釣りに出掛けたが行方不明になり、友人らが近くの住民の助けを求め、レスキュー隊が駆けつけた。潜水士らは同日午後9時ごろ、激しい急流にのみ込まれて死亡したとみられている。  当局によると、潜水士6人の死亡が確認された後、少年が行方不明になったとされる地点から800メートル離れた場所で遺体となって見つかった。  死亡した潜水士は、スランゴール州シャーラムとポートクラン地区の消防署に勤務する24~34歳のスタッフだった。(『ニュー・ストレーツ・タイムズ』5日付)

社会News

三井アウトレット 新たに20店舗をオープン
 クアラルンプール国際空港近くにある三井アウトレットパーク・クアラルンプール国際空港セパン内で3日、新たに20店舗がオープンした。レストランや衣服関連店舗などがさらに増えた。向こう数カ月以内にも新たな店舗が開店する予定だ。  このアウトレットは今年2月に第2期分がオープンし、マレーシア最大規模の約200店舗が入居するアウトレットモールとなった。2021年までにもさらに拡張する予定で、店舗総面積を4万4000平方メートル、店舗数約250店舗にまで広げ、東南アジア最大級のアウトレットにする予定だ。(Mtown)

芸能・スポーツNews

毒蛇の達人 かまれて死亡
パハン州ベントンで12日、毒蛇を扱う達人として知られていた消防士アブ・ザリン(33)さんがコブラにかまれて死亡した。 アブ・ザリンさんはこの日午後7時54分にコブラにかまれ、病院に搬送されたが16日に亡くなったという。アブ・ザリンさんは2015年にも蛇にかまれ、2日間にわたって集中治療室に入院した。 アブ・ザリンさんはヘビにキスをできるほど扱いができ、海外の新聞などでも取り上げられ、テレビにも出演していた。(Mtown)

プチョンの廃鉱の水たまりで少年捜索の潜水士6人死亡

 スランゴール州プチョンの廃坑となったスズ鉱山の水たまりで、釣りをしていた17歳の少年が行方不明になり、捜索に向かった潜水士6人が死亡する事故が4日にあった。  少年は友人2人と釣りに出掛けたが行方不明になり、友人らが近くの住民の助けを求め、レスキュー隊が駆けつけた。潜水士らは同日午後9時ごろ、激しい急流にのみ込まれて死亡したとみられている。  当局によると、潜水士6人の死亡が確認された後、少年が行方不明になったとされる地点から800メートル離れた場所で遺体となって見つかった。  死亡した潜水士は、スランゴール州シャーラムとポートクラン地区の消防署に勤務する24~34歳のスタッフだった。(『ニュー・ストレーツ・タイムズ』5日付)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

クダ州の屋台のラクサで中毒死2人

 クダ州クパンで売られていたラクサを食べて9日現在までで61人が中毒になり、うち2人が死亡したことがわかった。保健省のノール・ヒシャム事務次官が9日発表した。  発表によると、クダ州で24人、スランゴール州で21人、ペラ州で16人が吐き気などの中毒症状を訴えて病院に搬送された。  4日にある家族の父親がこの屋台でラクサを買って、自宅で食べたところ、息子が食中毒を起こして死亡。その後、各地で食中毒患者が増加し、保健省が報告を受けたのは6日だったという。  クダ州当局がこの屋台をすでに営業停止にし、原因を追求している。(『ニュー・ストレーツ・タイムズ』10日付)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

三井アウトレット 新たに20店舗をオープン

 クアラルンプール国際空港近くにある三井アウトレットパーク・クアラルンプール国際空港セパン内で3日、新たに20店舗がオープンした。レストランや衣服関連店舗などがさらに増えた。向こう数カ月以内にも新たな店舗が開店する予定だ。  このアウトレットは今年2月に第2期分がオープンし、マレーシア最大規模の約200店舗が入居するアウトレットモールとなった。2021年までにもさらに拡張する予定で、店舗総面積を4万4000平方メートル、店舗数約250店舗にまで広げ、東南アジア最大級のアウトレットにする予定だ。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

首相 ロヒンギャ問題でスー・チー氏を支持せず

 マハティール首相は9月29日、ミャンマーのイスラム教徒・ロヒンギャ族問題で国家顧問兼外相のアウン・サン・スー・チー氏を支持しないと述べた。トルコのテレビ局のインタビューで語った。  首相は「この問題で彼女は変わったようだ」と述べ、ロヒンギャ族の虐殺行為を行った軍部に対して措置を取らないことに不満を示し、彼女を支持しないと説明した。  首相は、スー・チー氏が自宅軟禁されていたとき、解放するよう当時のミャンマー軍事政府に対して強く働きかけてきた。  また、首相は先にロヒンギャ問題に関して書簡を送ったことも明らかにしたが、「返信がない」として強い不満も示した。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

KLIAの全滑走路を修繕工事へ

 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は1日、全滑走路3本を向こう5年で順次修繕工事を実施すると発表した。安全性を高めることなどが狙い。  まずはじめに第3滑走路が来年9月に修繕工事がなされ、第1と第2滑走路はそれぞれ2021年と2023年となる。これに伴い、工事期間中は滑走路を全面閉鎖または夜間のみの閉鎖の措置を取る。  今後、関係当局と閉鎖期間などについて協議する。各航空会社へは工事開始の一年前に通知されるため、各社はチャーター便のスケジュールについて考慮できるとしている。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

スクールバスが炎上 搭乗者26人は無事

 ジョホール州スクダイで2日、スクールバスが炎上する事故があった。搭乗していた運転手や生徒ら26人は間一髪逃げて無事だった。  同州警察によると、走っていたスクールバスのエンジンから煙が出始め、運転手はバスを停車。火が噴き出したことから生徒らを車外に避難させた。日はまたたく間に燃え広がり、バスのほとんどを焼いた。消火には約1時間かかったという。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

河西工業 合弁会社の第三者割当増資を引き受け

 自動車内装部品の総合メーカー、河西工業はこのほど、合弁会社のカサイ・テックシー社の第三者割当増資を引き受け、同社株式を追加取得することを決定したことを発表した。増資引受は事業運営強化のため。  カサイ・テックシー社はこれまで現地メーカーの向けの自動車部品の製造販売やマレーシアの日系自動車メーカーとも取引をしてきた。今後も確実な品質の製品を安定的に供給するため、設計や生産技術のノウハウなどをさらに活用する。また、河西工業から役員と社員を追加派遣もする。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

新KL市長にヒシャム氏が就任

 クアランプールの新市長にヒシャム・アフマド氏(62)が2日、就任した。前任者のアミン・ノルディン氏が9月1日に突如辞任し、これまで空席だった。  ヒシャム氏の任期は2020年までの2年。クアラルンプール市長としては12人目。  同氏はこれまで首相府の経済計画局や連邦直轄区省、スランゴール州政府事務局などで勤務し、昨年5月まではスバンジャヤ市議会代表を務めた。すでに定年退職したが、手腕を買われてカリド・アブドゥル連邦直轄区相から市長に任命された。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

オンラインの運転免許試験 20リンギに引き下げ

 アンソニー・ローク運輸相は来年1月1日からオンラインでの運転免許試験費用を20リンギに引き下げることを明らかにした。現行では27リンギ。『ザ・スター』が報じた。  現在、オンラインでの試験は3業者のみがほぼ独占しているが、同相はこれを自由化すると述べ、これに伴い、費用も引き下げられるとした。  3業者は全国103カ所に試験センターを設置している。自由化に伴い、200カ所にまで拡大できるだろうと同相は見通しも示した。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アンワル氏 下院補選に出馬 BNは立候補を擁立せず

 与党の希望同盟(PH)を構成する人民正義党(PKR)の指導者アンワル・イブラヒム元副首相が、下院議員補選に9月29日に出馬した。ヌグリ・スンビラン州ポート・ディクソン選挙区からで同氏のほか、6人が立候補した。  立候補者のうち全マレーシア・イスラーム党(PAS)が擁立したモハマド・ナザリ氏以外は無所属。野党連合の国民戦線(BN)は「個人の政治的必要性のために選挙を行っている」として批判し、ボイコットを決定。ただ、BNの主要政党、統一マレー人国民組織(UMNO)は先にPASと選挙協力に入ったことからこの補選でもPASを応援している。  この補選はアンワル氏が国政復帰させるため、同選挙区選出議員が先に辞職したために行われる。UMNOのザヒド総裁は「選挙費用に360万リンギかかる」として補選実施そのものにも反対した。5月の総選挙で同選挙区では有権者約7万5000人のうち約60%が PKR候補に投票していた。投票は10月13日で即日開票される。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,