Luchouette

マレーシアの有名インター校がカリキュラム解説のウェビナー開催【日本語通訳付き】

マレーシア移住・留学コーディネーターのLuchouette(ルシュエット)が、マレーシアの教育移住、留学に興味がある方を対象に、マレーシアのインター校で多く採用されているカリキュラムについて解説するzoomセミナーを行う。

開催日程は、5月16日 (月)〜20日 (金)の日本時間10:00~11:30 (マレーシア時間 9:00〜10:30)、参加費は無料となっている。

カリキュラムの案内の他にも、ゲストのインター校のスタッフから直接話が聞けたり、質疑応答の時間も設けられている。

各日程の内容は下記の通り。

【DAY 1】5月16日 (月):
IGB International School (IB・ 国際バカロレア)

【DAY 2】5月17日 (火):
Peninsula International School (オーストラリア式)

【DAY 3】5月18日 (水):
Sunway International School (カナダ式)

【DAY 4】5月19日 (木):
EPSOM College in Malaysia (イギリス式)

【DAY 5】5月20日 (金):
OASIS International School (アメリカ式)

▼申し込み&詳細はこちらのURLから
https://luchouette0516.peatix.com/

関連ニュース

3月12日の新規感染者数、1,000人台で1週間横ばい-2021/03/13

2021/03/13 保健省が3月12日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は1,575人となり、7日連続で1,000人台を維持している。輸入例は7人だった。 累計感染者数は320,939人となった。 実効再生産数(アールノート)は3月12日付のデータで0.85まで下がった。現在、隔離・入院中の陽性者は17,074人まで減っている。 累計の治癒者は300,620人、この日の退院者は2,104人だった。9人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,200人となっている。 ICUの収容者は147人。呼吸器を61人が使っている。... ...続きを読む

10月にMM2Hの申請受付再開 厳しい条件に改定-2021/08/12

2021/08/12 内務省は8月11日、10月から「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)プログラム」の申請を再開させると発表した。ただ、従来より申請条件が厳しくなった。 「国家復興計画」の一貫として再開させるもので、7月14日と30日の閣議で新たな条件内容が決定された。 今後の新型コロナウイルスの感染防止策の一つとして、政府は申請者本人とその扶養家族を含め、一度に同プログラムに参加できる人数の上限をマレーシア国民の1%以下に設定すると決定。さらに、下記の9つの条件をクリアした人のみ申請できるとも説明した。 1)1年のうち累計で90日以上滞在すること。 2)海外で最低月4万リンギの所得があること。(これまでは同1万リンギだった) 3)最低でも100万リンギの定期預金口座をもち、不動産購入や健康、子どもの教育などの目的で、元本の50%まで引き出しが可能であること。 4)申請資格年齢を2つに分ける。35~49歳と50歳以上のカテゴリーにし、前者は収入が安定していること。 5)MM2Hの査証パスの期間は5年とする。その後は5年毎の延長とする。 6)150万リンギ以上の流動資産を申告すること。 7)年間のパス料金を500リンギに引き上げる。手続き料金は本人が5000リンギ、扶養家族1人につき2500リンギとする。 8)パスの更新、代表者の変更、代表者や扶養家族の国籍変更には、内務省のセキュリティ検査を受けて合格すること。 9)このプログラムに参加する扶養家族も含む全員の善行証明書(Letter of Good Conduct)を提出すること 今後のパスの更新者に対しては猶予期間を1年設け、その期間内に上記の新条件を整えるよう求めた。 なお、現在、MM2Hパスの保有者とその扶養家族は5万7478人だという。... ...続きを読む

ジャラン・トゥンラザクで白昼ひき逃げ

2018/11/23  クアラルンプール中心部を走るジャラン・トゥンラザクで12日午後1時20分ごろ、ひき逃げ事件が発生した。二輪車に乗っていた女性がひかれて死亡した。  二輪車に乗っていたのは親子で、運転していた息子が二輪車を右に向きを変えたところ突如、トラックが現れて転倒し、母親はトラックにはねられて死亡した。トラックは停止せずにそのまま逃げている。  クアラルンプール警察交通捜査局はトラックの行方を追っている。(『スター』11月12日付)... ...続きを読む
taxi

カジャン駅でタクシー運転手10人を逮捕

2017/04/06 公共陸運委員会(SPAD)は17日、カジャン駅でタクシー運転手10人を逮捕し、タクシー8台を押収した。 逮捕されたのは、メーターを使用せずに営業していたタクシー運転手が6人。また、運転手身分証を掲示しない運転手が3人。白タク営業をしていた1人。SPADにはこれまで同駅周辺でメーターを使わずに走行しているタクシーが多いとの苦情が寄せられていた。SPADは今回逮捕された以外にも多数のタクシーがメーターを使っていない可能性があるとして捜査を続行する。 メーターを使わずにタクシー営業して有罪となった場合、公共陸運法第22条および第23条により、最高50万リンギの罰金刑または2年間の禁固刑が科せられる。 タクシー運転手に問題がある場合は下記へ通報できる。SPADは昨年からタクシー業界のサービス改善に力を入れており、厳しく取り締まりつつある。(Mtown)... ...続きを読む

外国運転免許証からの切替交付再開へ MM2H取得者向け

2019/11/14 道路交通局(JPJ)が11月1日付で海外在住のマレーシア国民及び外国人の長期滞在を奨励する「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」プログラムで滞在する外国人に限り、外国で取得の運転免許証からマレーシア運転免許証への書き換えを再び認めると発表した。 対象となる国は、「1949年道路交通に関する条約(ジュネーブ交通条約)」の締約国、「東南アジア諸国連合(ASEAN)」に含まれる9つの加盟国、さらに「マレーシアと相互協定を締結した国」で発給された自動車免許証を持つMM2H参加者で、それ以外の国の免許保持者はマレーシアの交通法規に関する筆記試験を受ける必要がある。 なお、取得後の最初の年は初心者扱いとして「Pライセンス」となる。... ...続きを読む

配車サービス運転手 客に喉を切られる-2022/04/18

2022/04/18 クアラルンプール市内のスントゥル地区警察は4月17日午前3時ごろ、配車サービスの運転手が客に喉を切られる事件があったと発表した。容疑者は16歳の少女で、逮捕された。   警察の調べによると、運転手はマラッカ州に近いジョホール州タンカック地区で客の少女を同日未明に拾った。容疑者の少女はクアラルンプールのジャラン・イポーまで依頼したが、距離もあることから運転手は400リンギを要求した。少女は乗車時にはこの金額で合意したものの、目的地に到着すると「お金がない」と支払いを拒否。運転手は警察にいっしょに行こうとすると少女が小型のナイフで運転手の喉を掻き切ったという。   少女はその後に逃走し、運転手は近くの警察署に助けを求め、病院に搬送された。   警察は同日午後5時ごろ、クポン地区の銀行にいた少女を発見して逮捕した。... ...続きを読む

飛行機内での盗難に注意 ビジネスクラスでも発生

2018/09/02  飛行機内での盗難事件が発生している。ビジネスクラスでも起きており、注意が必要だ。  英字紙『スター』によると、今月15日にマレーシア航空のベトナム・ホーチミン発クアラルンプール着便のビジネスクラスに座っていた男性の席の上の荷物棚から男が堂々とかばんを持っていった。男性といっしょに搭乗していた友人らが男性に注意を促し、男性がその男の後を追ったところ、この男は自分の席でかばんに入っていた外国紙幣を数えている最中だったという。男性は「パスポートを盗まれたり、麻薬を入れられるのが最も怖かった」とソーシャルメディア上で語っている。  男性はすぐに乗務員に通報。乗務員らはベトナム当局に通報し、男は取り押さえられた。飛行機は離陸する直前だったとみられる。  マレーシア航空はこの事実を認めると同時に、機内で盗難事件が発生していると注意を喚起。同航空の乗務員はこういった事態の訓練も受けている。今回も乗務員は慌てることなく、冷静に対応し、被害に遭った男性もその対応に絶賛していた。  ビジネスクラスだけでなく、エコノミークラスでも盗難は相次いでいるもようで、機内であっても貴重品は手放さないことが懸命。また、自分の席の上ではなく、荷物を少し離れた荷物棚に入れざるを得ない場合もかなりの注意が必要だ。(Mtown)... ...続きを読む

新規感染者数、1112人に=引き続き4けたに-2020/11/15

2020/11/15 保健省の発表によると、11月14日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は1112人となった。 累計感染者数は4万6209人まで増えている。また入院者の数は1万2131人となっている。輸入例は2人だった。 死者は2人増え、306人となった。 一方、退院者は803人で、これにより、累計の治癒者は3万3772人となった。 ICUの収容者は103人。呼吸器を43人が使っている。... ...続きを読む
逮捕

偽PCR検査証明書販売の外国人2人を逮捕 -2020/06/08

2020/06/08 クアラルンプール市警察は6月5日、外国人に偽のPCR検査証明書を販売していたとしてバングラデシュ人2人を逮捕した。 2人はブキ・ビンタン地区のジャラン・アローの歩道にカウンターを設置し、偽検査証明書を1枚50リンギで販売していたという。 5月末頃からカウンターを設置していたとみられ、月600リンギでその場所を借りていたという。午後12時から午後9時まで営業し、カウンターでコンピューター上で偽証明書を作成してその場でプリントしていた。 2人は月給1500~1700リンギで雇われており、背後にシンジケートがあると警察は見ている。 警察は「こういった行為は公衆衛生に害をもたらし、感染抑制の政府の努力を台無しにしている」と批判した。... ...続きを読む

首相 外遊を本格始動 5月に中国訪問-2022/02/14

2022/02/14 イスマイル・サブリ首相は外遊を本格化させる。昨年8月に就任して以来、新型コロナウイルスの影響で外遊はインドネシアやシンガポールのみにとどまっていたが、今後アジア諸国を訪問する予定だ。 首相は2月14日からブルネイ、タイ、カンボジア、ベトナムなど東南アジア諸国連合(ASEAN)を歴訪する。ブルネイでは「ワクチン・トラベル・レーン」(VTL)の設置案を協議する予定。タイでも設置が進まないVTLについて議論するもよう。ASEAN諸国の訪問では国境再開に向けた土台を敷く方針だ。 首相によると、3月末に中東諸国を訪問する。日程など詳細はまだ確定していない。また、5月初旬の断食明け大祭(ハリラヤ)後には中国を公式訪問するとも首相は語った。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP