Causeway link between Johore and Singapore

シンガポールとのVTL、バス券販売を再開-2022/02/17

マレーシア〜シンガポール間の渡航において入国後の隔離を不要とする枠組み「ワクチン・トラベル・レーン」(Vaccinated Travel Lane、VTL)による移動について、2月22日以降の陸路旅行の枠が復活し、16日からバスチケットの販売が始まった。

運輸省は先に、「新型コロナの輸入症例がマレーシアの症例の増加に影響を与える可能性が低くなったため、VTL(陸路)の枠を復活させ、国境管理措置を合理化する」と明らかにしていた。

昨年12月には、オミクロンの感染が広まったこともあり、VTLの乗車可能枠を一時的に50%の枠が減らしていた。

復活後のスキームでは、バスターミナルでの「監視付きセルフスワブ抗原迅速検査(ART)」の代わりに、到着後24時間以内にクイックテストセンターまたは複合テストセンターで「監視付きセルフスワブART」を行うことになる。なお、検査予約のためのウェブリンクは、到着時に発行される検査通知書に記載される。

また、旅行者は過去7日以内(従来は14日間)にシンガポール、マレーシア、その他のVTL関係国または低感染国に滞在したことがあることが条件となる。VTL陸路渡航者は、出国前検査と到着時検査のみを行う必要がある。到着後2日目から7日目までに行われていた監視のないセルフスワブによるARTを必要とする「強化された検査」プロトコルも廃止される予定。

なお、VTL (陸路)経由で旅行する場合、ワークパーミットホルダーとVTLができる短期滞在者のみ、ワクチントラベルパス(VTP)を申請する必要があるが、その他の長期滞在者については、VTPの申請は不要だ。

関連ニュース

malaysia

政府 8日から渡航者の新たな防疫措置 毎日の検査も-2021/12/08

2021/12/08 カイリ・ジャマルディン保健相は12月7日、新変異種オミクロン株に対する新たな防疫措置を発表した。8日から適用される。 短期出張者は6日目までは毎日検査を受ける必要があることや感染が報告されているなども指定国(13カ国)の渡航者はデジタル追跡装置の着用が求められている点が新たに設けられた。 まず、8日から適用される措置には、6つのカテゴリーに分けた。  カテゴリー1:ワクチン・トラベル・レーン(空路)  カテゴリー2:ワクチン・トラベル・レーン(陸路)  カテゴリー3:ランカウイ島への海外観光客(入国制限のあるアフリカ南部8カ国からは禁止)  カテゴリー4:ワン・ストップセンター(OSC)を利用する短期出張者  カテゴリー5:暫定的な入国制限が取られている国からの渡航者  カテゴリー6:オミクロン株の感染が報告されている国 ○カテゴリー1から4までに該当する渡航者は下記が適用される。  -ワクチン接種を完了していること  -入国48時間前にPCR検査を行うこと。従来の72時間前から短縮される。  -入国時にも検査を行うこと  -入国後2日目、4日目、6日目に自己検査キットで検査し報告すること  -入国後3日目と5日前にRTK抗原検査を実施すること  -検査結果は新型コロナ関連アプリ「MySejahtera」に更新すること。 カテゴリー4のOSCを通しての短期出張の渡航者は隔離は必要はない。ただ、滞在は14日を超えてはならず、先に政府が承認した日程通りに動くことが求められている。 ○カテゴリー5と6に該当する渡航者は下記が求められる。  A)入国制限措置が取られている国(南アフリカなど8カ国)からの渡航者(マレーシア人も含む)  -入国48時間前にPCR検査を実施する  -隔離期間中にデジタル追跡装置を着用すること  -ワクチン接種の有無に関わらず14日間の指定隔離施設に滞在すること    B)オミクロン株の感染が報告されている国(英国、米国、豪州、フランス、ノルウェー)からの渡航者(マレーシア人も含む)  -入国48時間前にPCR検査を実施する  -隔離期間中にデジタル追跡装置を着用すること  -隔離期間についてはワクチン接種の状況による(7~10日)... ...続きを読む

7月3日の感染者動向、5日連続6000人台-2021/07/04

2021/07/04 保健省が7月3日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は6,658人となった。輸入例は11人。 累計感染者数は772,607人。 7月4日11:30現在、発表されている最新の実効再生産数(アールノート)は1.07(7月3日までのデータ)、現在、隔離・入院中の陽性者は66,958人。 累計の治癒者は700,215人、この日の退院者は5,677人だった。107人が新たに亡くなり、累計死亡者は5,434人となっている。 ICUの収容者は892人。うち443人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む

新規感染者数 7000人を割る-2022/04/19

2022/04/19 保健省は4月18日、過去24時間の新型コロナウイルスの新規感染者数が6623人にとどまったことを発表した。7000人を割ったのは今年2月4日以来。   前日に発表された新規感染者数は9705人で、激減したことになる。   18日に発表された死亡者数は12人。うち8人が病院への搬送途中で死亡したという。   国内で同日に集中治療室(ICU)の病床率が50%以上になっている州はない。新型コロナウイルス向け隔離施設の占有率が50%以上となっているのはペラ州のみとも同省は発表した。   18日現在の全国の感染率を示す再生産実効数(アールノート)は0.86。スランゴール州とヌグリ・スンビラン州が0.89と全国平均を上回っている。... ...続きを読む

【新着】海外行き予定者へのブースター接種、予約なしで可能...

2022/04/23 カイリー・ジャマルディン保健相の発言によると、18歳以上で海外渡航を予定する人は、新型コロナワクチンについて3回目(いわゆるブースター)の接種日から少なくとも1カ月後に2回目のブースター接種を受けることができるとのことだ。フリーマレーシアトゥデイが4月22日に伝えた。 同保健相は「予約済みの航空券や旅行日程の証明などの書類を持参して、いずれかの接種センターへウォークイン(予約なし)で接種が受けられる」と述べている。 なお、日本側の規定を改めて確認すると、2回目まではコミナティ(COMIRNATY)筋注(ファイザー製)、バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注(アストラゼネカ製)、COVID-19 ワクチン(モデルナ製)、ヤンセン(ヤンセン製)、コバクシン(COVAXIN)(バーラト・バイオテック製)、ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注(ノババックス製)のいずれかが認められる。一方、ブースター接種用にはファイザー製、モデルナ製、ノババックス製の3種しか認められていない。(バーラトとノババックス製はいずれも4月25日以降の入国に適用)。... ...続きを読む

1日の感染者数3桁でMCO再導入も-2020/07/27

2020/07/27 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は7月26日、新型コロナウイルスの1日の感染者数が3桁になった場合、3月に導入した活動制限令(MCO)を再導入することを検討すると述べた。 同相は「感染者数は4日連続で増えている」と指摘。「国民が標準運用手順(SOP)をしっかりと守らないためだ」と批判している。 31日からのハリラヤ・ハジ連休中のSOPについても近く発表される見込み。特に犠牲祭儀式のときに「ソーシャル・ディスタンシング」を守らない人が出てくるのが最大の懸念とも述べている。 また、州越え移動の制限については「別途、告知がするまでは認める」としている。... ...続きを読む
covid

感染者は引き続き2けた、国内発生は11例-2020/07/13

2020/07/13 保健省の発表によると、7月12日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は14人となり、累計感染者数は8718人となった。3例が輸入例で、国内での発生例は11例だった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計122人のまま。 この日の退院者数は4人。累計退院者数は8519人で、治癒率は98%近くに達している。ICUには3人が治療を受けており、この2人が引き続き人工呼吸器を使っている。... ...続きを読む
covid

新規感染者数、1桁に減少=全体で7例に-2020/08/25

2020/08/25 保健省の発表によると、8月24日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は7人だった。累計感染者数は9274人となった。 輸入例は2例で、日本由来のケースはなかった。 死者はなく、国内の累計死亡者は計125人のまま。 この日の退院者数は6人で累計退院者数は8965人。現在の入院者数は184人となっている。ICUで8人が収容されており、5人が人工呼吸器を使っている。... ...続きを読む

7月8日の感染者動向、8000人を大きく越える-2021/07/09

2021/07/09 保健省が7月8日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は8,868人となった。輸入例は10人。 累計感染者数は808,658人。 実効再生産数(アールノート)は1.09(+0.02)と増加傾向が続いている。現在、隔離・入院中の陽性者は77,275人。 累計の治癒者は725,480人、この日の退院者は5,802人だった。135人が新たに亡くなり、累計死亡者は5,903人となっている。 ICUの収容者は952人。うち445人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む
airplane

日本も「隔離14日間の対象国」に確定-2021/04/30

2021/04/30 日本からマレーシアへの入国の際に求められる隔離日数は「14日間」と正式に発表された。 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は4月24日、「新型コロナウイルスに変異株流行が確認されている国からの渡航者に対する規制」を発表。その中で、「懸念される変異株」の流行が確認されている国からマレーシアに入国する際、入国後の隔離期間を14日間とする旨を述べていた。 その後、具体的な情報が明確にされていなかったが、保健省が行った29日の発表で、当該規則の対象国に日本も含まれると明らかにした。 なお、具体的な実施日については、28日から実施されている。一方、27日の入国者までは「陰性証明持参の場合、隔離期間は(従来通りの)7日間」という判断がなされていた。 今回の規定導入により、日本からの渡航者については、陰性証明書を「出国3日前」(出発3日前以降ではない)に変更となり、取得が必須となった。これまでは、未取得者について到着後に検査が受けられたがそうした措置も一旦取り消されている。 検査方法については、「鼻咽頭及び口腔咽頭のスワブ(nose and throat もしくはnasopharyngeal AND oropharyngeal swabs)」または「唾液(Saliva)」となっており、日本帰国時の検査で求められている「鼻咽頭」のみの検査とは様式が異なる。... ...続きを読む
facemask

政府、マスク着用義務の場所を発表-2020/08/06

2020/08/06 国家安全保障協議会(NSC)が発表した「マスク着用が義務付けられる場所」14カ所のリストは次の通り。着用していない場合は1000リンギの罰金が科せられる。 1.モスクや礼拝所 2.非イスラム教の宗教施設 3.親交を促す集まり 4.公共交通機関 5.動物園 6.通学用バスやバン 7.スポーツ・レクリエーション施設   *スポーツ活動をしていないときに着用義務付け 8.医療施設 9.市場 10.映画館やライブイベント会場 11.小売店(商店、クリーニング店、レストラン、商業施設、スーパーマーケット、修理工場、ガソリンスタンド) 12.理髪店や美容院 13.スパやマッサージ店 14.家族向けのエンターテイメント施設(カラオケなど)... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP