ワクチン未接種の子ども 行動制限はなし-2022/02/04

5~11歳の子ども向けのワクチン接種が始まったことを受け、カイリ・ジャマルディン保健相は2月3日、未接種の子どもに対して行動などの制限は課さないと述べた。大人のワクチン未接種者に対しては州の移動などが禁じられているのとは対照的となった。

同相は子ども向けワクチン接種プログラムに対して保護者らは様子をみており、ためらっている保護者が多いことも認識していると話した。今後も情報提供は適宜するため、それらを元に判断してもらいたいとも語った。

同相は2月1日現在で51万7000人超の子どもがワクチン登録をしたことも先に明らかにしている。5~11歳の子ども360万人中180万人に対して今月末までに1回目の接種を終わらせたい意向も同相は示した。

子ども向け接種はファイザー製で、大人のワクチン量の3分の1を投与することになっている。

関連ニュース

【速報】全面ロックダウン下のSOP、あす午後2時から発表-2021...

2021/05/29 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は明日5月30日午後2時から会見を実施し、6月1日から実施される「全面ロックダウン」に向けての標準運用手順(SOP)を発表する。 会見は国防省のFacebookページのほか、各メディアが同時放送する見込み。 一方、保健省が今日29日午後発表した新型コロナウイルスの感染状況によると、陽性者数は過去最高の9,020人に達している。うち、スランゴール州だけで2,836人が見つかっている。... ...続きを読む
nomorecovid19

ペラ州の自宅隔離違反者、8000リンギの罰金 -2020/08/15

2020/08/15 ペラ州下級裁判所は8月14日、帰国者に義務付けられている14日間の自宅隔離に違反してカフェで過ごした女に対し、8000リンギの罰金と禁固1日の判決を下した。   被告となったのはイポー在住のヌル・エマー被告(72)。起訴状によると、7月6日午前8時に自宅近くのカフェで朝食をした。ピンクのリストバンドを着用し、食事をしているところを写真に撮ってソーシャルメディア上に掲載していた。   同被告は7月4日に英国から帰国し18日まで隔離が求められていた。帰国直後のPCR検査で陰性だった。しかし、その後に陽性と判明し、病院で隔離治療を受けていた。 同被告の写真はソーシャルメディア上で「大炎上」し、カフェも風評被害を受ける事態となっている。... ...続きを読む

「活動制限令」第51日(5月7日)まとめ

2020/05/08 5月7日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。  [新規感染者数、さらに減少] 保健省によると、5月7日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者数は39人増、累計で6467人となった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計107人のまま。 この日の退院者数は74人。累計では4776人。治癒率は73%を超えている。 これにより、現在の入院者数は1584人まで減り、ICU使用は19人まで減っている。 [州越え帰宅希望者の移動、4人以上乗車認める] 政府は、州越え帰宅希望者の移動が10日まで行われるにあたり、1台の車に定員以内を条件に4人以上乗車することを例外として認めると発表した。 州越え帰宅希望者の移動、4人以上乗車認める [MCO発令中の犯罪発生件数、大幅減] マレーシア国家警察は6日、活動制限令(MCO)が発令された3月18日から5月5日までの犯罪発生件数が5089件にとどまったと明らかにした。前の3カ月からおよそ半分になっている。 MCO発令中の犯罪発生件数、大幅減 [工科大学、10月の卒業式を見送り] マレーシア工科大学(UTM)は7日、今年10月24日に実施予定だった卒業式を見送ると発表。今後、他の大学も追随する可能性がある。 工科大学、10月の卒業式を見送り ======================= 【ウェブ上にてWeekly Mtown再開!】 本日ウェブ上にてWeekly Mtownを公開いたしました! 今回のニュースでは3月から始まったMCOに関するダイジェスト版を掲載しております。 https://my.ebook5.net/m-town/DTZ4I5/... ...続きを読む

必要要件の移動距離は10km以内に=必須サービスは10に

2020/04/01 政府は1日午後、活動制限令(MCO)の「第二段階の措置」の追加事項として、買い物等必要な要件での外出可能な移動距離は「自宅から半径10km以内」との制限を決めた。 即日実行され、制限令終了まで継続される。 そのほか、同日の追加事項として次のような内容がある。 「特別な理由」により、ある場所から別の場所へ移動する必要がある場合、事前に最寄りの警察署で、警察官から書面による許可を得る必要がある。 市民が移動を許可されるのは、食品、日用品、医薬品、栄養補助食品の購入または配達、ヘルスケアまたは医療サービスを受けるため、あるいは「必須(essential)のサービス」に関連する業務を遂行するため、のみに制限されている。 さらに、活動制限令の「第二段階の措置」での「必須サービス」の数はこれまでの22から10に削減。「フードサービス」「水」「エネルギー」「通信」「インターネット」「安全保障と防衛」「固形廃棄物(ゴミ)と公共の浄化管理と下水道」「栄養補助食品の供給を含むヘルスケアと医療サービス」「銀行業と金融サービス、eコマース」および「不可欠なサービスの提供に限定された物流サービス」のみが維持されるとしている。 またこの規則では、「必須サービス」の範囲について、「各サービスのサプライチェーンのアクティビティとプロセスを含むもの」と定義している。... ...続きを読む
house

EMCO地区で許可される小売店一覧とSOP-2021/07/03

2021/07/03 アレクサンダー・ナンタ国内取引・消費者相は7月2日、クアラルンプールとスランゴール州で発令される「強化された活動制限令(EMCO)」の対象地区で許可される小売店とその標準運用手順(SOP)を発表した。適用は3日から16日まで。 詳細は下記の通り。 ・スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニ、ミニマーケット 飲食関連と薬や衛生関連の必要不可欠品のみ販売可。 店内の顧客は4平方メートルにつき1人のみに限定。 ・薬局と食料品店 営業時間は地方自治体の規定を順守すること。 ・レストランなどの飲食店 店内の飲食は不可。持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーのみ。 ・ガソリンスタンド 敷地内のコンビニは地方自治体の規定を順守すること。 ・ペットショップ ペット用のエサとケア製品のみの販売 ・工具店(hardware store) 工具の販売のみ可。顧客の自宅での設置や修理サービスは認めない。 ・修理やメンテナンスなど車関連の店舗 洗車店の営業は認めない。 ・Eコマース関連の店舗 Eコマースで注文を受けた商品の梱包やデリバリーサービスは認める。営業時間は地方自治体の規定を順守すること。 ・日常生活に必須の商品の卸売・配送 営業時間や配送センターでの作業については地方自治体の規定を順守すること。 一方、スランゴール州安全保障協議会は同日、州内のEMCO地区のSOPを発表した。 同州が認めた必須セクターは下記の通り。 ・水道、電力 ・保健衛生 ・金融 ・獣医及びペット関連のセクター ・安全・警備 ・陸路、水路、空路の運輸 ・港湾、空港及び荷の積み下ろし関連セクター ・宿泊施設(隔離者向けのみ) ・メディアやインターネット、郵便といった通信 ・ゴミや下水道の処理・管理 ・情報通信やEコマース ・飲食のデリバリーや宅配 また、SOPの詳細は1日に発表した国家安全保障協議会と内容は同じ。この内容はこちらを参照のこと。... ...続きを読む

国防相、活動制限令の取締り強化の意向を明らかに

2020/03/26  イスマイル・サブリ国防相は3月26日、「活動制限令」の取り締まりの強化を進めると述べた。国家安全協議会(NSC)で新たな取締案を作成し、28日にも発表するとしており、同日からはより厳しく取り締まるとみられる。  同相は「これまでは注意程度で済ませてきたが、今後は厳しく取り締まっていく」と発言。先にムヒディン首相が4月14日まで活動制限令を延長すると発表した際に95%が順守していると指摘したが、国防相は「まだ順守しない頑固者が5%もいる」として市場やスーパーマーケットで人との間隔を空けずに買い物もしている人がいると指摘した。 総人口3200万人の5%で計算すると、160万人が順守していないことになり、感染拡大を助長しかねない。政府としてはさらなる感染を防ぐためにも取り締まりの強化をせざるを得ない状態だ。  同相はまた、25日までに同令に順守しなかったことから全国で110人を逮捕したことも明らかにしている。... ...続きを読む

「活動制限令」第48日(5月4日)まとめ

2020/05/05 5月4日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。  [CMCOへの各州別の対応=4日現在] 4日から取り組みが開始された「条件付き活動制限令(CMCO)」について、州ごとの対応について追加しています。 ジョホール州政府は4日午後、CMCO導入を決めた。同州はシンガポールと国境を接しているため、国境管理を強化することも明らかにした。シンガポールから帰国したマレーシア人は特定の施設で14日間の隔離が求められ、自宅での隔離生活を禁じるとしている。 一方、マラッカ州は同日、CMCOについて飲食店での飲食とスポーツ活動を引き続き禁止とするとした「条件付きで導入する」と発表している。 ジョホール州、CMCOの導入=マラッカ州は条件付き [新規感染者数、2けたに戻る] 保健省によると、5月4日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者数は55人増、累計で6353人となった。なお、7例は海外から持ち込まれたもの。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計105人。 この日の退院者数は71人。累計では4484人。治癒率は70%をわずかに超えている。 これにより、現在の入院者数は1764人まで減っている。 [政府、外国人出稼ぎ労働者のPCR検査を義務化] 政府は外国人出稼ぎ労働者に対するPCR検査を義務付ける。ここ数日間に見つかった新型コロナウイルス感染者の多くは出稼ぎ労働者であるため。 政府、外国人出稼ぎ労働者のPCR検査を義務化 [セランゴール州、濃厚接触者追跡アプリを導入] セランゴール州は4日、濃厚接触者の追跡アプリ「SElangkah」(セランカー)の導入を発表した。 セランゴール州、濃厚接触者追跡アプリを導入 [州越え帰宅希望者 7日から移動を開始] マレーシア国家警察のフジール・モハメド犯罪取締局長は4日、州越え帰宅希望者のスケジュールを発表した。 州越え帰宅希望者 7日から移動を開始... ...続きを読む

礼拝個所での「ディスタンス保持」が解除に-2022/04/03

2022/04/03 イスマイル・サブリ首相は4月1日からモスク、スラウ、非ムスリムの礼拝所での「会衆祈祷活動」について、ソーシャル・ディスタンスを取ることなく許可すると発表した。 これは、マレーシアの新型コロナ感染対策のフェーズが「エンデミック」へと移行したことを受けたもの。新型コロナウイルスの感染拡大の折、モスクやスラウでの祈祷が許可されていたものの、フィジカル・ディスタンスのルール厳守が求められてきた。 4月1日以降、国内のモスクのイマームは金曜日の祈りを行う前に「サフ(隙間)」を閉じることが許されるようになった。 ただ、一部の礼拝参加者は、他の参加者とやや離れた場所に礼拝マットを敷くこともあった。こうした人々はイマームから注意を受けた後、マスクを着用するなどの標準作業手順(SOP)を守りながら、他人の距離をコロナ禍以前のように接近してお祈りをするよう促されたという。... ...続きを読む

マスク売り切れが続出 モールでも店員が着用

2020/02/06 各地で新型コロナウイルスが拡散しているのを受けて、マレーシア国内でマスクや手の消毒液の売り切れが続出している。 クアラルンプール国際空港ターミナル内の薬局では売り切れているほか、クアラルンプール市内の薬局やコンビニエンスストアでは「ほぼ商品が見つからない(在住日本人の実見)」という状況となっている。また、ジョホールバルやコタキナバルといった地方都市でもマスクや入手が困難となっている。 この状況に伴い、サイフッディン国内取引・消費者行政相は「これに乗じて値段を釣り上げることは許さない」と釘を刺している。 なお、市販されているマスクには、日本で花粉避けなどの目的で普段使いされている「サージカルマスク」と、「N95」をはじめとするウイルスやPM2・5予防に使われるマスクとがある。サージカルマスクはウイルスの予防にはあまり効果がないとされているため、日本などから取り寄せる際は注意が必要そうだ。 「N95」マスクの例(写真/Mタウン撮影)... ...続きを読む
covid

新規感染者、52人に再増=輸入例は12例-2020/09/21

2020/09/21 保健省の発表によると、9月20日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は52人となった。うち、36人がサバ州のクラスターから発見されており、前日の20人から大幅に増えている。 輸入例は12例。この結果、累計感染者数は1万219人に増加した。 死者はなく、累計は130人のまま。 退院者は40人で、累計の完治者は9355人となった。 一方、治療中感染者の総数は734人まで拡大している。ICUへの収容者は10人で、うち2人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP