covid

シブで巨大クラスター 1人から約2700人に感染-2021/05/10

保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は5月8日、サラワク州シブのロングハウスで発生したクラスター感染で、2693人に次々と感染したことを明らかにした。これまでのところ、このクラスター感染で29人が死亡している。

発端は昨年12月29日、ジョホール州ジョホールバル・トゥルバウの電気機器工場で働く女性従業員(32)が父親の死去に伴い帰郷。帰郷前のPCR検査で陰性と出ていたものの、実家で周辺住民らにウイルスが拡散していった。

ダヤク族の伝統建築ロングハウスは長い一つの建物の中に多くの家族が住む。このため、感染のスピードは早く、1月には一部のロングハウスで「強化された活動制限令(CMCO)」による封鎖措置が取られた。これまでに58軒のロングハウスに住む住民が感染している。

同事務次官は「地方のオラン・アスリは免疫力が弱かった可能性がある」と指摘。このため、感染率が高くなったとの見方を示した。

同事務次官はまた、「これは州を越えて感染が広がった好例」と述べ、今後もこういった事態にならないよう州間移動の禁止に理解を求めた。4月のみで州越えが原因のクラスター感染は14件に上っている。

13日からの断食明け大祭(ハリラヤ)で州越えの移動を認めた場合、「感染者数はさらに増えるだろう」とも述べ、自宅に滞在するよう改めて求めた。

関連ニュース

新規感染者数、またも拡大=クラスターは新たに6カ所=2020/...

2020/10/11 保健省の発表によると、10月10日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は374人となった。前日より拡大、サバ州で277人と引き続き感染が収まらない他、セランゴールで44人人が新たに見つかった。クダ州でも27人が新たに感染した。 うち、輸入例は2人だった。これにより、累計の感染者数は1万5096人に達している。死者は3人増え、155人となった。 一方、退院者は73人で、これまでの治癒者は1万780人となった。なお、現在も4161人が入院中で、うちICU使用者が73人、呼吸器の使用者は28人となっている。... ...続きを読む
covid

新規感染者数、1桁に減少=全体で7例に-2020/08/25

2020/08/25 保健省の発表によると、8月24日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は7人だった。累計感染者数は9274人となった。 輸入例は2例で、日本由来のケースはなかった。 死者はなく、国内の累計死亡者は計125人のまま。 この日の退院者数は6人で累計退院者数は8965人。現在の入院者数は184人となっている。ICUで8人が収容されており、5人が人工呼吸器を使っている。... ...続きを読む
facemask

衛生総監、「マスク2枚重ね」への推奨内容を説明-2021/05/24

2021/05/24 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は5月22日、米疾病管理予防センター(CDC)が「マスク2枚重ね」に関する研究を進めていることについて、その内容についての情報を共有した。 同事務次官は「マスク2枚重ね」について、「義務ではないが、両面マスクの着用を奨励したい」と述べた。 CDCは、内側にサージカルマスクを使用し、外側に布製マスクを使用するという形で「マスク2枚重ね」を推奨。サージカルマスクを1枚着用した場合のコロナウイルスの曝露を防げる確率は56.1%だが、「マスク2枚重ね」の場合、最大85.4%まで上がるという。 ちなみに、布製マスクだけの場合は51.4%、結び目とタック付きサージカルマスクは77%曝露を防げるとしている。... ...続きを読む
vaccine

スランゴール州 予約なしブースター接種打ち切り-2021/12/10

2021/12/10 スランゴール州政府は12月9日、ワクチンのブースター接種無料プログラム「SelVaxブースタープログラム」で進めている予約なしの接種を打ち切ると発表した。8日から始まったが、接種希望者が殺到したため。今後はすべて事前予約で受け付ける。 州の公衆衛生・団結・女性・家族開発委員会のシティー・マリアー委員長(州の閣僚に相当)が9日に明らかにした。 予約は同州の新型コロナ関連アプリ「SELangkah」で行う必要がある。 同州政府が指定したクリニックでの接種となるが、同委員長は「1日の予約枠150人に限られる」と述べ、初日の8日にはこれ以上の人数が殺到したようだ。... ...続きを読む
malaysia

上級相の毎日の記者会見 連続89日で終了-2020/06/15

2020/06/15 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は6月14日、3月18日から毎日行っていた記者会見を終了させると述べた。今後の記者会見は月曜、水曜、金曜の週3日に減らす。週末の記者会見は14日で最後となった。 同相の記者会見は、活動制限令(MCO)が導入された3月18日から始まり、土日・祝日関係なく連続89日にわたってプトラジャヤで行われた。記者会見は毎日午後2時に始まり、テレビやネット上でライブで流され、国家安全保障協議会での決定事項や標準運用手順(SOP)など注意事項を主に伝えていた。 同相はときおり奇抜なデザインのバティックのシャツを着用して記者会見に臨むことでも有名になった。週末最後の記者会見は赤い上品なバティックを選び、「カラフルなバティックももうみられないだろう」と冗談を語った。 同相のほか、記者会見を毎日こなして来た保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)の会見も、今後は月曜と木曜の週2回へに減らすことが決まった。 真摯な態度で質問に答える同事務次官の対応は国民の信頼を呼び、同氏がいたからマレーシアでの被害が小さくて済んだとの意見も多い。 中国語サイトでは連日、日々「山哥(諾希山という同氏の中国語当て字名から)」への賛辞が寄せられていた。 なお、保健省の会見がない日も毎日午後5時をメドに感染者数などの発表が行われる予定だ。... ...続きを読む

4月21日の感染者動向、前日と変わらず2300人台を維持-2021/04/22

2021/04/22 保健省が4月21日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は2,340人となり、輸入例は12人。 累計感染者数は381,813人。 実効再生産数(アールノート)は1.15(-0.01)と、ここ数日はほぼ横ばいの状態が続いている。現在、隔離・入院中の陽性者は21,687人。 累計の治癒者は358,726人、この日の退院者は1,910人だった。11人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,400人となっている。 ICUの収容者は248人。うち101人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む

1日の新規感染、ヌグリ・センビラン州で増加-2020/10/28

2020/10/28 保健省の発表によると、10月27日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は835人となった。過去最多を記録した前日より400人あまり縮小したが、依然高い水準にある。 サバ州で410人が見つかったほか、ヌグリ・センビラン州で155人増加したのが目立つ。セランゴール州でも126人が新たに感染した。輸入例は5人。 累計の感染者は2万8640人。現在9903人が入院している。死者は2人増え、238人となった。 一方、退院者は674人。これにより、累計の治癒者は1万8499人となった。 ICUでは89人が治療を受けており、呼吸器を使っているのは32人に上っている。... ...続きを読む

ペナンで野外ICUを設置か 軍医も投入へ-2021/05/17

2021/05/17 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は5月16日、ペナン州で陸軍を投入して野外の集中治療室(ICU)を設置を検討していることを明らかにした。 感染者の激増に伴い、全国のICUは逼迫状態に陥っており、野外の臨時ICUを設置して対応したい考えだ。 同事務次官によると、ペナン州では過去2週間にICUに入院する患者数が45%増加。今後、クラスター感染も発生した場合は既存のICUでは対応しきれない状態になる恐れがあると説明した。 軍はこのほかにも重篤患者を支援するため、検査室や放射性関連設備も設置する。 同事務次官は16日に野外ICUを見るため、クアラルンプール市内の軍病院を視察した。... ...続きを読む

活動制限令の再延長について=在マレーシア日本大使館

2020/04/10 ★在マレーシア日本大使館が4月10日午後発表した「活動制限令の再延長について」に関するお知らせを転載します。 ●4月10日午後4時過ぎから、ムヒディン・マレーシア首相が記者会見を行いました。ムヒディン首相は、活動制限令(MCO)によって、新型コロナウイルスの感染者はある程度抑えられているとしつつも、感染拡大防止に向けた努力は継続される必要があるとして、4月28日まで活動制限令を延長することを決定した旨発表しました。特に、学校を引き続き休校とすること、国境警備を強化すること、活動を再開できる経済セクターを段階的に見直すことなどについて言及があり、一部において、今後、規制が強化または緩和される見込みです。 ●新型コロナウイルスに関する状況は刻一刻と変化しています。在留邦人、渡航者の皆様におかれては、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府がより厳しい規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNSを通じて御自身での情報収集に努めてください。 ●現在、邦人を含め、活動制限令に違反して不要不急の外出を行ったとして警察に逮捕され、罰金等の刑罰を科されたケースが多発しています。治安当局における検問等の強化が図られているところ、在留邦人及び渡航者の皆様には、不要不急かつ正当な理由のない外出は絶対に行わないでください。 ●マレーシアにおける活動制限令は、あくまでも、未だ世界的な流行が収まらない新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として行われている施策です。皆さんご自身、そして周囲の方々に感染が及ぶことのないよう、外出の抑制に限らず、お一人お一人がより一層の衛生管理に留意いただきますよう、重ねてお願いいたします。 ※COVID-19 感染が疑われる場合等の対処について(在マレーシア日本大使館ウェブサイト) https://www.my.emb-japan.go.jp/files/100042818.pdf ※新型コロナウイルス対応のためのコミュニケーションボード(同上) 新型コロナウイルス対策下における買い物、検問、病院訪問時に使えそうな英語・マレー語の単語やフレーズを集めた資料 https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_09042020A.html ... ...続きを読む

政府職員が感染、国会建物内を消毒-2020/09/20

2020/09/20 消防・救助局は9月19日、クアラルンプール市内にある国会建物内を消毒した。公共事業局職員が新型コロナに感染していることがわかり、国会を数日にわたって出入りしていたため。   公共事業局によると、この感染者は14日、サラワク州クチン国際空港での無作為のPCR検査で陽性と判明。その後にクアラルンプールへ戻って現在は病院で隔離治療を受けているという。 この職員は10日から数日にわたり公共事業省副大臣のサポートで国会上院の審議場におり、同局は「複数の上院議員とも会っており、濃厚接触者が何人になるかわからない」とも話した。副大臣や会ったとみられる上院議員への検査については明らかにされていない。   21日から23日まで開催の上院議会は予定通り行われるという。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP