マレーシア、WHOのワクチン接種率目標を前倒しで達成-2022/02/06

マレーシアは、世界保健機関(WHO)がターゲットとして設定している新型コロナウイルス対策ワクチンの人口比接種率「70%」の目標を前倒しで達成した。

2月4日現在、マレーシアの人口の78.8%が2回目まで接種を完了。総接種数は2,570万回となっている。

一方、保健省は2日、5歳から11歳までの子供 計51万7,107人が米ファイザーのワクチン接種プログラムに登録したと発表。これによりマレーシアのワクチン接種率は完全接種人口の80%以上に達することになる。

関連ニュース

国防相、活動制限令の取締り強化の意向を明らかに

2020/03/26  イスマイル・サブリ国防相は3月26日、「活動制限令」の取り締まりの強化を進めると述べた。国家安全協議会(NSC)で新たな取締案を作成し、28日にも発表するとしており、同日からはより厳しく取り締まるとみられる。  同相は「これまでは注意程度で済ませてきたが、今後は厳しく取り締まっていく」と発言。先にムヒディン首相が4月14日まで活動制限令を延長すると発表した際に95%が順守していると指摘したが、国防相は「まだ順守しない頑固者が5%もいる」として市場やスーパーマーケットで人との間隔を空けずに買い物もしている人がいると指摘した。 総人口3200万人の5%で計算すると、160万人が順守していないことになり、感染拡大を助長しかねない。政府としてはさらなる感染を防ぐためにも取り締まりの強化をせざるを得ない状態だ。  同相はまた、25日までに同令に順守しなかったことから全国で110人を逮捕したことも明らかにしている。... ...続きを読む

アプリ「MySejahtera」、事業所での利用を義務付けへ-2020/08/04

2020/08/04 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は8月3日、濃厚接触者追跡アプリ「MySejahtera」の事業所での利用を義務付けることを明らかにした。近く公報掲示するという。 同アプリは3月下旬にリリースされ、5月以降に事業主と一般人も利用するよう求められてきた。6月現在で個人620万人、事業所では約25万軒で利用されている。 同相は2日に商業施設を訪れたが、同アプリが使えず、他のアプリを使用するよう求められたことに不満を表明。これに伴い、特別閣僚委員会の会合に議題として挙げ、事業所での使用を義務化することの了承を得たという。 ただ、インターネットの繋がりが悪い地域では例外となる見込み。 同アプリ以外にもセランゴール州のように独自のアプリを導入しているところがあるほか、民間企業が追跡アプリを導入している例もある。また、手書きで氏名などをノートに記載する店舗もあるが、個人情報が悪用される懸念もあり、政府はアプリを導入を求めてきた。 ただ、スマートフォンを使用していない人も多くおり、こういった人たちに対しての対応については具体的に決まっていない。... ...続きを読む
covid

新規感染は18人、マレーシア人からの発症はゼロに-2020/06/29

2020/06/29 保健省は、6月28日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は18人となったと明らかにした。 18例のうち、4例は帰国者から発覚。残りの14例は全て国内の外国人労働者から見つかり、国内に住むマレーシア人からの発症例はなかった。累計感染者数は8634人となった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計121人のまま。 この日の退院者数は10人で、累計退院者数は8318人。治癒率は96%を超えている。... ...続きを読む

日本政府、海外生活者向けワクチン接種実施を決定-2021/06/25

2021/06/25 日本政府は6月25日、海外在留邦人向け新型コロナウイルスのワクチン接種を8月1日から実施すると発表した。 年齢制限は12歳以上。使われるワクチンは米ファイザー製のため、最低でも日本に3週間の滞在が求められる格好となる。 また、条件として「日本に住民登録がない海外在留邦人」と掲げられている。したがって、何らかの事情で現在、日本国内に住民登録を残している場合はこのスキームの枠では接種できない。 接種場所は羽田と成田の両空港付近に特設されるという。... ...続きを読む

19日予約開始の帰国者向けワクチン接種、詳細を発表-2021/07/18

2021/07/18 日本の外務省は、7月19日からインターネット予約受付が開始される海外在留邦人向けワクチン接種について、決定した接種可能時間帯、接種までの流れ等について公表した。 インターネットによる予約受付先となる特設サイトへのリンクは、予約受付の開始(7月19日マレーシア時間午前11時)と同時に外務省海外安全ウェブサイト( https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html )に掲載予定。URLはそこで確認のこと。なお接種予約は3週間を隔てた2回分を一度で申し込む。 マレーシアからの入国者の場合、現在「変異株指定国・地域(6日間待機措置の対象国・地域)」となっているため、詳細が細かく決められている。 入国後、通常の水際措置に従って検疫所が確保する宿泊施設での待機を開始する。同宿泊施設での待機期間が経過した後、検疫所手配のバスで空港に戻る日の開場時間帯(10時〜13時、14時〜17時)の中で接種予約が可能。   検疫所が確保する宿泊施設での待機期間を経過した後に空港に戻る日に接種を受けない場合、自宅等での待機期間中であっても、日程等のやむを得ない事情があり、公共交通機関の不使用、マスクの着用、手指消毒の徹底、「3密(密閉・密集・密接)」の回避、目的地以外の移動は行わない等のルールを遵守する場合に限り、接種会場に来訪し、接種を受けることを認める。 一方、既に現在一時帰国中で、各自治体に住民登録がない場合は、空港の特設会場での接種を予約できる。... ...続きを読む

1日の新規感染者数、5日連続で4けた-2020/12/2

2020/12/02 保健省の発表によると、12月1日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は1472人となった。4けたになるのは5日連続で、直近1週間ではもっとも多くなっている。 累計感染者数は6万7169人に達した。また入院者の数は1万495人に縮小。輸入例は5人だった。 死者は3人増え、363人となった。 基本再生産数(アールノート)は0.99のまま。 一方、退院者は1552人で、これにより、累計の治癒者は5万6311人となった。 ICUの収容者は120人。呼吸器を44人が使っている。... ...続きを読む

8月9日の感染者動向、新規感染者数が17,236人に-2021/08/10

2021/08/10 保健省が8月9日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は17,236人となった。輸入例は29人。 累計感染者数は1,262,540人。 8月10日11:00現在、発表されている最新の実効再生産数(アールノート)は1.07 (8月8日までのデータ) 。現在、隔離・入院中の陽性者は227,230人。 累計の治癒者は1,041,585人、この日の退院者は15,187人だった。212人が新たに亡くなり、累計死亡者は10,961人となっている。 ICUの収容者は1,095人。うち579人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む

「活動制限令」第22日(4月8日)まとめ

2020/04/09 4月8日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。 [累計感染者数、4000人を超える] 保健省によると、8日正午までの24時間で新型コロナウイルスが原因で2人が亡くなり、国内の累計死亡者はこれで計65人に。 感染者数は8日正午までに156人増え、累計で4119人。感染者の増加100人超えはこれで25日目となる。ただ、この日、退院者数が166人と、新規感染者数を上回った。累計では1487人となっている。治癒率は36.1%に。 [これまでの逮捕者は6905人=制限令違反で] イスマイル・サブリ国防相は8日、これまでの活動制限令違反者について説明。7日までに6905人を逮捕、630人を起訴したという。なお7日の逮捕者数は454人でうち380人を拘留した。 [活動制限令違反に伴う手続きを変更=外国人は従来通り] 国家警察は、活動制限令に違反した者に対し、刑事手続に進むのではなく「反則キップ」を切る事で処理することができる運用を開始。ただし、外国人(永住者除く)は活動制限令に違反した場合、従来どおり、逮捕の上、起訴といった刑事手続に進むことになる。 活動制限令違反に伴う反則金の徴収について [「中小企業向け賃金保障」申請受付、9日から開始] 人的資源省は8日、中小企業向け賃金保障について9日から申請を受け付けると発表。この賃金保障の実施は、ムヒディン首相が6日に発表した緊急経済追加対策に盛り込まれた内容の一環。 「中小企業向け賃金保障」申請受付、9日から開始 [マリンドエア、全便を4月末まで運休] マリンドエアは7日、全便を当面4月末までの運休を決めた。同社は来月について「運航したとしてもフライトは限定的」と悲観的にコメント。 マリンドエア、全便を4月末まで運休 [外国人労働者32人が解雇=労組会議が公表] マレーシア労働組合会議(MTUC)は8日、中小企業で働いていたバングラデシュ人やネパール人、ミャンマー人などの外国出身出稼ぎ労働者32人が突如解雇されていたと明らかに。行くところもない、と政府を批判。 外国人労働者32人が解雇=労組会議が公表... ...続きを読む

各航空会社のマレーシア〜日本線運航状況

2020/04/01 ※到着旅客数の抑制 「検疫の適切な実施を確保するため、外国との間の航空旅客便について、減便等により到着旅客数を抑制することを要請。ただし、帰国を希望する在外邦人や海外渡航者の円滑な帰国のため、情報提供や注意喚起を含め、適切に配慮」(国土交通省・外務省) これを受け、各航空会社は減便等の要請を受けることとなります。日本・マレーシア間の航空便は当面維持される見通しですが、今後・減便・運休が行われる可能性もあります。詳しくは各航空会社にお問い合わせください。 ※各航空会社のマレーシア〜日本線運航状況(4/2現在) ・全日空は、成田=クアラルンプール間の運航便について、週3便(水・金・日)への減便を発表しており、また4月3日便の運休が決定。 ・日本航空は、成田=クアラルンプール間の運航便について、4月30日までの間、週3便(火、木、土)運航に減便すること、4月4日は運休。 ・マレーシア航空は、5月17日までの日本便(成田=クアラルンプール、コタキナバルと関西=クアラルンプール)が全て運休。 ・エアアジアXは、5月末日まで全便を運休(3/26発表、Mtown調べ) ●新型コロナウイルス感染症の影響により、状況は刻一刻と変化しております。各航空会社運航便のご利用を予定されている方は、搭乗前に最新の情報をご確認ください。 ……在マレーシア日本大使館 4/1 22:05 MYT送信... ...続きを読む

エアアジア、返金代用クーポンの有効期間延長-2020/05/24

2020/05/24 格安航空(LCC)のエアアジアは5月21日、フライトキャンセルなどで補償を求めている乗客に対し発行されるクーポン(バウチャー)の有効期間を発行から2年間に延長すると明らかにした。従来の有効期間は1年間だった。 新型コロナウイルスの感染拡大で、運休が長期間にわたっていることに加え、返金またはクーポン発行の事務処理が大幅に遅延していることからこのような対策を打つ格好となった。 (写真:エアアジア広報ページより)... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP