5月1日以降のコロナ対策=マレーシア保健省発表

保健省が4月27日発表した、「5月1日以降のコロナ対策」は次の通り。

・マスク
屋内ではマスク着用が義務付け(公共交通機関車内・構内、配車サービスの車内含む)。
屋外では着用任意。人混みの中やリスクの高い人は、引き続きマスク着用を推奨。

・フィジカルディスタンシング(いわゆるソーシャルディスタンス)
遵守の必要はなくなる。

・MySejahteraによるチェックイン
入場登録が不要に。ワクチン接種の有無にかかわらず、ショッピング施設などの敷地内への立ち入りが可能に。
ただし、コロナ陽性者、隔離(HSO)対象者は従来通り入場不可。

・コロナ陽性者の対応
従来通り7日間の隔離を要請。
ただし、4日目の「専門家立ち合いのもとでの抗体検査(RTK)」で陰性であれば、隔離から早く開放される可能性あり。

・マレーシアへの入国
マレーシアに入国するコロナワクチン完全接種済みの旅行者(ブースター接種まで完了)は、出発2日前以降のPCR検査、および到着後24時間以内のRTK検査が不要に。

・禁止される活動リストの解除
コロナ対策として最後まで禁止されていた活動(ネガティブリストにあったナイトクラブなど)は、5月15日をもって制限解除に。

 

関連ニュース

マレーシアからの帰国者も「14日間待機」対象に

2020/03/26 日本政府は3月26日、マレーシアを含む東南アジア7カ国などからの入国者に対し、検疫所長が指定する場所での14日間の待機と、国内での公共交通機関の利用を自粛するよう要請すると決定した。 上記の措置は日本時間3月28日00:00以降に現地を出発する旅客に対し適用される。当面、4月末日まで実施される。つまり、27日マレーシア時間22:59までに出発する旅客は対象にならない。 なお、Mtownが調べた「帰国者への待機要請に関する到着空港での対応内容は、空港にある検疫所にて「体温チェック」および、所定の用紙で「14日間は自己隔離する」「公共交通機関には乗らない」の2件などを宣誓すればよい、となっている。なお、到着時に具合の悪い人はPCR検査に回ることもある。... ...続きを読む

6月に感染者数8000人超か=保健省-2021/05/17

2021/05/17 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監は)5月15日、6月には新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数が8000人を超えるとの見通しを示した。 同事務次官の4月の予測では5月に1日あたり約5000人と示していた。 15日現在の全国の実効再生産数(アールノート)は1・05。州別にみると、トレンガヌ州が最も高く、1・29で、次にプトラジャヤの1・25。クアラルンプールは1・08で、スランゴール州は1.14にとどまっているが、今後数値が上がっていく可能性があり、予断を許さない状況が続く。... ...続きを読む

ショッピーの倉庫内でSOP違反 罰金を納付-2021/07/08

2021/07/08 大手電子商取引のショッピーの倉庫で標準運用手順(SOP)を順守していなかったことがわかった。 スランゴール州シャーアラムにある同社の倉庫に同地区警察が7月3日に「強化された活動制限令(EMCO)」に基づく査察を行った。 同社の声明によると、日雇いのアルバイトを通産省(MITI)の新型コロナ管理システム(CIMS)に登録に関して問題を指摘されたという。アルバイトの登録を行っていなかったようだ。同社はすでに罰金1万リンギを納付したと説明した。 倉庫内では消毒などを行い、SOPの順守も徹底するとも表明。これまでに業務に影響は出ていないとも述べた。... ...続きを読む
covid

教育機関でのクラスター感染件数が増加-2021/12/08

2021/12/08 保健省のノール・ヒシャム衛生総監は12月6日、過去2週間で教育機関でのクラスター感染が増えていると述べた。 11月21日から27日の週は13件だったが、28日から12月4日までの週では16件を記録した。16件のうち12件が中等学校で発生したという。 また、11月28日から12月4日の週の全国のクラスター感染発生件数は41件。職場でのクラスター感染が半数を占め、21件となった。学校でのクラスター感染のほか、宗教施設やコミュニティー内などで発生した。まだ広がりをみせているクラスター感染は12月4日現在で227件ある。 ワクチン接種率は高まっているものの、同衛生総監は「ワクチン接種をしたからといって標準運用手順(SOP)がなくなったわけではない」として引き続き順守するよう求めた。... ...続きを読む

日本政府、海外生活者向けワクチン接種実施を決定-2021/06/25

2021/06/25 日本政府は6月25日、海外在留邦人向け新型コロナウイルスのワクチン接種を8月1日から実施すると発表した。 年齢制限は12歳以上。使われるワクチンは米ファイザー製のため、最低でも日本に3週間の滞在が求められる格好となる。 また、条件として「日本に住民登録がない海外在留邦人」と掲げられている。したがって、何らかの事情で現在、日本国内に住民登録を残している場合はこのスキームの枠では接種できない。 接種場所は羽田と成田の両空港付近に特設されるという。... ...続きを読む

政府、サバ州で新たにEMCOを発令-2020/11/10

2020/11/10 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は11月9日、サバ州ラハド・ダトゥ郡カンプン・サバ・バル地区に「強化された活動制限令(EMCO)」を10日から導入すると発表した。期間は11月23日まで。 同相はまた、4カ所に対して発令されているEMCOを延長するとも発表した。 ・サバ州ラハド・ダトゥ郡タマン・カザナ・インダ地区とムティアラ・カシ地区(11月10日~23日) ・ヌグリ・スンビラン州ニライ郡プトラ・ポイント地区(11月11日~24日) ・サラワク州クチン市カンプン・ハジ・バキ地区(11月11日~24日) ・セランゴール州カジャン郡プラザ・ヘンティアン(11月11日~24日)... ...続きを読む

ワクチン接種者の海外渡航方針の統一化を=カイリ大臣-2021/0...

2021/07/07 カイリ・ジャマルディン科学技術・イノベーション相兼ワクチン接種プログラム調整相は7月6日、新型コロナウイルスのワクチン接種者が世界中を渡航できるよう統一した方針を打ち出す必要があると強調した。 各国政府はいまだワクチン接種者に対する入国政策を明確に決めていないため、統一した方針がなければ混乱を招くだろうとも同相は述べた。  同相はまた、マレーシア人がよく訪問するサウジアラビア、シンガポール、英国、米国、中国と今後の方針を協議していることも明らかにした。「ワクチン・パスポート」の導入についても協議されているものとみられる。 複数の国が特定ブランドのワクチンのみの接種を条件に入国を認める可能性があるかどうかを記者から質問され、同相は「世界保健機関(WHO)が承認したワクチンは、すべての国で認められるべきだ」と述べた。 マレーシアでは現在、複数国のワクチンを使用している。特定ブランドの接種が条件になると、一部の国に行き来できなくなる可能性もある。このため、「他のワクチンが認められないのであれば、せめて、渡航者が十分なワクチンを接種している限り、ある程度の妥協点を提供するべきだ」とも語った。... ...続きを読む
covid

ワンウタマ・モールの感染、クラスターと認定=保健省=2020/1...

2020/10/15 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は10月15日、セランゴール州ワンウタマ・モールで新型コロナウイルスの感染者が多数発生している状況について「ウタマ・クラスター」と認定した。同日までの検査では総数132人が同モールで感染している。 同事務次官によると、9月22日にモールのネパール人警備員(28)から発熱や咳の症状が出て、10月8日に陽性と確認された。この警備員が感染源となり、クラスター感染に拡大したとみられる。 感染者132人のうち107人が外国人で、残りがマレーシア人。警備員が87人、清掃員18人、モールで働く従業員16人、顧客6人のほか、警備員から感染したゴンバック在住の男性の家族5人も陽性となった。 なお、ワンウタマ・モールでは16日まで消毒活動が行われる。 同州プタリン地区災害管理委員会は14日、同モールで63人の感染が確認されたと公表していた。しかし、モールの運営会社は「警備員44人は警備会社が提供している寮で感染が拡大し、モール内で感染したわけではない」と主張、同委員会に抗議していた。 なお、ヒシャム事務次官はこの件についてコメントしていない。... ...続きを読む
house

自宅隔離取りやめ 指定施設で14日間-2020/07/22

2020/07/22 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は7月21日、入国者への「14日間の強制隔離措置」を国籍を問わず24日から再開させると発表した。これにより、入国者は政府が指定した隔離施設にとどまることになる。 帰国者の対応をめぐっては、これまで「14日間の自宅隔離の遵守」と定められていた。これについて同相は「規則を破ってふらつく者がいるため」と理由を説明。例えば、食事のためにレストランに外出する者もおり、これを厳しく批判している。 なお、隔離施設での滞在費などはすべて自己負担となる。マレーシア国籍保有者は帰国時にPCR検査を受けずに入国できるが、空港からそのまま隔離施設に直行することになる。 なお、日本からの入国については、在マレーシア日本大使館が「PCR検査は免除されている」との解釈を示す一方、マレーシア航空にてクアラルンプールに向かう搭乗客については拒否されるケースがあるとして、注意を促している。大使館は「マレーシア航空に対し、日本出国時の陰性証明がマレーシア到着時の検査で代替可能とのマレーシア当局の方針を説明している」としながらも、21日時点では、「マレーシア航空からPCR陰性証明を持たない者への扱いが変更されたとの連絡は受けていない」としている。 なお、日本から持参した陰性証明書が拒否される例がある理由について、マレーシア側の検疫所は「陰性証明書を持参する場合、検体が唾液のものについては受け入れられず、スワブにより採取したものでなければならない」との解釈を示した上で、「唾液検体の場合は、空港において再度抗原検査を実施する必要がある」との回答を得たという。... ...続きを読む
ボランティア

保健省 ハイキングで人気のブロガ・ヒルを閉鎖-2020/06/26

2020/06/26 セランゴール州スムニェにあるハイキングで人気のブロガ・ヒルが6月27日から閉鎖される。期限は設定されていない。保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)が25日に発表した。 20日から21日にかけて多くのハイキング愛好家が押しかけ、長蛇の列ができたことから、閉鎖措置が取られた。ソーシャル・メディア上の映像や画像で確認したという。同事務次官は、「これは回復のための活動制限令(RMCO)に違反する」と説明している。   同事務次官はさらに「標準運用手順(SOP)や新しい常識(ニューノーマル)は新型コロナウイルスから守るための防御方法の一つ」と述べ、国民はこれを無視してはならないと強調した。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP