東南アジア各国、入国条件を徐々に緩和へ-2022/02/04

東南アジア各国政府は、新型コロナウイルスの感染状況が「制御可能な状態になりつつある」と判断し、外国人らの入国条件を緩和し始めている。各国とも、国内経済への観光業が占める割合が大きいこともあり、「外国人観光客向けの開国」は喫緊の課題となっている。

タイは昨年7月、各国に先がけて世界的なリゾートとして知られるプーケット島に限って「サンドボックス(砂場)」政策を導入、外国人観光客の受け入れを始めた。

その後、ワクチン接種済み者を対象に、短い隔離期間でタイ各地にも滞在できるスキーム「テスト・アンド・ゴー」を導入した。これは、すべての国からの旅行者が対象。現在のルールでは最低6日間滞在となっており、到着日1泊のみ隔離を受ける格好となっている。入国前に1回、入国後5日目との計2回のコロナテストを受ける必要があるものの、到着から1泊2日のみの拘束で済むのは旅行者にとっては嬉しい仕組みとなっている。

ただ、オミクロン株の拡大により、タイのこうした施策も40日間中断。2月1日に隔離免除の登録が改めて再開された。一時的な停止理由は「新たな感染者が急増する恐れがある」としたもので、昨年12月下旬に手続きが一旦閉められた。タイ政府は1月下旬になって「死亡率が低下し、感染傾向も制御できている」と判断。外国人の入国者増加を狙うことにした。なお、タイにおける直近の1日当たり新規感染者数は、引き続き7,000〜8,000人程度で推移している。

2月2日の現地報道によると、初日には2,500人がバンコク・スワンナプーム空港に到着。多くのマレーシア人も含まれていたという。

一方、インドネシアのリゾート地バリ島では、2月4日からすべての国からの旅行者を受け入れる。また、ワクチン接種者の検疫期間は、7日間から5日間に短縮される。

バリ島は昨年10月中旬に中国、ニュージーランド、日本などからの旅行者の受け入れを正式に開放したが、通年で外国人観光客の到着数は2けたにとどまった。

フィリピンも2月10日から、ワクチン接種済みの観光客に対し、隔離措置不要で国境を再開する。同国の国境はコロナ禍の規制で、2年近く閉鎖されていた。

関連ニュース

MRT、LRTの利用者「コロナ症状疑いあれば検査を奨励」-2021/0...

2021/05/30 首都圏の公共交通機関を運行するプラサラナ・マレーシアは、5月27日と28日の両日、朝のピーク時にLRTとMRTを利用した乗客のうち、新型コロナウイルスの感染を疑う症状がある場合、テストを行うように呼びかけている。 同社によると、両日の朝にLRTとMRTを利用しら乗客2人が「陽性となった」と申告したため。 うち1人は、ワンサ・マジュ駅からパサールセニ駅までLRTに乗車、その後MRTでスマンタン駅まで利用したという。乗車日時は28日の午前7時半から8時半までだったとしている。 もう1人は、タマンムラティ駅からKLCC駅まで27日の午前8時から9時まで利用したという。... ...続きを読む

「油断は禁物」と注意、保健相「エンデミック」への移行控え-...

2022/03/31 カイリー・ジャマルディン保健相は、4月1日に新型コロナウイルスの感染状況が「エンデミック」に移行するのを控え、国民に対し、「油断せず、自制心を持つように」と重ねての感染対策を促した。 同保健相によると、オミクロンの波動は抑制されており、マレーシア全体の実効再生産数(アールノート)は0.88まで下がった。しかし、エンデミックに移行しても、国民はマスクを着用し、TRIIS(Test, Report, Isolate, Inform, Seek)を実践し、コロナの蔓延を予防・制御する必要があると述べた。 また、国民に対し、ワクチン接種への推奨を改めて促している。... ...続きを読む

国内で「変異種」は未発見=保健相-2020/12/23

2020/12/23 アダム・ババ保健相は12月22日、英国で発見された新型コロナウイルスの「変異種」について「マレーシア国内では発見されていない」と述べた。 発見された場合は「ゲノム解読をして特定し、必要な措置を取る」とも述べた。 同相はまた、「ウイルスが海外から流入する可能性があるため、国境をまだ完全には開けない」とも指摘。先にインドから帰国者がクダ州でウイルスを拡散したケースを挙げ、「国境管理は非常に重要」との認識を示した。 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は21日、英国からの帰国者の入国を引き続き許可する旨を表明し、帰国者は通常通り、10日間の隔離が必要とも話した。ただ、英国での状況は今後も注視していくとも述べている。 現在、英国で見つかった変異種の拡散を防ぐため、欧州諸国をはじめ全部で40以上の国と地域が、英国からの航空便乗り入れ停止や入国禁止を打ち出している。... ...続きを読む

3月15日の新規感染者数、1,000人台で横ばいは10日目-2021/03/16

2021/03/16 保健省が3月15日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は1,208人となり、10日連続で1,000人台を維持している。輸入例は9人だった。 累計感染者数は324,971人となった。 実効再生産数(アールノート)は3月15日付のデータで0.87。現在、隔離・入院中の陽性者は15,511人まで減っている。 累計の治癒者は308,247人、この日の退院者は1,973人だった。3人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,213人となっている。 ICUの収容者は155人。呼吸器を70人が使っている。... ...続きを読む
airplane

マニラの空港で足止めのマレーシア人、無事にフィリピン入国-...

2022/02/15 フィリピンの入国管理局から「マレーシアでの新型コロナワクチンは無効」として、2月13日の午前からマニラ・ニノ・アキノ国際空港で足止めされていたマレーシア人について、現地マニラにあるマレーシア大使館員などによる調整の結果、14日には無事フィリピンに入国できた。 これまでの報道によると、フィリピン当局は、クアラルンプール国際空港(KLIA)から13日午前の便で到着した15人について「マレーシアで接種を受けた旅行者については入国を拒否」として、パスポートは没収され、15日に強制送還、国外追放になると告げられたという。 なお、実際に足止めにあっていた人数は、15人ではなく7人だったことが判明している。... ...続きを読む

ソンクラン祝った出稼ぎ者ら62人を逮捕

2020/04/13 タイやミャンマーの旧正月「ソンクラン(水かけ祭り)」元旦を迎えた4月13日、活動制限令(MCO)発令中にもかかわらず出稼ぎ労働者が集団で祝っている映像がフェイスブック上で拡散した。 セランゴール州警察によると、工場宿舎の中庭のような場所で大勢の人々が集まり、音楽を鳴らして踊るといった内容の34分間のビデオがアップロードされていたという。 捜査の結果、ミャンマー人出稼ぎ者と思われる関係者62人を活動制限令違反で逮捕したほか、当該ビデオを撮影したした疑いのある携帯電話2台を押収した。 このフェイスブックでのビデオ拡散と同時に、周辺の住民から取り締まりを求める要請が多数上がっていたという。... ...続きを読む

*週末の読み物*政府、ワクチン治験ボランティアを募集=中...

2021/01/17 保健省は国内で初となる新型コロナウイルスワクチンの治験実施のため、3000人のボランティアを募集している。 現在の予定では、1月21日より国内9カ所の公営病院で中国医学科学院医学生物学研究所(IMBCAMS)が開発したワクチンの第三相試験(Phase Ⅲ)の治験を実施することになっている。なお、IMBCAMSのワクチンが中国国外で治験を行うのはこれが初めてとなる。ムヒディン首相によると、同ワクチンのマレーシア国内における治験に必要とされる手続きは全て承認されているという。 保健当局筋によると、今回の治験実施に当たってはプラセボ(偽薬)とワクチン実物とが半分ずつ用意されている。 ボランティアになりたい国民は18歳以上で、実際に治験を行う公立病院9カ所に置かれた受け電話に連絡する。なお、外国人のボランティア参加可否についてはどこにも述べられていない。 マレーシアにおけるワクチン接種は、米製薬大手ファイザー製を使って2月末から接種を開始される見込み。 ワクチンは、集団免疫を確保するため国民の60~70%に接種が必要としている。ただ、交渉済みのワクチン確保数は現在、人口の40%までカバーできているが、最終的には2650万人(80%以上)分のワクチンを確保したいと考えている。 一方、中国製のワクチンをめぐっては、隣国インドネシアでの接種が開始されている。こちらは科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンを使って、1月13日、同国のジョコ・ウィドド大統領自ら接種を受けている。一時はワクチンの評価期間を延長する方針も立てていたが、中国の王毅外相のインドネシア訪問と前後して、シノバック製ワクチン1500万回分が到着。こうした状況に押し出される格好で、インドネシア当局はシノバック製ワクチンに緊急使用許可を出している。 ワクチンが世界各国との間で「取り合い」となる中、中国は資金力が乏しい国を狙ってワクチンを輸出する「ワクチン外交」を展開。マレーシアはすでにファイザー製をはじめとする欧米各国のワクチンの確保も進めているというが、果たして最終的にどういった格好落ち着くことになるのだろうか。... ...続きを読む
逮捕

陸路国境越え、外国人1400人超が不法入国-2020/05/20

2020/05/20 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は5月16日、月初からの2週間に陸路国境を通じて不法入国した外国人計1408人を逮捕したと明らかにした。 政府は現在、海外から新たに新型コロナウイルスの感染者が入ってくるのを阻止するため、外交官など一部を除き外国人の入国を禁止している。 タイと国境を接しているマレー半島での不法入国者が大半を占めている模様。 同相は、不法入国を手助けしていたボートの船長14人も逮捕したと述べた。 不法入国者は見つかりにくいルートを通って入ってくることから政府は「ネズミの道」と呼んでいる。今月11日には警察や軍隊など関係省庁が国境専門の特別タスクフォースを政府として初めて設置した。... ...続きを読む

8月22日の感染者動向、新規感染者数が19,807人に-2021/08/23

2021/08/23 保健省が8月22日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は19,807人となった。輸入例は5人。 累計感染者数は1,555,093人。 実効再生産数(アールノート)は1.03(-0.01)。現在、隔離・入院中の陽性者は262,255人。 累計の治癒者は1,278,670人、この日の退院者は18,200人だった。232人が新たに亡くなり、累計死亡者は14,168人となっている。 ICUの収容者は1,026人。うち496人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む

国王夫妻、新型コロナ陰性確認も14日間の自己隔離 

2020/03/26  王宮事務局は3月26日、マレーシア国王夫妻も感染した疑いがあるとして王宮内で25日から14日間の隔離に入ったと発表した。検査の結果、陰性であったものの、感染拡大を抑えるためだ。  疑いがもちあがったのは25日までに王宮職員7人が陽性反応となったため。7人がどこから感染したかについては調査中。ただ、濃厚接触者は追跡したため、検査を受けるよう指示したという。王宮内では消毒活動が行われた。  国王は25日にはムヒディン首相と会談する予定であったがキャンセル。今後、国王夫妻の王宮内での隔離が終了するまで首相らとの会談は行わない。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP