covid

感染者数のピーク 3月末の見通し-2022/02/08

カイリ・ジャマルディン保健相は2月7日、今後の感染者数のピークが3月末になるとの見通しを示した。それまでは増加の一途をたどる見込み。

現在の感染者数の増加はオミクロン株によるもの。「他国のデータを考慮すると増加から2カ月後がピークになっているため」と同相は説明した。

一方、同省のノール・ヒシャム衛生総監は2月6日、新型コロナウイルスの感染者数が3月末まで2万2000人に達するとの見通しを示した。

同日現在の感染率を示す全国の実効再生産数(アールノート)は1.20に到達。この数字が維持された場合、3月末には2万2000人となるとしている。アールノートがさらに上昇した場合はさらに増える見通しだ。

同衛生総監は「1.0を下回るためにはワクチン接種やブースター接種が必要」として未接種者に対して接種を受けるよう求めた。

関連ニュース

pool

政府 7月1日からプールの再開を許可-2020/06/26

2020/06/26 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は、7月1日からプールなどでの遊泳活動を解禁すると発表した。遊泳は公営やホテル、コンドミニアムのプールのほか、川や湖、海でも可能となる。ただし。ウォーターテーマパークについては引き続き閉鎖となる。 ただ、プールでは人数制限を設け、監視員も配置し、常時「ソーシャル・ディスタンシング」の順守を見張るほか、遊泳時間も限定する。同相は「プールで人混みを作ってはいけない」として標準運用手順(SOP)に従うよう述べている。 また、プールの水の塩素レベルを常にチェックし、利用者はプールの使用前後でシャワーを浴びることも必須となる。遊泳が終わった後は速やかにプールから離れることも求められている。... ...続きを読む
covid

MCO地域でのスポーツ活動条件が緩和に-2021/05/08

2021/05/08 青年・スポーツ省は5月6日、「活動制限令(MCO)」対象地域でのスポーツ及びレクリエーションに関わる活動を禁止するという決定を告知した。 ところが、これが厳しすぎるとの声もあり、7日に実施された国家安全保障会議(NSC)と青年・スポーツ省との会合を受け、スポーツ及びレクリエーション関連の標準運用手順(SOP)がやや緩和されることとなった。 具体的には、MCO地域でのジョギング、サイクリング、運動などのスポーツやレクリエーション活動が許可されるようになる。ただし、オープンエリアでの運動に限られる。 運動等を行う場合は、少なくとも1.5mのフィジカルディスタンスを取ることが求められる。... ...続きを読む

政府 すべてのイベント開催を4月30日まで中止

2020/03/15 ムヒディン首相は3月14日、国内で開かれるすべてのイベントを4月30日まで中止すると発表した。新型コロナウィルスの感染拡大が深刻化し、先に1万人以上参加した宗教イベントで感染者が多数出たことで事態を重く見た。 イベントにはスポーツ大会やセミナー、国際会議、展示会、宗教イベントなどすべてが含まれる。 首相は状況に応じて、措置の解除を検討するとしている。 イスラム教徒の金曜集団礼拝については実施することは可能としているが、連邦政府が発する衛生に関するガイドラインを各州が順守するよう求めた。 マレーシア国内ではこれまで自主的にイベント主催者が開催中止を決めていた。例年行われている世界ハラル会議や旅行博(MATTA)フェアなどが中止となったほか、バドミントンのトーナメント・マレーシアオープンも先に開催を中止すると発表していた。 スポーツの国際大会や展示会など大型イベント開催がよく行われるマレーシアにとって全イベントの中止は経済的にも大きな打撃になる。また、4月下旬から断食が始まり、感染がさらに拡大すれば、大型連休となる5月下旬の断食明け大祭(ハリラヤ)にも影響する可能性がある。... ...続きを読む

国内最大のワクチン接種拠点、1日8,100回分可能に-2021/05/15

2021/05/15 クアラルンプール世界貿易センター(WTCKL)ワクチン接種センター(PPV)で行われる英製薬大手アストラゼネカ(AZ)製ワクチンの接種可能回数が5月15日から1日当たり8,100回に増える。これにより、同センターは国内にある最大規模のワクチン接種拠点となる。 接種作業を実施知るプロテクトヘルスによると、これまでのWTCKL接種会場での投与回数は1日当たり約2,400回にとどまっていた。 AZワクチン接種会場であるマラヤ大学(UM)とマレーシア国民大学(UKM)に設けられた拠点での接種回数も同時に増加。1日当たり900回から1,300回に増える。... ...続きを読む

【速報】100万人当たりの感染者数、マレーシアがインドを上回...

2021/05/25 米国のジョンス・ホプキンス大学が集計している世界各国の新型コロナウイルス感染者数統計によると、100万人当たりの感染者数が5月24日付でマレーシアがインドを上回った。 同大学のデータによると、インドが178.04人、欧州で感染が広がっていたフランスが188.27人となっているが、マレーシアは194.40人に達している。なお、日本は40人前後で横ばいを示しており、同日付データで38.17人だった。 インドは全国的に感染が広がり、大都市を中心に各地で医療危機が起きていると伝えられているが、すでに感染者数は減少の方向にある。一方のマレーシアの感染状況は数的にインドよりも悪いだけでなく、引き続き増加の傾向にある。25日の保健省発表によるコロナ感染者数は、昨年のコロナ禍の端緒以来最多となる7,289人となり、ついに7,000人の大台を超えた。... ...続きを読む

4月1日の新規感染者数、1,000人台のまま-2021/04/02

2021/04/02 保健省が4月1日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は1,178人となった。輸入例は20人だった。 累計感染者数は346,678人。 実効再生産数(アールノート)は3月31日付のデータで0.97のまま。現在、隔離・入院中の陽性者は14,604人。 累計の治癒者は329,624人、この日の退院者は1,377人だった。6人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,278人となっている。 ICUの収容者は163人。呼吸器を81人が使っている。... ...続きを読む
malaysia

政府 8日から渡航者の新たな防疫措置 毎日の検査も-2021/12/08

2021/12/08 カイリ・ジャマルディン保健相は12月7日、新変異種オミクロン株に対する新たな防疫措置を発表した。8日から適用される。 短期出張者は6日目までは毎日検査を受ける必要があることや感染が報告されているなども指定国(13カ国)の渡航者はデジタル追跡装置の着用が求められている点が新たに設けられた。 まず、8日から適用される措置には、6つのカテゴリーに分けた。  カテゴリー1:ワクチン・トラベル・レーン(空路)  カテゴリー2:ワクチン・トラベル・レーン(陸路)  カテゴリー3:ランカウイ島への海外観光客(入国制限のあるアフリカ南部8カ国からは禁止)  カテゴリー4:ワン・ストップセンター(OSC)を利用する短期出張者  カテゴリー5:暫定的な入国制限が取られている国からの渡航者  カテゴリー6:オミクロン株の感染が報告されている国 ○カテゴリー1から4までに該当する渡航者は下記が適用される。  -ワクチン接種を完了していること  -入国48時間前にPCR検査を行うこと。従来の72時間前から短縮される。  -入国時にも検査を行うこと  -入国後2日目、4日目、6日目に自己検査キットで検査し報告すること  -入国後3日目と5日前にRTK抗原検査を実施すること  -検査結果は新型コロナ関連アプリ「MySejahtera」に更新すること。 カテゴリー4のOSCを通しての短期出張の渡航者は隔離は必要はない。ただ、滞在は14日を超えてはならず、先に政府が承認した日程通りに動くことが求められている。 ○カテゴリー5と6に該当する渡航者は下記が求められる。  A)入国制限措置が取られている国(南アフリカなど8カ国)からの渡航者(マレーシア人も含む)  -入国48時間前にPCR検査を実施する  -隔離期間中にデジタル追跡装置を着用すること  -ワクチン接種の有無に関わらず14日間の指定隔離施設に滞在すること    B)オミクロン株の感染が報告されている国(英国、米国、豪州、フランス、ノルウェー)からの渡航者(マレーシア人も含む)  -入国48時間前にPCR検査を実施する  -隔離期間中にデジタル追跡装置を着用すること  -隔離期間についてはワクチン接種の状況による(7~10日)... ...続きを読む

「活動制限令」第19日(4月5日)まとめ

2020/04/06 4月5日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。 [累計感染者は3662人=4人が死亡] 保健省によると、5日正午までの24時間で新型コロナウイルスが原因で4人が亡くなり、国内の累計死亡者はこれで計61人に。 感染者数は5日正午までに179人増え、累計で3662人。うち、スリ・ペタリン・モスクのイベント参加者は46人だった。 増加数が100人超えはこれで22日目となる。 退院者数は90人で、累計1002人となり、罹患者数における退院者の割合は27%強に。 [5つ星ホテルなどを63カ所を隔離施設に追加] イスマイル・サブリ国防相は5日、全国のホテル63軒を新型コロナウイルスの感染者向け隔離施設として新たに指定したことを発表した。 このなかには5つ星クラスの施設も多く含まれている。 https://mtown.my/covid-19/0405-102/ [制限令違反者は減少傾向に] イスマイル・サブリ国防相は4日に368人が活動制限令に違反して逮捕されたと発表。前日は413人だった。同相は「制限令遵守の人々が増えており、逮捕者の数は減っている」と指摘。 https://mtown.my/covid-19/0405-103/ [シンガポール就労のマレーシア人に帰国を許可] シンガポール政府が7日から1カ月間にわたり企業閉鎖と学校休校措置を講じたことで、マレーシア政府は4月4日に同国での就労ビザを持つマレーシア人に対して帰国を許可した。ただ、病院での検査が義務付けられる。 https://mtown.my/covid-19/0405-104/ [サラワク州、クチン一部地域の封鎖を検討か] サラワク州政府はクチンの一部地区の封鎖の検討を始めているもようだ。 クチンは保健省から感染地区である「レッド・ゾーン」に指定されている。4日現在でクチンのみで155人が感染し、隣接するサマラハン郡でも30人に達している。 https://mtown.my/covid-19/0405-105/... ...続きを読む

保健副大臣らに罰金1000リンギ=制限令違反で

2020/04/28  ペラ州グリック下級裁判所は4月28日、ノール・アズミ保健副大臣らに罰金1000リンギの判決を下した。4月17日に感染防止管理法に違反したとして同日午前に起訴されていた。  同州のラズマン・ザカリア州執行理事会委員も同じ判決を受けた。  起訴状によると、2人は17日、同州レンゴン郡の宗教学校で午後6時から7時にかけて集団で食事をしていた。副大臣は同郡の政府系クリニックを視察した後、宗教学校で夕方の祈りをした後、学校のホールで食事を提供されたという。  判決後の副大臣は謝罪し、「以後は気をつける」と語って裁判所を後にしたが、辞任の意思はないようだ。... ...続きを読む

活動制限令の「第二段階の措置」のポイントについて=日本大...

2020/04/01 【活動制限令の「第二段階の措置」のポイントについて(4月1日以降)】 ※ 在マレーシア日本大使館より。3/31、21:25MYT送信 ・4月14日(火)まで延長された「活動制限令(MCO)」の4月1日以降に規制が強化される部分について,イスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣の記者会見や各省庁等の情報のうち,特に在留邦人の皆様が必要とされると思われる情報を中心に簡単にまとめましたので,お知らせします。 ・なお,新型コロナウイルスに関する状況は刻一刻と変化しています。在留邦人,渡航者の皆様におかれては,マレーシア関係当局及び各種メディアから,最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府がより厳しい規制を行っている場合もありますので,お住まいの地域の状況について,報道や各州政府ウェブサイト・SNSを通じて御自身での情報収集に努めてください。 ・マレーシアにおける活動制限令は,あくまでも,未だ流行が収まらない新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として行われている施策です。皆さんご自身,そして周囲の方々に感染が及ぶことのないよう,外出の抑制に限らず,お一人お一人がより一層の衛生管理に留意いただきますよう,重ねてお願いいたします。 1 活動制限令(MCO,マレー語略語:PKP)に基づき,正当な理由のない外出を引き続き控えてください。活動制限令においては,特別な場合(具体的には,公務,必要不可欠なサービス(※官報内で列挙された22サービス)の営業,ドライブスルーや持ち帰り及びデリバリーによる食料の供給,食料や日用品の購入,医療を受ける又は保健省医務技監により許可された特別な場合)を除き,州内での移動(外出)が禁止されています。なお,直近では,3月29日に828名が,翌30日には742名が感染症予防管理法等に違反したとして逮捕され,同30日に165名が起訴されています。 2 活動制限令の第二段階(4月1日~)の措置は,「強化された活動制限令(EMCO,マレー語略語:PKPD)とは異なります。なお,特にEMCOが適用される地域又は建物には,一切出入りできません。 3 レストラン等からの持ち帰りサービス(配達時間も含む),スーパーマーケット・小店舗,ガソリンスタンドなどの営業時間が午前8時から午後8時までに規制されます。 4 公共交通機関の運行時間は,午前6時から午前10時,午後5時から午後10時までです。3月25日に導入された規制が維持されます。 5 自家用車,タクシー及びe-hailingサービスは,午前6時から午後10時まで運行が認められています。なお,右運行可能時間については大まかな措置内容とのことで,具体的な適用については,追って発表されるとのことです。e-hailingサービス事業者の中には,既に営業時間を右時間として発表しているところもあります。 6 自家用車の運転については,緊急時を除いて,1車両1名(運転手)のみ乗車が認められています。 7 行われる場所が公共の場か私有地であるかにかかわらず,外出を伴う社会活動(接触を伴う人との交流)及びレクリエーション活動(体操や運動等)は,禁止されています。門と塀で囲まれた敷地内も,右規制が同様に適用されます。 8 国外からマレーシアに帰国・入国した者は,保健省により健康検査が実施され,14日間の隔離が確実に行われます。対象者は,空港からマレーシア政府が用意したバスで直接,検査センターへ送られます。4月3日から適用とのことです。 9 奨励事項 (1)オンラインショッピング (2)配達の際は,玄関に置いてもらうなど直接の接触をできるだけ避けること 【参考1】活動制限令下の主な規制事項(基本事項。(1)~(5)は3月18日から,(6)は3月25日から有効) (1) 外国人渡航者の入国禁止。 (2)マレーシア人の出国を禁止(但し,外国人の出国は可能)。海外から帰国後,健康検査及び14日間の隔離が必要。 (3)公立及び私立学校を閉鎖。大規模集会は禁止。礼拝施設及び商業施設は,原則閉鎖(日常必需品を販売する店舗は除く)。 (4)民間企業は,水,電気,エネルギー,通信,郵便,輸送,灌漑,放送,金融,保健,薬局,清掃,物販,食料供給を除き閉鎖。 (5)特別な場合(具体的には,公務,必要不可欠なサービスの営業,ドライブスルーや持ち帰り及びデリバリーによる食料の供給,食料や日用品の購入,医療を受ける又は保健省医務技監により許可された特別な場合)を除き,移動(外出)を禁止。 (6)3月25日から全ての公共交通機関の運行時間は午前6時から午前10時,午後5時から午後10時に限定。 【参考2】感染症予防管理法に違反すると認められた場合の罰則 (1)正当な理由のない外出等により,感染症予防管理法に違反すると認められた場合,その罰則は,1,000リンギット以内の罰金又は6か月以内の禁固又はその両方が科されることとなっています。 (2)ただし,態様によっては,公務執行妨害罪(10,000リンギット以下の罰金又は2年以下の収監又はその両方)等,他の法令違反を併せて問疑される可能性もあります。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP