タイ、隔離なし入国条件を3月から緩和-2022/02/24

タイが外国人観光客誘致の門戸をより広くするため、入国条件の緩和に踏み切る。マレーシアからは空路だけでなく、陸路でのタイ・ハジャイ(ソンクラー県)への入国も可能となる。

タイの新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は2月23日、新型コロナウイルス対策ワクチンの接種済み者を対象とする入国制度「テスト・アンド・ゴー(Test&Go)」の条件を3月1日から緩和すると発表した。

外国人訪タイ者はテスト・アンド・ゴーで入国する場合、入国1泊目はSHAエクストラプラス認定のホテルに宿泊し、隔離を受ける必要があり、滞在中に1回目のPCRを受ける。そのほか、申請時に加入が義務の海外旅行傷害保険の医療保険について、最低保障額をこれまでの5万米ドルから2万米ドルに引き下げる。また、入国者に義務付けられているPCR検査の2回目をセルフテストの抗原検査とし、結果をアプリ経由で登録すればよいことになった。

したがって、タイへの入国は、「1泊目の指定ホテルへの支払い」を済ませ、そこで滞在したら、その後の活動はほぼ自由にできる格好となる。

関連ニュース

7月11日の感染者動向、3日連続9,000人台-2021/07/12

2021/07/12 保健省が7月11日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は9,105人となった。輸入例は18人。 累計感染者数は836,296人。 実効再生産数(アールノート)は1.15(+0.02)と増加傾向。現在、隔離・入院中の陽性者は87,841人。 累計の治癒者は742,297人、この日の退院者は5,194人だった。91人が新たに亡くなり、累計死亡者は6,158人となっている。 ICUの収容者は961人。うち455人が呼吸器を使っている。... ...続きを読む
covid

国内で新たな変異種を発見=英国とは別物-2020/12/25

2020/12/25 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は12月23日、国内で新型コロナウイルスの変異種「A701V」が新たに発見されたことを明らかにした。   この変異種はサバ州のクラスター感染「ベンテンLD」の感染者60人から発見された。この変異種はこれまでに南アフリカや豪州、オランダ、シンガポールで発見されているが、感染力など、詳しいことはまだわかっていない。また、英国で見つかった変異種「VUI-202012/01」とは別のものと考えられる。 今年8月にはクダ州シバガンガ地区で発生したクラスター感染では変異種「D614G」が発見された。この変異種はそれまで拡散していたウイルスと比べ10倍の感染力があり、40人以上に感染した。... ...続きを読む

5月8日の感染者数、4,500人超に-2021/05/09

2021/05/09 保健省が5月8日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は4,519人となった。4,500人弱に急拡大した前日とほぼ同水準になっている。 輸入例は5人。累計感染者数は432,425人。実効再生産数(アールノート)は5月8日付のデータで1.14。 現在、隔離・入院中の陽性者は36,584人。 累計の治癒者は398,723人、この日の退院者は2,719人だった。25人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,657人となっている。 ICUの収容者は393人。呼吸器を210人が使っている。... ...続きを読む

「活動制限令」第37日(4月23日)まとめ

2020/04/24 4月23日のマレーシアにおける新型コロナウイルスを取り巻く状況についてまとめます。  [活動制限令 5月12日まで再々延長] ムヒディン首相は23日夜、活動制限令(MCO)を5月12日まで延長すると発表した。これでさらに2週間延長、3月18日の開始から延べ8週間続くことになる。 同首相は「保健省の最新データを検討すると5月12日以降もさらに延びる可能性も捨てきれない」と述べ、「断食明け大祭(ハリラヤ)を故郷で祝うことができないかもしれない」と語った。 活動制限令 5月12日まで再々延長 [新規感染者数は引き続き2けた=入院者総数は2000人を下回る] 保健省によると、23日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者数は71人増、累計で5603人となった。 死者は2人が新たに亡くなり、国内の累計死亡者は計95人。 この日の退院者数は90人。累計では3542人で、治癒率は63.2%。 これにより、現在入院中のコロナ患者は1966人。 [感染者減少は国境封鎖が奏功=保健省] 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は23日、「新型コロナウィルスの感染者数の減少は、国境の封鎖が奏功している」との認識を示し、「活動制限令(MCO)が解除されたとしても外国人の入国は禁じる必要がある」と述べた。 感染者減少は国境封鎖が奏功=保健省 [生鮮食品市場、営業時間を14時まで延長] 政府は断食月(ラマダン)中の生鮮食品市場(ウェット・マーケット)の営業時間を午前6時から午後2時までとすると発表した。 生鮮食品市場、営業時間を14時まで延長 [ペナン、電気店やランドリー店の再開を許可] ペナン州政府は24日から州内の電気店やランドリー店の再開を許可した。23日午前に行われた同州の特別安全保障委員会で決定した。 ペナン、電気店やランドリー店の再開を許可... ...続きを読む

KLIA、サバ州からの乗客が8時間待ち-2020/09/29

2020/09/29 9月27日からサバ州からマレー半島に入境する際にPCR検査などが義務付けられた。しかし、クアラルンプール国際空港(KLIA)とKLIA第2ターミナルでは職員の人員不足などから長蛇の列となり、乗客は最大8時間待たされる事態となった。 乗客の多くは26日のサバ州議会選挙の投票のために帰郷し、翌日にマレー半島に戻ってきた人たち。サバ州から到着した乗客らは一旦、到着ゲートで待たされ、その後にPCR検査を実施。しかし、その後も数時間待たされるケースが多く、何の説明もなかったことからほとんどの乗客は怒り出し、ソーシャルメディア上に状況をアップする人などが続出。乗客の一人は「当局はこんなに多くの人が戻ってくるとは思っていなかったらしい」と話していた。 保健省はこれを受け、早急に人員と関連機器を増やすよう指示。乗客らには食事が無料で提供された。さらに、椅子に座れない人も多数いたことから空港の運営会社が椅子を用意し、高齢者や身体障がい者、子ども向けに優先レーンを設けて検査を先に済ませられるよう手配した。 サバ州は新型コロナウイルスの感染者が増加していることから、政府は10月10日までマレー半島到着時のPCR検査と到着後の自宅隔離を義務化する措置を取っている。... ...続きを読む
covid

新規感染者数、6人=前日から変わらず-2020/09/07

2020/09/07 保健省の発表によると、9月6日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は6人だった。累計感染者数は9397人となった。輸入例は3例。 国内の累計死亡者は計128人のまま。 この日の退院者数は2人で累計退院者数は9115人。現在の入院者数は154人。ICUで6人が収容されており、3人が人工呼吸器を使っている。... ...続きを読む
DATUK_SERI_ISMAIL_SABRI_YAAKOB

【速報】8月に全国を2期目に移行へ-2021/07/14

2021/07/14 イスマイル・サブリ副首相兼国防相は7月14日、8月から全国を「国家復興計画」の2期目に移行させたい考えを示した。 同相は「先に設定した全国のワクチン接種率が今月末までに(成人人口の)10%を超える見通しが出たため」と説明した。 2期目にはすでに8州が移行している。2期目になると、現在制限されている一部経済セクターの活動の再開も可能となる。 ただ、新規感染者数は日増しに増えている。先にムヒディン首相が示した2期目の基準では1日あたりの新規感染者数が4000人以下とすることを掲げていたが、14日の新規感染者数が1万1618人と過去最高を記録。経済界からは「全面ロックダウン」を解除するよう求める声が日を追うごとに増しており、政府はこの基準を棚上げせざるを得なくなったようだ。 ... ...続きを読む

★コロナ関連★サラワク州、4日から州への入境禁止に-2020-10-01

2020/10/02  サラワク州は10月4日から、サラワク出身者以外の同州への入境を禁じる措置を講じる。期間は当面、18日までの2週間となっている。  サラワク州は1日現在、新たな新型コロナウイルスの感染者がいない。しかし、隣接するサバ州で激増しており、同州内の移動制限令が発令されることからサラワク州政府は入境を禁止することで感染拡大に努める。 サバ州やラブアン島から必需品を輸送する場合は同州の災害管理委員会の特別許可書を得ることが求められる。  サラワク出身者はこの期間も帰省できるが、同州政府のアプリで帰省申請を出し、健康状態に関する電子フォームの提出も義務付けられる。さらに、入境後は14日間にわたって隔離施設での隔離が義務付けられる。隔離期間中は2回の検査が行われる。... ...続きを読む

確定申告の締め切りが6月末に延長

2020/03/23 内国歳入庁(IRB)は、Tax Return(日本でいう確定申告)の提出締め切り日を6月30日に延期すると発表した。 政府が「活動制限令」を発令したことに伴うもの。本来なら書面による窓口での提出なら4月30日、e-Filingでの電子申告の場合は5月15日だった締め切りが、いずれも6月30日まで延長されている。 このTax Returnは外国人給与所得者でも申告が義務付けられている。 規定では提出が求められる対象は「外国人(日本人を含む)で1年間に183日以上マレーシアに滞在し収入がある人」となっている。 Tax Return提出の際、所得税で未納分があれば納税、税額控除の申告などにより過払いがあればその分の還付を申告する。マレーシアでは、医療費やIT機器購入代、書籍購入代なども控除対象となっている。 給与所得者のほとんどは、所属企業が月々の給与支払いの際、源泉徴収で所得税を差し引いて従業員に支払っているため、Tax Return提出時に追加納税が必要となるケースはほとんどないようだ(赴任初年度は例外的に調整が必要な場合がある)。 また企業によっては、年度末までに源泉徴収した額を最終納税額として、個人での申告は不要としている場合もある。詳しくは、所属会社にて確認のこと。... ...続きを読む
covid

【速報】スランゴール州6郡にMCOを導入 5月6日から17日まで

2021/05/04 イスマイル・サブル上級相兼国防相は5月4日、感染者の多いスランゴール州6郡に活動制限令(MCO)を再び導入すると発表した。期限は5月6日から5月17日まで。 対象となるのはフル・ランガット、プタリン、ゴンバック、クラン、クアラ・ランガット、セパンの6郡。 同州政府の提案により国家安全保障協議会が承認したと同相は説明した。 クアラ・スランゴール、サバ・ブルナン、フル・スランゴールの3郡は「条件付き活動制限令(CMCO)」となる。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP