Singapore

シンガポールの祝日で陸路国境が混雑も

シンガポール移民登録局(ISA)は、5月16日がウェサックデー(釈迦誕生日)のため、マレーシアへの往来のためにウッドランズ、トゥアスの両検問所は大渋滞が予想されると市民に呼びかけている。週末の陸路によるシンガポールへの越境は注意が必要そうだ。

一方、空路でシンガポール入りする旅客が利用する、チャンギ空港から出発するタクシーについて、追加料金として片道につき、3ドルが徴収されることとなった。
施行は、5月19日から6月30日までの時限措置。

これは、チャンギ空港での客待ちタクシーの供給量を増やすためのもの。
タクシー運転手は、国際線フライトが復活したにもかかわらず、空港まで行って行列に入って待つことに消極的であったため。こうしたインセンティブを付けることで運転手の空港行きを促す。

関連ニュース

8月単月のデング熱患者数増加か

2016/09/09 保健省は8月30日、同月第3週(14~20日)に感染したデング熱患者数が2190人を記録し、前週比で約12%増となったことを明らかにした。最も感染者数が多かったのはクアラルンプールとプトラジャヤで88人(前週比53%増)で、次にスランゴール州84人(同8・7%増)となり、クランタン、ペラ、ジョホール、パハン、ペナン、トレンガヌの各州でも軒並み増加した。8月単月の感染者数は前月比を上回るとみられる。   8月の感染者数が増えたのは、感染源の増加数と比例しているようだ。同月第3週の感染源箇所が698カ所を記録し、前週の635カ所から増えている。この傾向は昨年にも見られた傾向で、同省は感染源の除去に力を入れている。感染源は特に建設現場や事業が中断している工事現場などでも多く、こういった場所の水たまりで蚊が多く発生。建設業界開発委員会(CICB)など関係省庁とも連携を図りながら、蚊の一掃に努めている。   なお、今年1月から8月20日までの感染者総数は7万1590人で、前年同月比8・5%減。死亡者数も162人と同比25%減っている。(Mtown)... ...続きを読む

マレーシア航空 偽サイトに注意を喚起-2020/06/12

2020/06/12 マレーシア航空は6月11日、同社のフライト予約などの偽サイトが出回っていることに注意を喚起した。 同社によると、グーグルで”マレーシア航空(Malaysia Airlines)”と検索すると偽サイトの画面が現れ、同社が提示している航空運賃とは異なる金額が表示されるという。利用者がこの偽サイトの画面をスクリーンショットにして、同社に送付して発覚した。 同社は正式なサイトのアドレス(https://www.malaysiaairlines.com)を確認してから利用するか、アプリや旅行代理店を通じて予約するよう呼びかけている。... ...続きを読む
アカハラシキチョウ

【新着】貴重な鳥54羽を密輸 2人を逮捕

2022/06/01 クランタン州トゥンパット郡で5月29日、貴重な鳥であるアカハラシキチョウ54羽が密輸業者の車内から確保された。 自動車の運転手を国境を警備する一般作戦部隊(GOF)が逮捕した。 市場価格は57万リンギを越えるとみられている。 GOFの発表によると、同日午後4時ごろに警備をしていたところ、不審な車を発見して職務質問のために停止を命じた。 車内を確認したところ、鳥が入ったプラスチック製のかご32個を発見。 タイから密輸してきたとみられ、その後に関係者1人も逮捕された。 アカハラシキチョウはオレンジ色のお腹をもち、美しい鳴き声をする鳥と知られる。... ...続きを読む

国王が勅令=豪雨災害への新たな懸念受け-2021/12/30

2021/12/30 アブドゥラ国王は12月29日、継続的な豪雨による大規模な洪水の可能性に備えるよう、特に東海岸の州の住民に対して勧告した。また、洪水の第二波が長引かないように、そして国と国民があらゆる災害から逃れられるよう、国民が共に祈ることを呼びかけている。 この勅令は気象局がサバ、クランタン、トレンガヌ、パハン、ジョホールの各州に、年明け1月2日まで続くと予想されるモンスーン高気圧の影響で黄色警報(ALERT)が発令されたことを受けたもの。 アハマド・ファディル王室管理官が明らかにした、国王の勧告について「洪水の起こりやすい地域に住む人々に、当局が出す予報や警告に注意し、大雨で水位が急激に上昇する場合に警戒するよう勧告した」とした上で「これは、自分自身や家族の安全のために避難が必要な場合、地元当局が出す指示や指導に従うことも含まれる」と説明している。 国王はさらに「すべての関係者に、過去の洪水事故から学び、あらゆる可能性、特に洪水後の管理に直面する際に、弱点だけでなく不足している点についても改善するよう促した」という。... ...続きを読む
逮捕

偽PCR検査証明書販売の外国人2人を逮捕 -2020/06/08

2020/06/08 クアラルンプール市警察は6月5日、外国人に偽のPCR検査証明書を販売していたとしてバングラデシュ人2人を逮捕した。 2人はブキ・ビンタン地区のジャラン・アローの歩道にカウンターを設置し、偽検査証明書を1枚50リンギで販売していたという。 5月末頃からカウンターを設置していたとみられ、月600リンギでその場所を借りていたという。午後12時から午後9時まで営業し、カウンターでコンピューター上で偽証明書を作成してその場でプリントしていた。 2人は月給1500~1700リンギで雇われており、背後にシンジケートがあると警察は見ている。 警察は「こういった行為は公衆衛生に害をもたらし、感染抑制の政府の努力を台無しにしている」と批判した。... ...続きを読む
town

救急車不足で観光用バンで患者搬送を許可-2021/08/09

2021/08/09 イスマイル・サブリ副首相兼国防相は8月6日、首都圏で救急車が不足していることから観光用バンで患者を搬送することを許可すると発表した。 新型コロナウイルスの感染者激増が原因で、緊急治療を必要とする人が救急車になかなか乗れない事態が首都圏で発生している。 州をまたげない状態もまだ続くことから、観光業者への支援策の一つにもしたい考えを同副首相は示した。搬送費など支払いなどについては保健省や観光芸術・文化省と協議に入るとも語った。... ...続きを読む

男7人が水浴びで逮捕 ジョホールの水道施設

2019/10/17 ジョホール州イスカンダル・プテリ警察は9月29日午前11時ごろ、水道会社所有の貯水タンクで20代の男7人が水浴びをしているところを逮捕した。全員が酒に酔っていた。 同日午前10時ごろ、この施設で働く従業員が貯水タンク付近で騒いでいる声がするのを確認。 タンクに行くと男らが水浴びをしており、すぐに水道会社SAJランドヒルのパトロール部に連絡して40分後に職員が到着。 事情聴取のため集まるよう求めたが拒否されたため、職員が警察に通報した。 駆けつけた警官は、7人を不法侵入罪で現行犯逮捕。うち6人は身分証を携帯していなかったという。... ...続きを読む

多様性のある職場環境に肯定的 「ランスタッド・ワークモニタ...

2019/11/07 総合人材サービス大手ランスタッドNVは10月31日、世界34の国と地域で実施する労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」の2019年第3四半期の結果を発表した。 マレーシアの労働者による回答をまとめると次のような結果となった。 「労働力不足を補うために雇用主が外国人を受け入れるのは良いことだと思う」との質問に対し、66・2%が肯定と答えた。なお、全世界平均値は63・6%で、これを若干上回った事になる。 「国内労働者のスキルや知識が不足しているのであれば、雇用主が外国人を受け入れるのは良いことだと思う」については、肯定が66・9%とやはり全体の3分の2程度が好意的な回答をしている。なお全世界平均値は71・7%だった。 また「海外で働かなければならないとしたらどこがよいか」との質問には、1位オーストラリア、2位シンガポールについで、日本が3位に入った。 「様々なバックグラウンドを持つ同僚と働きたい」との問いかけには、91・1%が肯定と回答。マレーシアの多様性な職場環境を映し出す結果となった。なお、全世界平均値は79・4%で、同じ質問に対する日本での回答は率にしてマレーシアの半分以下の44%にとどまり、世界で最低となっている。 「ランスタッド・ワークモニター」は、2003年にランスタッドの本社のあるオランダでスタート。現在は欧州、アジアパシフィック、アメリカ大陸の世界34の国と地域で行われている。ワークモニターは年4回実施され、労働市場の動向に関するグローバルトレンドを調査している。 本調査はオンライン上で行われ、18〜65歳の週24時間以上の勤務をする労働者を対象に調査している(自営業を除く)。 今回の調査期間は7月18日〜8月5日だった。... ...続きを読む

「シラット」が無形世界遺産に マレーの伝統武術=ユネスコ...

2019/12/27 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は12月12日、コロンビアで開かれていた無形文化遺産保護政府間委員会で無形文化遺産にマレーの伝統武術「シラット」を認定した。 クタピ観光・芸術・文化相は、「シラットはマレーシアで長い歴史的文化遺産。世界的な認定を受けられたことは画期的で喜ばしい」と語っている。 観光・芸術・文化省は昨年3月30日、ユネスコ本部に認定を申請していた。マレーシアの無形文化遺産の認定登録はこれで3件目。 2008年に初めて認定されたのは「マッ・ヨン」と呼ばれるマレー半島北部の舞踊劇。昨年はマラッカ伝統バラードの「ドンダン・サヤン」が認定を受けた。 シラットは少なくとも6世紀ごろ生まれた武術の一種で、マレーシアだけでなく東南アジア各地でもみられる。東南アジア競技会(SEAゲームズ)では競技の一つとして競われている。 ユネスコのサイトによれば、シラットはマレー半島が起源で、マレー伝統衣装を身に着けて戦うものとされている。 シラットにはさまざまな型があり、マレーシア国内のテレビや漫画などでもよく取り上げられている。各地にはシラットの練習場もある。 東南アジア全体をみると、インドネシアではプンチャックと呼ばれている。精神性に重きを置いたシラット、警察や軍隊向けの軍用シラット、軍用シラットを一般民間人向けに改良したアーバンシラットなどがある。また、シラットの競技者のことを「プシラット」と呼ぶ。 シラットの競技は、オリンピックでの空手同様に、「型」と「組手」がある。イスラム文化圏では試合の前に「ドゥアー」と呼ばれる祈りの時間が設けられる。また、マレーシアではコンパン(片面太鼓)を叩いて応援する。... ...続きを読む
covid

感染者数は60人、入管収容施設で依然拡散

2020/05/25 保健省によると、5月24日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者数は60人増え、累計で7245人となった。 国内での発生例のうち33例は入国管理事務所の収容施設から見つかっている。また7例は帰国者が持ち込んだケース。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計115人のまま。 この日の退院者数は33人で、累計退院者数は5945人。現在の入院者数は1185人で、治癒率は82%に達している。また、ICU病棟の収容者は9人となっている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP