国立モスクのエントランス

【国立モスク】美しいKLの景観とマレーシアの文化を堪能!観光名所 Masjid Negara へ

  • 2022.11.17

KLの中心部のボタニカルパーク周辺にある、国立モスク「Masjid Negara(マスジッド・ネガラ)」は、外国人観光客に人気の名所。

モスクからは数々のマレーシアの建造物や美しい景色を見渡すことができます。

無料のガイドツアーもあるので、神聖な雰囲気を感じながら、ゆったりとマレーシアの文化と歴史を知ることができます。

モスクから見える圧巻の景色
▲ モスクから見える圧巻の景色

マレーシア独立の象徴

1965年に建てられ、約15,000人を収容できるマレーシア国内随一のモスクです。

モスクといえばドーム状の屋根のイメージですが、マスジッド・ネガラは十八角形の屋根を持ち、マレーシア独立の象徴として、マレーシアの13州とイスラム教の五行を足した数を意味するそう。

礼拝堂では青いステンドグラスから光が差し込み、神秘的な雰囲気に包まれます。

国立モスクの象徴の屋根
▲ 国立モスクの象徴の屋根

ステンドグラスが美しい礼拝堂
▲ ステンドグラスが美しい礼拝堂

モスクにはコミュニティセンターとしての役割も

モスクはお祈りをする場としてだけではなく、地元の方のコミュニティセンターとしての役割も担うそうです。

モスク内には、コーラン教室、図書室などがあり週末になると地元の方が集まります。

他にも結婚手続きができるなど、モスクにはさまざまな役割があります。

居心地の良い空間が広がる
▲ 居心地の良い空間が広がる

無料ガイドツアーを利用するのもおすすめ!

まずは入口で入場の登録をしてローブを借ります。

こちらのモスクでは、無料ガイドツアーもあります。(英語でのツアー、予約不要)

ガイドツアーでは、ガイドの方と一緒に散策しながら、モスク、お祈り、歴史についてなど丁寧に教えてくれますよ。

モスク入口の階段を登ってすぐのパンフレット置き場の所にガイドの方がいるのでぜひ声をかけてみてくださいね。

マレーシアに滞在するからには、文化や歴史を知るというのもおもしろいもの。

ぜひ国立モスクを訪れて、素晴らしい景観を楽しみながらガイドツアーでマレーシアについての知識を深めに行ってみてはいかがでしょうか。

日本語のパンフレットもあります

国立モスク 施設情報

masjid negara - logo

[モスク名]
Masjid Negara
マスジッド・ネガラ(国立モスク)

[住所]
Jabatan Kemajuan Islam Malaysia (JAKIM),
Jalan Perdana, 50480 KL

[電話番号]
03-2107 3100

[メールアドレス]
pro@masjidnegara.gov.my

[営業時間]
9:00 – 12:00(金曜日を除く)
15:00 – 16:00
17:30 – 18:30

[定休日]
なし

[ウェブサイト]
https://masjidnegara.gov.my/ms/

[SNS]
Facebook

Instagram

Twitter

アクセスランキング

  1.  
    1 位

    新首相のアンワル氏とはどんな人物か

  2.  
    2 位

    サラワク州MM2H、他州での長期居住は不可能と明記

  3.  
    3 位

    10代首相にアンワル氏、PH・BNが連立樹立へ

  4.  
    4 位

    28日は休日に=新首相

  5.  
    5 位

    バティックエア、日本市場向けに就航発表=1/15からは毎日運航

広告(PR)

SNS

関連メディア

TOP