貨物

運輸相 港湾の貨物の処理作業を3日間許可-2021/07/16

ウィー・カーション運輸相は7月15日、「強化された活動制限令(EMCO)」の発令地区での輸出入目的の不要不急でない物品を運ぶ貨物の処理作業を17日まで認めると発表した。

EMCOの対象となっているスランゴール州クラン港では多くの貨物が留め置きとなっていることから貨物取り扱い能力の80%に達した。このため、期間限定で貨物処理を認めた。

ただ、貨物の積み下ろし作業を行う輸出入業者や倉庫業者は標準運用手順(SOP)の順守が求められる。また、貨物の処理作業前に貨物関連の書類と従業員名一覧を警察に提出して許可を得る必要がある。許可書は警察の検問時に提示することが求められる。

同相はまた、国家安全保障協議会が先に貨物の処理能力に限界に達する港湾で今後は月曜、水曜、金曜の3日間のみ処理作業を続けることが許可されたとも発表した。

関連ニュース

batik-air

バティックエアが日本へ乗り入れも=3路線を申請

2022/10/26 マレーシア航空委員会(MAVCOM)が10月に発表した航空交通権(ATR)の申請内容によると、バティックエア(… Read More »... ...続きを読む

ラヤニエア、営業再開で再申請か

2016/08/19 今年5月に運営許可などをはく奪されたラヤニエアは営業再開を模索しているもようだ。同社幹部は政府高官に対して営業… Read More »... ...続きを読む

エアアジアX、仁川線とデリー線を復航-2022/04/07

2022/04/07 格安航空会社(LCC)エアアジアの中長距離部門エアアジアXは4月20日から、クアラルンプール〜ソウル(仁川)間… Read More »... ...続きを読む

エアアジア、99%のキャンセル分払戻しを完了-2022/03/31

2022/03/31 格安航空会社(LCC)のエアアジアは、コロナ禍のあおりで搭乗できなかった顧客などに対する過去2年間の返金要請に… Read More »... ...続きを読む
car

昨年の新車販売台数、予測を超える50万台超に-2022/01/21

2022/01/21 マレーシア自動車協会(MAA)は1月20日に行った会見で、昨年1年間の会員企業による新車販売台数は50万891… Read More »... ...続きを読む

新興航空会社SKS、初便を運航-2022/01/28

2022/01/28 新興航空会社であるSKSエアウェイズは1月25日、念願となる初の旅客便を就航した。 同社のKI6357便はこの… Read More »... ...続きを読む

菓子のシャトレーゼ、3号店をパブリカにオープン

2016/10/21 菓子のシャトレーゼ(本社・山梨県)は6日、クアラルンプールにおいてマレーシア3号店をオープンした。 店舗をオー… Read More »... ...続きを読む
サイクル

ネスレ、5年以内に全商品の包装を再利用化-2020/08/26

2020/08/26 食品製造のネスレ・マレーシアは8月25日、2025年までに国内の全商品の包装をリサイクルできる素材に切り替える… Read More »... ...続きを読む

国内空港の利用者数、10月は10%増 年初からの累計も順調な伸び

2019/11/21 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は、10月の国内空港の航空旅客数が前年同月比10… Read More »... ...続きを読む

CIMB、ビザ・マスター対応の新アプリを発表

2016/12/23 大手銀行CIMBは13日、スマートフォン上で電子決済できるアプリ「CIMBペイ」を発表した。ビザカードやマスタ… Read More »... ...続きを読む

ニュース記事一覧

アクセスランキング

  1.  
    1 位

    新首相のアンワル氏とはどんな人物か

  2.  
    2 位

    サラワク州MM2H、他州での長期居住は不可能と明記

  3.  
    3 位

    10代首相にアンワル氏、PH・BNが連立樹立へ

  4.  
    4 位

    28日は休日に=新首相

  5.  
    5 位

    バティックエア、日本市場向けに就航発表=1/15からは毎日運航

広告(PR)

SNS

関連メディア

TOP