ブースター接種済の濃厚接触者 隔離なしに-2022/02/25

カイリ・ジャマルディン保健相は2月24日、ブースター接種を完了した無症状の濃厚接触者の自宅隔離をなくすと発表した。18歳以上が対象。ただ、1日目と3日目にRTK-Ag自己検査で陰性になることが条件。3月1日から適用される。

また、ブースター接種を受けて症状のある濃厚接触者は5日間の自宅隔離となる。

ブースター接種を受けていない濃厚接触者やブースター接種を受けて感染した場合はこれまで通り自宅での隔離が求められる。

関連ニュース

「活動制限令」第八日(3月25日)まとめ

2020/03/26 3月25日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。 [5人が死亡=感染者100人超は11日目] 25日は新型コロナウイルスが原因で5人が亡くなった。国内の累計死亡者はこれで計20人に。 感染者数は25日正午までの24時間で172人増え、累計で1796人に。 1日の増加数100人超えはこれで11日目となる。なお、増加分のうち、71例がスリ・プタリン・モスクの集会参加者。 [活動制限令を4月14日まで延長=首相] 3月18日から31日までの予定で発令されていた、「活動制限令」が4月14日まで延長された。 25日午後1時から行われたムヒディン首相のテレビ演説で発表された。 首相は、「14日以降も続行する可能性があるため、心理的な準備を」と述べている。 [コロナによる経済への影響] 3月30日発表予定の追加緊急経済対策は、前倒しで27日に発表されることに。 マレーシア経済研究所(MIER)によると、新型コロナによる影響で、非熟練労働者を中心に240万人が失業するとみられている。また、今年のGDP成長率は前年比2.9%のマイナス成長に陥ると予想している。 [JPモルガン「国内の感染ピークは4月中旬、総計は6300人」] JPモルガンはマレーシアにおける新型コロナウイルス感染者数のピークは4月中旬になると見通し示す。累計感染者数は6300人に達する可能性があるとしている。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0325-106/ で。 [政府、国内航空2社救済も] 新型コロナの影響による急激な需要減少が見られる航空業界だが、政府がマレーシア航空とエアアジアの救済のため、特別目的会社を作り、一時的に負債を引き受けるとのプランが浮上。状況によっては2社の併合も辞さない、との声も。ただし、検討は初歩的段階にとどまるという。 [制限令中の犯罪件数が減少] アブドゥル・ハマド警視総監は「活動制限令」発布から7日間の犯罪件数が直前時期と比べ70%減ったと発表。残り30%に当たる犯罪は、空き巣やバイクの持ち逃げなど。この期間の総逮捕者数は110人。また、「マスクの通販」に関わる詐欺が急増、被害額は300万リンギに達し、25人を逮捕、11人を送検した。 [感染死亡者乗車のペナン発KL行き列車乗客に検査要請=KTM] 3月24日のペナン州バターワース駅午後1時10分発、KLセントラル駅行きのETS9173列車に感染での死亡者が乗っていたことから、マレーシア国鉄(KTM)は当該列車の乗客に新型コロナウイルス検査を至急受けるよう強く要請。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0325-105/ で。 [保健省職員、73人が感染=47人は宗教イベント参加者由来] 保健省は同省職員73人が新型コロナウイルスに感染したと明らかに。うち47人はクアラルンプール郊外のモスクでの宗教イベントの参加者の結婚式に出席したため。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0325-107/ で。 [7月のペナンの盆踊り祭りは中止] 毎年恒例の「7月盆踊り祭り」中止が決定。新型コロナウイルスの感染拡大のため。今年の盆踊り祭りは7月25日に行われる予定だった。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0325-108/ で。... ...続きを読む
facemask

マスク着用の義務化、8月1日から=罰金も導入-2020/07/23

2020/07/23 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は7月23日、人混みの多い場所や公共交通機関でのマスクの着用を8月1日から義務付けると発表した。なお、マスクを着用していない場合は最大で1000リンギの罰金となる。   同相は義務化の決定について、「新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあり、また標準運用手順(SOP)を守らない人が多いため」と説明した。特に公共交通機関内で「ソーシャル・ディスタンシング」を確保していないことを憂慮したためとしている。 同相は「手作りのマスクの着用も認めるが、世界保健機構(WHO)の仕様に沿ったものでなければならない」とも述べている。 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は21日、罰金の適用について、「1988年感染症防止管理法に、マスクの着用義務を含めるのであれば、罰金1000リンギまたは禁固刑となる」との見方を示していた。 一方、国内取引・消費者省は、国内でのマスクの販売上限価格を現在の1枚あたり1・50リンギから、8月15日から1・20リンギに引き下げると発表した。 世界各地では新型コロナ感染の第2波が到来し、マレーシア国内でも到来が憂慮されていることから、 マスクの価格を下げ、より広く使わせるようにする。... ...続きを読む

★コロナ関連★サバ州4地域、TEMCOの封鎖措置を導入

2020/09/28 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は9月28日、サバ州の4地域に「厳重に強化された活動制限令(TEMCO)」に基づく封鎖措置を取ったと発表した。期間は10月12日までの2週間で、対象地区はラハ・バトゥ、タワウ、クナ、スンプルナの4地域。封鎖措置が取られる対象住民数は96万人超となる。 同相によると、この4地域での感染者数は9月1日から27日までに1195人。地区別でみると、タワウが最も多く634人、次にスンプルナの255人、ラハ・バトゥの241人、クナの65人となっている。 対象地域の出入り口は郡や警察により封鎖され、住民の地域外への外出は禁じられる。また、外部からの訪問も認められない。封鎖地域内での経済活動も医療機関などを除き停止させられる。... ...続きを読む

インフィニオン、マラッカ工場でクラスター感染-2020/11/16

2020/11/16 ドイツの半導体製造大手インフィニオンのマレーシア法人が運営するマラッカ工場でクラスター感染が発生した。11月11日現在で19人が感染し、工場は操業を停止して従業員8000人とその家族らのPCR検査を順次行っている。   このクラスターは8日に保健省が認定した。最初の感染者はレッドゾーンから帰って来た従業員で、会社の規定で検査を受けたところ陽性と判明した。また、別の従業員はリゾート地で誕生日会を開き、ここで次々と感染したと見られる。この誕生日会に最初の感染者が参加したかどうかは不明。   今後の検査次第では感染者がさらに増える可能性がある。検査費用全額は会社が負担する。... ...続きを読む

卸売・小売の売上高、大幅悪化=コロナのあおりで

2020/05/08 マレーシア統計局が5月8日発表した3月の卸売・小売売上高は、売上金額ベースで前年同期比5.7%減の1032億リンギだった。新型コロナウイルス感染拡大による活動制限令(MCO)の影響を受け、大きく落ち込む結果となった。 サブ指数を見ると、小売業は6.6%減の29億リンギ、卸売業は14億リンギと2.7%減っている。また、自動車が15.3%減の19億リンギと大きく落ち込んだ。 一方、卸売・小売売上高を数量ベースで見ると全体で6.1%減少。うち、小売業は7.5%、卸売業は2.5%それぞれ減ったほか、自動車も14.4%と大きく悪化した。... ...続きを読む

ラブアン島のCMCO、12月6日まで再延長-2020/11/14

2020/11/14 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は11月13日、ラブアン島に発令されている「条件付き活動制限令(CMCO)」を12月6日まで再延長すると発表した。ラブアンでのCMCOは、10月16日に同月30日までの期間で導入されたが、その後に11月13日まで延長されていた。   同島では12日も35人の新型コロナウイルスの新規感染者が出ており、感染者総数は1135人に達している。今後も感染が拡大する可能性があり、保健省の助言で再延長することを決めた。... ...続きを読む

高齢者はできるだけ自宅に滞在を=保健省

2020/05/04 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は5月3日、「条件付き活動制限令(CMCO)」が4日から発令されることを受けて、高齢者や非伝染性の疾病を患っている人はできるだけ自宅にとどまるよう呼びかけた。  新型コロナウイルスで死亡した105人のうち99人をみると、死亡者の年齢層で最多は61歳から70歳の32人。次が71歳から80歳の19人に達した。高齢者が亡くなるケースが多く、さらに死亡者の中に心臓病や糖尿病、がんなどの既往症を患っていた人が多かった。これを受け、同次官は「高齢者は自宅にとどまり、家族が注意深く感染予防をすべき」と語った。  また、60歳以上の人が外出したとしても「3密(英語では3C)」である、換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近での会話である密接場面を避けるよう強く求めた。... ...続きを読む

登録前倒し アプリでのワクチン接種申込に1日で63万人超-20...

2021/02/26 保健省は2月25日、新型コロナウィルスのワクチン接種の申し込み登録が1日で63万7000人が登録したことを明らかにした。当初、3月1日からの登録としていたが、前倒して24日に開始した。 この登録数は濃厚接触者追跡アプリ「MySejahtera」を通じての人数。同省によると、アプリの登録者数は2100万人に達しており、うち1800万~2000万人は毎日の利用者数だという。 登録はこのほかワクチン接種専用サイト(www.vaksincovid.gov.my)でもできるほか、近く登録専用ホットラインも設置するとしている。こちらは3月5日以降からという。 申し込みは24日にムヒディン首相がワクチン接種の第1号となったことを受けて開始された。ただ、外国人を含める一般人の接種は5月以降になる見込み。 一方、カイリ・ジャマルディン・ワクチン接種プログラム調整担当相は24日、被扶養者向けの接種登録が3月中旬からできるシステムを導入したい考えを示した。特にスマートフォンをもっていない親の登録を子どもができるようにしたいとしている。... ...続きを読む

5月末に感染者数6000人超も=保健省-2021/05/10

2021/05/10 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は5月8日、新型コロナウイルスの新規感染者が5月末には1日あたり6000人を超えるとの見通しを示した。 同事務次官は「断食明け大祭(ハリラヤ)あたりに3000人、5月29日に5000人に達すると予測していた」と述べ、感染者数増加の勢いが予想より速まっていると説明。5月初旬にはすでに3000人を越え、8日には4500人超を記録した。 5月中旬には5000人となり、その後も増加を続けて、「状況によって6000人または7000人に達するだろう」と述べた。 マレーシアでの1日あたりの新規感染者数の最多は今年1月30日の5728人。今後、この数字を上回る可能性があり、同事務次官は改めて標準運用手順(SOP)を順守するよう求めた。... ...続きを読む

保健省、感染者最多地区を発表=プタリン・ジャヤとバンサー...

2020/03/22  保健省のノール・ヒシャム事務次官は3月22日、自身のFacebook上で全国の感染者数を地区別の地図を発表した。  これによると、3月21日午後12時現在で感染者総数1183人のうち、最も多いのがセランゴール州プタリン・ジャヤの96人で、次がクアラルンプール市レンバ・パンタイ地区の90人。同地区はバンサー・サウスの近くにある。  以後の12位までの順位は下記の通り。 セランゴール州フル・ランガット(75)、ジョホール州ジョホール・バル(52)、ヌグリ・スンビラン州スレンバン(42)、クアラルンプール市ティティワンサ(41)、セランゴール州ゴンバック(38)、サバ州タワウ(37)、ペナン州ペナン島(34)、サバ州ラハット・ダトゥ(32)、サラワク州クチン(30)。クランタン州コタバル(29)。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP