JETRO、DX活用支援で5社を採択-2021/09/25

JETROクアラルンプール事務所は9月24日、地場大手財閥 SUNWAY iLABSと提携し、オープンイノベーション推進に向けて、日本企業と海外企業のデジタル技術(DX)等を活用した連携・協業を支援するアクセラレーションプログラムを実施する。

この事業は「J-Bridge エスコートプログラム」と呼ばれ、2019 年より開始し3回目となる今回は、マレーシアで注目を集める「フィンテック」「SaaS」「フード&アグリテック」「ヘルステック」「カーボンニュートラル」に関する革新技術を有する、日本の有望企業5社が参加する。

提携先機関である SUNWAY iLABS が大手財閥のネットワークを活かし、マレーシア企業との連携・協業を目指す日本企業に対し、ビジネスマッチング、メンタリング等のハンズオン支援を提供する。

なお、採択審査を経て決定した5社は以下の通り。
1) ビー・インフォマティか株式会社 Bee Informatica Ltd., Inc.
2) 株式会社 Samaria
3) 株式会社スカラ Scala, Inc.
4) 株式会社サンクレエ Suncreer Co., Ltd.
5) 株式会社 TBM

関連ニュース

伊藤忠、価格比較サイト運営社と提携-2022/03/29

2022/03/29 伊藤忠商事(本社・東京都港区)は、東南アジア最大の価格比較サイト「iPrice」を運営するスタートアップ、iPrice Groupと資本業務提携を結んだ。 近年、東南アジアでのEC市場の成長は著しく、今後さらなる拡大と各EC事業者の競争激化が予想されている。そのような中、複数のECサイトにアクセスせずに、比較サイト上で横断的に商品内容や販売価格を比較し、購入を検討するというニーズが東南アジアにおいても恒常的に見込まれる。 また、東南アジアのECサイトは、クレジットカード決済の比率が低い一方、後払い決済の利用額が年率平均25%の成長で急拡大しており、比較サイトにおいても、ユーザーのスムーズな購入体験に繋がる決済機能の拡充が求められている。 iPriceは、マレーシアの他、インドネシア、シンガポール等、7つの国・地域において、東南アジア最大の価格比較サイトを運営している。同社の比較サイトは、800万を超える出店者による70億以上の商品情報にアクセスできることに加え、機械学習を用いた独自アルゴリズムで瞬時に商品が自動で最適表示される。... ...続きを読む

山九マレーシア、クラン港にハブセンター-2020/08/08

2020/08/08 山九(本社・東京都中央区)のマレーシア現地法人、山九マレーシア(本社・ペタリンジャヤ)は、2021年3月1日にポートクラン港ウエストポート内に「アジア・ハブセンター」を開設する。 同センターは同日にオープンする物流センター(面積7万320平方メートル)の一部を借りて運営するもので、当社の倉庫スペースは2万平方メートル。自由貿易区(FTZ)内に位置しているため、非課税で、非居住者在庫や保管中の転売、荷姿変換などが可能な他、輸出入手続きの免除など、荷主にとってコスト削減並びにリードタイム短縮が実現可能となる。 マレーシアではここ数年、税関による保税運送手続きの厳格化の動きが進んでおり、ハブ機能型倉庫はFTA内の立地が必須となる可能性が高まっている。... ...続きを読む
ana

ANA、ASEAN等の居住者向けに追加マイルを実施

2022/07/01 新着 ANA(全日本空輸)は「飛んで飛んでニッポン!50%ボーナスマイルキャンペーン!」と称する追加マイル付与のキャンペーンを実施する。 対象期間に購入・参加登録かつ、対象搭乗期間中、対象路線に対象運賃で搭乗したANAマイレージクラブ(AMC)会員に積算フライトマイルの50%をボーナスマイルとして積算する。 航空券発券購入とキャンペーン参加登録期間は、7月1日から10月31日まで。対象搭乗期間は9月1日から10月31日まで。 対象顧客は韓国・香港・台湾・フィリピン・ベトナム・タイ・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・インド・オーストラリアに居住し、住所を登録するAMC会員。そのため、日本や対象地域外の住所を登録するAMC会員はキャンペーン対象外となる。 対象路線は、ANAおよびANAグループ運航の対象地域内各都市〜日本間の国際線および当該国際線航空券と同一旅程で購入された国内線区間となっている。... ...続きを読む

テクスケム、ヨシノヤからスシキン株取得=出資比率は98%に-2...

2022/01/21 回転すしの「すし金」などを運営するテクスケム・リソーシズはこのほど、マレーシアで牛丼チェーンの吉野家などを運営するアジア・ヨシノヤ・インターナショナルが保有しているスシキンの株式28%を1億220万リンギで取得することが判明した。この結果、テクスケムのスキキンへの出資比率は98%まで引き上げられる。 テクスケムは、ヨシノヤ・インターナショナルの保有分株式を購入することで、「出資比率の統合により資産と収益基盤を強化し、経営に関する意思決定と管理が容易となる」と述べている。... ...続きを読む

JAL、成田往復を1便増便=4月8日から-2022/03/23

2022/03/23 日本航空(JAL)は4月8日から、クアラルンプール〜成田国際空港間について、週1便を追加し合計4便とする。 新型コロナウイルス感染症の拡大影響に伴い減便していたものを再開するもので、5月31 日まで、クアラルンプール発については火、木、金、土曜日の週4便運航とする。なお新たに加わる金曜運航便の販売はすでに販売されている。 JALは、クアラルンプール発日本行き便(片道・往復)の利用客に対し、通常の手荷物許容量に加え、さらに1個無料で手荷物を預かるサービスを行なっている。 一方、JAL ファミリーサービスについては、2022年4月末までの搭乗の場合、予約クラスの制限なく使える対応を行なっている。ただし、一部対象外の航空券がある。なお、事前の申し込みが必要となっている。... ...続きを読む

ホンダマレーシア、運転席エアバッグの部品を確保

2016/08/29 ホンダ・マレーシアは19日、リコール中のタカタ製エアバッグについて、在庫不足となっていた運転席正面のエアバッグ・インフレーターのパーツを100%確保したと発表した。これにより直ちにエアバッグの交換が可能になるという。   ホンダ・マレーシアによると、8月17日時点でリコール対象車種の45%、17万5,000台のエアバッグ交換を完了した。この3週間で3万1,800台のエアバッグ交換を終えたという。 ホンダ・マレーシアは、常設のディーラーやサービスセンターに加え、8月1日より▽北部ハブ(ペナン)▽中央ハブ(ペタリンジャヤ)▽南部ハブ(ジョホールバル)――の3カ所に臨時サービスハブを設置し、9月30日まで無休で毎日午前8時から午後7時までリコール対応している。また8月5日からは、毎週金曜日に21カ所のペトロン給油所などに合計24カ所の移動ハブを設けて対応に当たっている(営業は9月25日まで)... ...続きを読む

廃車リサイクルで調査 九州メタルなど5者共同で

2019/07/25 西日本鉄道(西鉄)傘下の九州メタル産業(本社・福岡県北九州市)は7月9日、マレーシアにおいて「マレーシアにおける廃自動車の完全再資源化事業 放置自動車対策からのリサイクル事業の創出」と題する調査の実施について発表した。  これは、マレーシアセランゴール州において現地企業との合弁で自動車リサイクル企業を設立し、廃自動車の破砕、選別・回収、原燃料化利用、金属の再資源化等のリサイクル事業の可能性を調査するもの。同社が実施主体となっているが、その他共同実施者として北九州市、アズサエスイー&イー、エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所、そして現地のBPJベルジャヤが参画している。 この事業は、日本の環境省の公募事業のひとつとなっており、世界規模での環境負荷低減と日本経済の活性化を目的に、循環産業(廃棄物処理・リサイクル)分野での先進的な技術を有する日本企業の海外での事業展開促進を図るものだという。マレーシアは、人口当たりの自動車普及率が東南アジアでもトップレベルだが、路上などへの放置自動車が大きな社会的課題となっている。 九州メタル産業は、同社の持つ廃自動車のリサイクル技術やシステムをマレーシアに導入、事業化することで、同国の抱える課題の解決および同社のビジネス拡大につなげることを目指している。 具体的には、現地企業であるBPJベルジャヤと九州メタル産業との共同出資による自動車リサイクル企業の設立に向け、他の3者と連携しながら、事業化の実現可能性を調査する。予定では今年度中に調査を完了した後、2021年度までに事業化準備、2022年度の事業スタートを目指す。... ...続きを読む

菅首相、ASEAN首脳会議に参加=実施はオンラインで-2020...

2020/11/13 菅義偉首相は11月12日、総理大臣官邸でASEAN(東南アジア諸国連合)首脳とのテレビ会議に及んだ。 会談で菅首相は日本が掲げている「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現を目指す中で、ASEANとの連携強化する目指す方針を明らかにした。 さらに、南シナ海における中国の行状を念頭に、ASEAN各国の域内統合に寄与する考えを述べた。 また、この前日となる11日には、日本をはじめ中国や韓国、インド、豪州、ニュージーランド、ASEAN10カ国を含む計16カ国による自由貿易圏構想である東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の準備として、インド以外の15カ国が閣僚会合を開いた。 今回、合意に向けた閣僚間での調整は概ね終了した。今後は15日に開かれる首脳会合で正式合意し、協定に署名する運びとなる。... ...続きを読む

インダストリアルX、企業へのDX支援でTKと提携-2020/07/30

2020/07/30 デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を行う、インダストリアルX(本社・東京都港区)はクアラルンプールを拠点とする日本人運営の総合ITサービスプロバイダーのTKインターナショナルと7月28日から日本企業の東南アジアでのDX推進を目指し、業務提携したと発表した。 提携の意義について、製造業をはじめとする多くの日本企業では近年、社員や工場の稼働状況などをデータ化し、遠隔によるモニタリング・操作を行うなどのDXニーズが、日本国内のみならず海外拠点でも高まっていると説明している。 マレーシアでの提携実施は、同国が日本企業の誘致に積極的であり、特に製造業では操業許可や税制優遇措置などの手厚い施策が揃っているとした上で、クアラルンプール近郊のサイバージャヤには各国のIT企業が進出しており、人脈や企業間同士の交流などが盛んで、日本企業にとっても進出を検討する魅力的な地域となっているとしている。 日本企業の海外拠点におけるDX需要が必要性を増す一方で、新型コロナウイルスの影響による海外渡航の制約など、当面は日本企業の海外進出や、海外拠点のDX推進に大きな影響が出ることが予想される。 この提携により日本企業は、日本国内の企業のDX支援実績が豊富なインダストリアルーXと、東南アジアの企業へのDX支援実績が豊富なTKインターナショナルの2社より、日本国内のみならず、東南アジアでのDX支援をシームレスに受けることが可能となる。 ※DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略。データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。... ...続きを読む

J-WAVE、ギター弾き語りの競演をマレーシア向けにも配信-2020...

2020/12/20 年の瀬せまる両国国技館で豪華アーティスト達によるギター弾き語りの競演! J-WAVEでは「TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 RETURNS supported by 奥村組」を12月26、27日の2日間に渡って実施する。 新型コロナウイルス感染拡大により、開催を中止し幻となった今年3月の「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020」が、この年末に実現することとなった。 このイベントは2013年に初開催、両国国技館を舞台に日本を代表するアーティストが繰り広げるギター弾き語りの祭典。 日本国内だけでなく、海外向けにもこのイベントを配信。配信先となる11カ国のうち、マレーシアもその1つとなっている。2日間のイベントは別メニューで行われる。 詳細は公式サイト、https://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2020re/  を参照のこと(末尾に海外聴取用の案内あり)... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP