bag

ブースター接種率改善で国境再開へ-2022/02/04

カイリ・ジャマルディン保健相は2月3日、国境の再開は大人のブースター接種率がさらに上がってからになるとの見通しを示した。大人のブースター接種率はすでに50%を超えているものの、同相は「まだ十分でない」との認識を示した。ただ、国境再開に向けた接種率の基準値については「まだ検討中」と述べるのとどめた。

同相は「私としてはブースター接種率がもう少し上がってほしい」と述べた。特に高齢者の30%がブースター接種を受けておらず、また子どもへのブースター接種についても専門家は奨めている段階ではないという。

一方、日々の新規感染者数ではなく、重症者数も国境再開に関して一つの基準となることも示唆した。

関連ニュース

南アフリカの変異株 国内で発見-2021/04/05

2021/04/05 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は4月1日、新型コロナウィルスの南アフリカの変異株(B.1.351)を3月に発見したことを明らかにした。 クアラルンプール国際空港(KLIA)の運営会社の従業員から感染が始まり、スランゴール州クアラ・ランガット地区の住民に広がったという。 この変異種の感染経路については特定するのは難しいとしている。2件のクラスター感染から発見されたほか、その感染者の同居人からも変異株が発見された。その後に5人の検体からも発見され、3月31日現在でこの変異株をもつ感染者は9人に上る。 保健省は感染源は同一人物から拡大したと見ており、さらなる追跡を行うとしている。... ...続きを読む

9月5日の感染者動向、新規感染者数が20,396人に-2021/09/06

2021/09/06 保健省が9月5日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は20,396人となった。輸入例は8人。 累計感染者数は1,844,835人。 9月6日10:00現在、発表されている最新の実効再生産数(アールノート)は0.95(9月4日までのデータ) 。現在、隔離・入院中の陽性者は255,789人。 累計の治癒者は1,570,827人、この日の退院者は20,573人だった。336人が新たに亡くなり、累計死亡者は18,219人となっている。 ICUの収容者は959人。うち436人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む
facemask

政府、マスク着用義務の場所を発表-2020/08/06

2020/08/06 国家安全保障協議会(NSC)が発表した「マスク着用が義務付けられる場所」14カ所のリストは次の通り。着用していない場合は1000リンギの罰金が科せられる。 1.モスクや礼拝所 2.非イスラム教の宗教施設 3.親交を促す集まり 4.公共交通機関 5.動物園 6.通学用バスやバン 7.スポーツ・レクリエーション施設   *スポーツ活動をしていないときに着用義務付け 8.医療施設 9.市場 10.映画館やライブイベント会場 11.小売店(商店、クリーニング店、レストラン、商業施設、スーパーマーケット、修理工場、ガソリンスタンド) 12.理髪店や美容院 13.スパやマッサージ店 14.家族向けのエンターテイメント施設(カラオケなど)... ...続きを読む

パン会社のトラックが乗っ取り被害=300キロ先で発見

2020/03/31  新型コロナウイルスの感染拡大でマレーシア各地でパンが品薄になっている中、国内大手のパンメーカー、ガーデニア・ベイカリーズ社のトラックが配達途中で盗まれる事件があった。  事件があったのは3月30日午前7時ごろ、クアラルンプールのジャラン・プタリンでトラックをパンの配達のために駐車。ところが、配達を終えて戻ろうとしたところ、運転手はトラックが乗っ取られたことに気づき、ダンワンギ警察署に通報した。  しかし、このトラックは同日夜に300キロ離れたトレンガヌ州クママン郡の道路脇に乗り捨てられているのを通行人が発見。同警察署は捜査を進めている。  地元紙はトラックに積まれていたパンの行方については詳述していないが、盗まれたとみられる。... ...続きを読む

1日の新規感染者数、5日連続で4けた-2020/12/2

2020/12/02 保健省の発表によると、12月1日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は1472人となった。4けたになるのは5日連続で、直近1週間ではもっとも多くなっている。 累計感染者数は6万7169人に達した。また入院者の数は1万495人に縮小。輸入例は5人だった。 死者は3人増え、363人となった。 基本再生産数(アールノート)は0.99のまま。 一方、退院者は1552人で、これにより、累計の治癒者は5万6311人となった。 ICUの収容者は120人。呼吸器を44人が使っている。... ...続きを読む

「映画館の閉鎖は継続」=上級相が明言-2020/06/18

2020/06/18 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は6月17日、映画館の再開について、「回復のための活動制限令(RMCO)下の現状ではまだ認められない」と述べた。 映画館の再開には標準運用手順(SOP)が必要となるが、同相は「作成されていないので、当面は閉鎖のまま」と述べた。SOPが作成され、国家安全保障協議会で承認が得られた後に、再開の運びとなる。 映画館は活動制限令(MCO)が3月に導入された以降、閉鎖が続いている。RMCO導入当初の禁止活動事項では映画館の再開の可否について、はっきりと明示されていなかった。... ...続きを読む

「活動制限令」第10日(3月27日)まとめ

2020/03/28 3月27日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。 3月27日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。[3人が死亡、1日当3月27日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。 [3人が死亡、1日当たり感染者100人超が13日目に] 27日は新型コロナウイルスが原因で3人が亡くなった。国内の累計死亡者はこれで計27人に。 感染者数は27日正午までの24時間で130人増え、累計で2161人に。 なお、1日の増加数100人超えはこれで13日目となる。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0327-104/ で。 [首相、緊急経済対策を発表=総額2500億リンギ] ムヒディン首相は27日午後、新型コロナウィルス感染拡大に関連した緊急経済対策を発表。収入が減少する世帯や個人に対する手当支給のほか、中小企業向け支援などが骨子。 また、モバイルブロードバンド(携帯)利用者に、4月1日から制限令解除まで「1日当たり1GBの無料使用を認める」という内容も盛り込まれた。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0327-102/ で。 [ジョギングの日本人ら、モントキアラで逮捕] クアラルンプール警察は3月27日、同市北西部のモントキアラ地区を早朝にジョギングしていた日本人4人をを含む、11人を逮捕したと発表。集団で行動しており、活動制限令に違反していたため。すでに拘束は解かれているが、今後送検される見込み。 詳しくは、 https://mtown.my/covid-19/0327-102/ で。 [エアアジア、日本線は5月末まで全面運休] エアアジアは26日、4月21日までほぼ全てのグループ会社各便の運休を決定。エアアジアX運航の日本線は、5月末まで全面運休となった。 詳しくは、https://mtown.my/covid-19/0327-105/ で。 [WHO、マレーシアを新型コロナ新薬研究センターに選定] 保健省のノール・ヒシャム事務次官は27日、マレーシアがWHOに「新型コロナ新薬研究センター」の一つに選定されたと発表。今後、新薬Remdesivirの投与などのテストを行う。また、同次官は韓国から試験キット100万セットを導入するとも表明。 [コロナ感染疑いの男性、入院中の病院で自殺] 新型コロナウイルスの感染疑いがあるとしてプトラジャヤのセダン病院に入院していた中華系の男性(62)が、入院病棟のトイレで自殺しているのが見つかった。なお、これまでに男性の感染可否は明らかになっていない。... ...続きを読む

1ウタマで感染者発生=全館消毒は終了-2020/10/06

2020/10/06 クアラルンプール市内の1ウタマ・ショッピング・モールの運営会社は10月5日、モール内にあるアップルの代理店である「MACシティー・サービスセンター」の店舗職員が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。 モールの3階にある店舗のほか、施設内全館に消毒をすでに行ったという。 感染した店員は9月30日以来、モールには来ていなかったようだ。ただ、それまでの足取りをつぶさに調査し、濃厚接触者らの特定を急ぐ。 同店舗の店員は全員、2週間の隔離生活に入った。... ...続きを読む
house

日本からの渡航者の隔離期間延長を要請=専門家-2021/08/11

2021/08/11 ペルー由来のラムダ変異株が東京・羽田空港の検疫所から先に初めて見つかったことを受け、マレーシアの専門家の間では日本や南米からの渡航者の隔離期間を延長するよう求めている。 マレーシア・プトラ大学(UPM)の医学・健康科学部のチー・フイイー准教授(ウイルス専門)によると、新たな変異株に感染した場合、隔離期間中は無症状であることが多く、隔離後に症状が出る場合がある。これまでのケースでは隔離期間に陰性だったものの、隔離終了直後に家族に感染させた例があったという。このため、現在の14日間の隔離期間は不十分とし、さらに延長して期間中に2回のPCR検査を受けさせるよう求めた。 また、UPMの臨床微生物学専門のザンベリ・セカウィ教授も、東京でのこの変異株の市中感染はまだわからないとしたものの、ラムダ変異株の潜伏期間が不明であることから、隔離期間は延長すべきと主張した。 同教授は「これまでの経験から、新種のウイルスはより弱くなる傾向がある」と説明。これは宿主を殺してしまうとさらなる感染拡大ができなくなるからだという。ウイルスは長く生き残っていく可能性が高く、この変異株は高齢者などリスクの高いグループが感染すると重症化する可能性があるが、若年層はかかっても軽症ですむだろうとの見方も示した。 現在、世界保健機関(WHO)はラムダ変異株を厳重に監視する必要ある変異株と指定している。なお、インドのデルタ変異株が発見された後、マレーシア政府はインドやその近隣諸国からの渡航者の隔離期間を21日に延長した経緯がある。... ...続きを読む

ベーカリーの「ロティボーイ」、全店で臨時休業-2020/10/19

2020/10/19 街角のベーカリーとして知られる「ロティボーイ(RotiBoy)」が、同社本社で新型コロナウイルス感染者ひとりが見つかったことから、予防措置として全店を当面、19日まで臨時休業すると発表した。 陽性反応が出た社員は、9日から体調の不調を訴え出社していなかったが、17日に陽性と確認されたという。これを受け同社は18日、全店の休業措置を決める一方、同社の本社オフィスおよび、工場の全面消毒を実施する。また、本社オフィスは当面の間、運営を自粛する。 同社は声明で「標準運用手順(SOP)を守っているものの、感染者を出してしまった」とした上で、保健省のガイダンスを受け取り次第、今後の方針を決める、と明らかにしている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP