日本入国時の免税範囲、たばこは200本までに-2021/10/03

日本の税関は、入国する際の「たばこ」の免税範囲について、10月1日付で従来の紙巻たばこ400本相当から、半分の200本に縮小された。

加熱式たばこの場合は個装等10個まで、葉巻なら50本までとなる。

なお、これらの免税範囲は1種類のたばこのみを購入した場合の数量となっている。

免税範囲を超えた場合の課税額も、10月1日から引き上げられている。

関連ニュース

degital

NTT、データセンター「サイバージャヤ6」を着工

2022/09/06 NTTは、サイバージャヤに設ける新たなデータセンター「サイバージャヤ6(CBJ6)」を着工した。 サイバージャ… Read More »... ...続きを読む

メニコン、クダ州新工場に6.5億リンギを投資-2022/03/02

2022/03/02 コンタクトレンズの生産、販売大手メニコン(本社・名古屋市)は、完全子会社でペナン州を拠点とするメニコンマレーシ… Read More »... ...続きを読む

グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催

2019/08/08 日本の国土交通省は、日本の支援によるマレーシア版グリーン物流パートナーシップ会議を7月9日に初開催したと発表し… Read More »... ...続きを読む

エバラ食品、マレーシアに孫会社設立へ-2022/04/20

2022/04/20 「焼肉のたれ」などを手がけるエバラ食品工業(本社・横浜市西区)は4月14日、同社のシンガポール子会社EBARA… Read More »... ...続きを読む

中国伝統医療のクリニック導入 イオンウェルネス3店舗で開始

2019/06/20 イオンマレーシアは6月7日、同社直営のドラッグストア「イオンウェルネス」内に中国伝統医療を用いたクリニックを設… Read More »... ...続きを読む

【新着】安倍元首相、日本への元留学生らと会談-2022/03/14

2022/03/14 マレーシアを訪問している安倍晋三元首相は3月12日夕、日本への留学経験者による2つの同窓会組織、東方政策元留学… Read More »... ...続きを読む
ドローン

ドローンによる調査、ファンリードとエアロセンスの提案が採択

2022/05/09 ファンリード(本社・東京都豊島区)とエアロセンス(本社・東京都文京区)は、マレーシアのサンウェイ大学との共同提… Read More »... ...続きを読む

日本の余剰アパレルを活用 在庫処分業者が店舗展開

2020/01/16 在庫処分業を営むShoichi(本社・大阪市中央区)はこのほど、日本国内で出た余剰アパレル衣類を販売するショッ… Read More »... ...続きを読む

日本産農水産物食品商談会、ジェトロが開催

2016/09/19 日本貿易振興機構(ジェトロ)は8日、クアラルンプール(KL)市内のホテルで「日本産農水産物・食品輸出商談会 i… Read More »... ...続きを読む
class

浜松の小学校、サバ州マレーグマ保護施設とオンライン授業

2022/07/05 静岡県浜松市北区引佐町にある井伊谷学校でこのほど、サバ州サンダカンにあるボルネオマレーグマ保護センター(Bor… Read More »... ...続きを読む

ニュース記事一覧

アクセスランキング

  1.  
    1 位

    飛行機内でのマスク着用義務を解除

  2.  
    2 位

    個人での外国人訪日客の渡航、ようやく解禁=10 月11日から

  3.  
    3 位

    コロナ陽性者の対応ルール「年内はそのまま」

  4.  
    4 位

    新たな格安航空 年内に運航を開始へ

  5.  
    5 位

    KL中心部の高層ビル建築現場 外国人が死亡

広告(PR)

SNS

関連メディア

TOP