理髪店に集まった外国人が罰金

 クアラルンプールのスラヤン下級裁判所では4月17日、理髪店で髪を切るために集まった外国人4人に対してそれぞれ罰金1000リンギの判決が下された。
 インド国籍3人とミャンマー国籍1人は11日午後2時40分ごろ、髪を切るためにゴンバック地区の理髪店に集まっていた。パトロールをしていた警察官が発見し、感染症予防管理法違反で逮捕、起訴されている。

関連ニュース

内相 留学生ビザは14日以内に発給へ

2017/02/06 ザヒド内相は1月21日、留学生ビザの発給日数を現在の30日以内から14日以内に短縮したことを明らかにした。19日の高官レベルの会合で決定した。ビザ発給を迅速化するため、内務省は出入国管理局に同省職員10人を追加して派遣する。 同省はビザ申請を受けた後、申請者が国際刑事警察機構(インターポール)の容疑者リストに載っていないかを確認する。載っていない場合はビザ発給許可を出すが、正式にビザを発給するまでの間は仮のビザも発給することにした。また、留学生の両親や保護者に対してもビザ発給を可能にすることも政府は決定した。 留学生ビザ発給にあたっては、数年前に高等教育省下で設立された非営利団体「教育マレーシア・グローバル・サービシズ」(EMGS)が学校側と出入国管理局の間に入ってビザ申請取扱業務を請け負うようになった。ここがネックになって円滑な発給がなされておらず、現在も4000件の申請手続きが滞っているという。 同相は、ビザ発給の迅速化の理由として留学生だけでも年間50億リンギ余りを国家経済に寄与していることを挙げた。(Mtown)... ...続きを読む
covid

サバ州の一部地域にMCOが施行-2021/03/22

2021/03/22 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は3月21日、サバ州クニンガウ(Keningau)地区における活動制限令(MCO)を施行すると発表した。期間は、3月22日から4月4日まで。 クニンガウはサバ州の州都・コタキナバルより100kmほど離れた内陸にある。同地では過去数日間、新規感染者の伸びが顕著で、例えば20日にKampung Lingkudauで行った検査では42人の陽性者がまとめて見つかった。... ...続きを読む

ツインタワー内のモールで飛び降り自殺-2021/04/22

2021/04/22 クアラルンプール中心部のツインタワー内にあるモール「スリアKLCC」で4月21日午後2時ごろ、男性が1階で死んでいるのが発見された。 ダンワンギ地区警察によると、亡くなったのは25歳の男性。館内にある防犯カメラを確認したところ、4階から飛び降りたという。 持参していたかばんの中にはスランゴール州クランの医療機関の診察カードが入っており、身元を特定。男性は精神疾患を患っていたようだ。... ...続きを読む

独立記念日に合わせ「Mekdi」にマクドナルド看板を付け替え-2...

2020/08/28 世界的なファストフードチェーンのマクドナルドは、8月31日のマレーシア独立記念日に合わせ、国内16店舗の看板を「Mekdi」に付け替える。これは、マクドナルドがマレーシアで一般的に「Mekdi」と言い習わされているため。 この試みは昨年、独立記念日に合わせてクアラルンプール中心部のブキビンタンにある店舗の看板を付け替えたところ、非常に好評だったことから全国展開することを決めたという。看板付け替え店舗については、一般市民にネット上で投票を実施。8月15〜21日の1週間に投票を受け付けた結果、トップは昨年実施したブキビンタン店で6万票強を集めた。 今回の試みについて、マクドナルドマレーシアのメラティ・アブドル・ハイ副社長は「当社がマレーシアで38年に渡り営業を続けることができていることに対する感謝を示すため」と述べている。... ...続きを読む

過去8年の銃器殺人445件 半数以上が未解決

2016/12/02 ザヒド副首相兼内相はこのほど、2008年から今年9月までの期間に銃器を使った殺人事件が445件発生したことを国会で明らかにした。犯人逮捕など解決したのは182件にとどまっている。 人種別にみると、被害が最多だったのはインド人で136人。次に中国人114人、マレー人86人、少数民族69人で、外国人は16人。2013年が銃器による殺人事件が最も多い年で95件を記録した。今年の1月から9月までは24件となっている。 また、殺人未遂も2014年から今年9月まで117件発生。銃器を使った強盗も同期で27件起きた。ほとんどのケースでは密輸された拳銃が使われていた。(Mtown)... ...続きを読む

内部通報制度を導入へ 国家公務員の汚職摘発目指し

2019/10/17 リム・グアンエン財務相は10月4日、国家公務員による汚職や不適格な行為を摘発するため、内部通報制度を導入することを明らかにした。インセンティブとして賞金も支給し、賞金額は最大3万リンギまで。 同相によると、まず財務省内で始め、通報があった場合は事務次官を長とした「ハイレベル委員会」で内容を精査する。他の省庁の公務員も通報できる仕組みとする。 同相は、「前政権による誤った財政管理で1500億リンギ以上を損しており、国民一人あたり約5000リンギの負担となっている」と強調した。... ...続きを読む

AI使用の裁判、国内で初実施 コタキナバルの下級裁で

2020/03/05 サバ州コタキナバルの下級裁判所は2月20日、人工知能(AI)を使った裁判を実施した。国内で初めてのケースとなった。 「AI裁判官」により裁かれた法廷では、昨年10月にコタキナバル市内の道路で覚せい剤0・16グラムを所持していたクリストファー・ディヴィソン被告(26)に対する裁判が実施された。 法廷内には大きなスクリーンとコンピューターが設置された。被告側弁護士は被告がこれまでに模範的な態度を示しているとして罰金ではなく、保釈金での減刑措置を訴え、検察側と若干の審理を行った。 その後、裁判官はおもむろにコンピューターを開き、被告の麻薬所持量や前科、職業、年齢などを必要事項を入力。その後、「エンターボタン」を押したところ、スクリーンに「禁固刑9カ月」とする判決が表示された。 判決は2014年から2019年の間に同州とサラワク州で行われた判例などのデータベースを元に分析して出されるという。 この日はこのほかにも数件の裁判がAIをもとに実施されたが、弁護士のなかには「AI裁判官」の導入に反対する人もいる。この日はAIの初導入ともあって検事総長など司法界の主だった人もこの裁判を見守った。... ...続きを読む

海外からのマレーシア人帰国者、6700人超

2020/04/07  カマルディン外務副大臣は、マレーシア人帰国者が4月5~6日の2日間に51カ国から6749人に達したことを発表した。  5~6日午後にかけてインドから306人、フィリピンから65人、ニュージーランドから45人、日本から24人などが帰国。7日夜にはニュージーランドからさらに40人が帰国する。マレーシア国籍保有者は依然、20カ国1025人が滞在するが順次帰国させるという。... ...続きを読む

狂犬病で17人目が死亡 クチンで2年前から多発

2019/06/20 保健省は6月1日、サラワク州クチンで狂犬病に感染した男性(26)が5月31日午前に死亡したことを発表した。州内で狂犬病に感染した患者はこれで2017年7月から17人目となった。 死亡した男性は犬にひっかかれて感染したという。クチン市内で感染したとみられている。 同州では狂犬病患者が相次いで出ている。州政府は11郡62カ所に「感染地帯」として宣言し、野犬などの予防接種を実施しているが、いまだに収拾する見通しが立っていない。 同州内では9歳男児が狂犬病にかかって入院しているが、重症に陥っている。 狂犬病にかかった場合、治療法はなく、死亡率が極めて高い。同省は犬などにかまれた場合は傷口を水と石けんで15分以上洗い、病院に駆けつけるよう促すと同時に、野犬や野良猫、さるなどには近づかないよう呼び掛けている。... ...続きを読む

国王、マラッカでラマダン中の金曜礼拝に参加-2022/04/22

2022/04/22 アブドゥラ国王は4月22日、メラカ(マラッカ)州のマラッカ海峡モスク(Masjid Selat)でおよそ1,000人の信徒とともに金曜日の礼拝に参加した。 国王は午後1時06分にモスクに到着。祈りに参加したのち、ペリンギット・ラマダン・バザールを訪問。その後、マスジッド・アル・アジムで行われる断食明けの行事に参加した。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP