タイ政府、3月中にもマレーシアとの陸路国境再開へ-2022/02/15

タイ政府は、3月中にもマレーシアとの国境を再開し、観光客の訪問を認める方針を明らかにした。

コロナ禍以前には、タイへの観光客でマレーシア人が最多だったことから、国境を開くために緩和手段のスキームについて検討が続けられている。マレーシアからの観光客は、隔離措置のない「テスト&ゴー」プログラムを通じてタイに入国することになりそうだ。

ただ、タイ外務省によると、「旅行客は到着後1日目と5日目に行われるPCRテストで陰性である必要がある」としている。

現在、タイで他の国籍者を対象に行っている「テスト&ゴー」プログラムでは、旅行者は入国前にタイランド・パスを申請し、最低保障額5万米ドルの医療保険に加入し、出発前にPCRテストの検査結果を提出しなければならない。

タイは2021年11月より、63の国と地域からのワクチン接種済み者を対象に「テスト&ゴー」プログラムを使った入国を認めている。

関連ニュース

ワクチン接種者数、8日までに17万人弱-2021/03/10

2021/03/10 COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)が発表した3月8日のマレーシア国内におけるワクチン接種数(1度目の接種)は累計166,363回となり、前日(139,720回)より26,643回増えた。 なお、新型コロナの登録アプリ「My Sejahtera」経由でのワクチン接種希望者の累計は9日までに4,424,936人となっている。 3月9日までに、マハティール前首相夫妻が接種を受けている。一部のマスコミでは、「フロントランナーではない夫人が接種を受けるのは由々しき事態」とする論調もあったが、本人は「世間への影響力が強い高齢者がワクチンの普及PRの一環として接種したもの」と述べ、批判を一蹴した。 (写真:JKJAVツイッターより)... ...続きを読む

経済活動の全面停止はしない=上級相-2021/02/02

2021/02/02 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は2月1日、昨年3月に講じた活動制限令(MCO)のような経済活動の全面停止はしないと述べた。 同相はさまざまな方面から全面停止措置を取るよう求められたことを明らかにした。しかし、「経済保護の利益と国民の健康のバランスを取る必要がある」と説明し、屋台などの自営業者に大きな影響を与えるため全面停止はしないと明確に述べた。 現在発令されているMCOは4日に期限が切れる。感染者が激増していることから、経済活動の全面停止措置が出るとの報道が出た直後にアズミン・アリ通産相もこれを否定していなかった。... ...続きを読む

隔離センターのMAEPS ベッドを増床へ-2021/04/27

2021/04/27 スランゴール州スルダン地区にあり、新型コロナの感染者向け隔離センターとなっているマレーシア農業博覧会パーク(MAEPS)で近くベッドを増床する計画だ。シャハブディン・イブラヒム・センター長が4月26日に明らかにした。 これまで重症患者も一部受け入れていたが、今後、MAEPSのホールAに中重症者向けのベッド800床以上を設置する。スンガイ・ブロー病院やクアラルンプール病院での患者数を分散させるためとセンター長は語った。 ホールAでは二段ベッドを入れた場合は2960床を設置ができるが、中重症患者が増えてきていることからシングル・ベッドを入れて対応する。中重症患者は肺炎を起こしているカテゴリー3と酸素マスクが必要なカテゴリー4と分類されるが、いずれの患者も受け入れる態勢を整える。 同センターではこれまでに7万8000人を治療。現在は患者2400人が滞在している。医療関係者1200人が治療を施すが、同センター長は「全員がワクチン接種を完了した」とも述べた。 同センターは昨年3月に開設されたが、それ以後は一旦閉鎖。再び感染者数が増加した12月初旬に再び開設し、無症状及び軽症の患者を対象としていた。... ...続きを読む

ブースター接種 サラワク州で10月に開始-2021/09/27

2021/09/27 カイリ・ジャマルディン保健相は9月26日、サラワク州でブースター接種を10月から開始すると発表した。新型コロナウイルスの感染リスクが高い高齢者と合併症をもつ人を対象に行う。 ブースター接種が行われるとサラワク州が全国で初めての州となる。 保健省ではこの接種に関するガイドラインを現在作成している。同省ではまた、ブースター接種では2回目までの接種と同じ種類のワクチンを使うかどうかを検討しているという。 カイリ大臣はまた、同州政府が求めているシブでの野戦病院の設置を認めたことも明らかにした。シブでは感染者が増えており、現在の病院のみでは対応が難しくなっている。今週にも国軍と協議するとしている。また、同州には近く医務官64人も派遣する。... ...続きを読む

7月1日の感染者動向、約7000人にまで増加-2021/07/02

2021/07/02 保健省が7月1日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は6,988人となった。輸入例は5人。 累計感染者数は758,967人。 7月2日9:30現在、発表されている最新の実効再生産数(アールノート)は1.06(7月1日までのデータ)。現在、隔離・入院中の陽性者は65,453人。 累計の治癒者は688,260人、この日の退院者は5,580人だった。84人が新たに亡くなり、累計死亡者は5,254人となっている。 ICUの収容者は917人。うち445人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む
covid

保健省、新型コロナの第3波の到来の見方示す-2020/10/10

2020/10/10 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は10月8日、国内で新型コロナウィルス感染者数が増加している状況から「第3波に入っている」とし、今後も増えるとの見方を示した。 同事務次官は「私たちは感染の鎖を断ち切るよう取り組んでいかなければならない」と述べた。 保健省はマスクの着用や「フィジカル・ディスタンシング」の確保、手の消毒といった標準運用手順(SOP)の徹底順守を強く呼びかけている。... ...続きを読む

政府、航空会社への支援を示唆

2020/03/30  ムスタパ・モハメド首相府相(経済担当)は、国内の各航空会社に対して何らかの支援が必要との認識を示している。  同相は新型コロナウイルスが世界各地でまん延している状況のなかで「航空会社にとって、深刻な試練となっている」と述べた。一方、ムヒディン首相は先に緊急経済対策を発表したが、そこでは航空会社の支援策には触れられなかった。ムスタパ首相府相は「航空会社はいずれも多くの従業員を抱えている。然るべき措置を取る必要がある」として航空業界への支援策を打ち出したい考えを示唆した。  マレーシア航空はフライトを大幅に減らしている、エアアジアも当分の間、国内便の運航を停止し、ほとんどの国際線も運休にしている。マリンドエアも減便で対応している。... ...続きを読む
covid

新型コロナ マレーシア初の感染から25日で1年-2021/01/25

2021/01/25 新型コロナウィルスの感染者がマレーシア国内で発見されてから1月25日で1年が経った。1年経っても感染者数は増える一方で、終息が見通せない。 最初の感染者となったのは中国・武漢からシンガポール経由で入国した中国人観光客3人。この3人はシンガポールで初めての感染者となった中国人男性の家族だった。 その後に次々と感染者が見つかり、昨年の1月29日までに7人が感染。いずれも中国観光客で、同日までにエアアジアなどは武漢便を運休する措置を取った。 2月末にはクアラルンプール郊外のモスクでイスラム教の宗教行事で3000人以上(最終人数)のクラスター感染が発生。これ以降、感染者は増え続け、政府は3月18日には全国に活動制限令(MCO)を発令して経済活動が止まったことは記憶に新しい。 昨年9月22日までは感染者数は1日あたり100人を切っていたもの、それ以降は100人を超えた。サバ州議会選挙で全国から応援に入ったため、ウィルスが拡散した。 今年1月22日は1日あたりの死亡者数が18人となり、過去最高を記録。感染者数は1日あたり3000人を超え、保健省の予測ではこの状態が続けば、3月には1日あたり8000人にまで達するとしている。医療崩壊の危機もすでに迫っている。 感染者数が顕著に減らない限り、政府は再導入された2月4日までのMCOをそれ以後にさらに強化することも検討しているとされる。世界中のパンデミックも収まらない中、マレーシアでも先が見通せない状況はまだまだ続きそうだ。... ...続きを読む

JPモルガン「国内の感染ピークは4月中旬、総計は6300人」

2020/03/25  米投資銀行のJPモルガンは3月25日、マレーシアにおける新型コロナウイルス感染者数のピークは4月中旬になるとの見通しを示した。「向こう2週間はまだ感染者が増加する」と予測、感染者数は6300人に達する可能性があるとしている。  予測の根拠は、「サンプル集団や二次感染率、死亡率の想定数」から算出したという。  同社はマレーシアの検査数は100万件あたり482件で、他のアジア諸国や欧州諸国よりも高いと評価。マレーシアの国の面積を考慮すると、欧州よりも人の動きが小さく、感染者と接触したグループは総人口の0.2%と予測した。また二次感染率も1.7%で中国や韓国よりも低く、さらに死亡率も0.77%と世界平均の4.4%よりもかなり低いと説明した。同社は当初、マレーシアの死亡率を約2%と見込んでいた。  現在の「活動制限令」は今後、感染者数の増加を抑えていくことにつながるだろうとして、効果が上がっていくとも述べた。... ...続きを読む

外国人労働者32人が解雇=労組会議が公表

2020/04/08  マレーシア労働組合会議(MTUC)は4月8日、中小企業で働いていたバングラデシュ人やネパール人、ミャンマー人などの外国出身出稼ぎ労働者32人が突如解雇されていたことを明らかにした。  MTUCのソロモン事務局長は、出稼ぎ外国人らから陳情書を受け取ったという、それによると「活動制限令の発令降、給与がカットされた上、突如解雇された」と記されており、雇用主側からは何の説明もないという。  32人は現在セランゴール州スバンジャヤにあるショップロットの2階に集団生活している。彼らは行くところがなく、フライトが制限されている状況にあり、帰国もままならない状態で途方に暮れている。  MTUCはこの件についてすでに労働局に通告。同事務局長は「これは深刻な問題」として怒りをあらわにした。「収入がなく帰国させてしまった場合、マレーシアのイメージを損ない、より大きな問題を引き起こすことにもなる」として政府に対応を求めている。  また事務局長は、活動制限令の発出以降、解雇や未払いに関するMTUCへの苦情件数が約300件に上っていることを明らかにした。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP