ペナンの養豚場26カ所、廃棄物を川に垂れ流し -2020/10/18

ペナン州政府は10月15日、州内にある養豚場26カ所が糞便などの廃棄物を直接川に垂れ流していたことを明らかにした。州農業技術・食品安全委員会のノルレラ・アリフィン委員長が州議会で述べたが、垂れ流していた時期については明らかにされていない。
 
委員長によると、スブラン・プライ市役所が裁判所に養豚場の所有者について問い合わせており、近く起訴する方針のようだ。
 
同市では数年前から養豚場から廃棄物が流され、市民団体が環境品質法に基づき起訴するよう当局に求めてきた。川周辺は臭気が漂っているという。
 
一方、同州議会は先に「ペナン州2020年養豚場法」が可決させた。来年から施行される予定。内容は廃棄物の川への垂れ流しの禁止や場内への下水池の設置の義務化などが規定されている。
 
また、委員長は州内の養豚場の軒数は減少しているものの、養われている豚の数は増えていると指摘。現在ある養豚場のうち60%は飼育能力を超えているという。一方で、新たな養豚場の建設申請が120件に達していると明らかにしている。

関連ニュース

自己検査キット コンビニなどで販売開始-2021/11/02

2021/11/02 アレクサンダー・ナンタ国内取引・消費者相は11月1日、新型コロナウイルスの自己検査キットをコンビニエンスストアなどで販売を開始したと発表した。上限価格は一箱19・90リンギだが、6リンギ台で販売するところも出てきた。 10月28日現在で薬局など約2570カ所でキットを販売している。1日からはコンビニエンスストアやスーパー、ガソリンスタンドでも段階的に販売を始め、入手しやすくするように努めている。 同相は1日にクアラルンプール国際空港(KLIA)2のコンビニエンスストア「KKマート」を視察。ここでは1箱6・60リンギで販売を開始した。 同相によると、自己検査キットは現在54種類が市場に出ている。... ...続きを読む

「タイプーサム」でのココナッツ割りの儀式が今年も中止に-20...

2022/01/09 ヒンズー教のお祭り「タイプーサム」が今年は1月18日に予定されている。 この時期、ペナン島で本来行われる「ココナッツ割りの儀式」がコロナ禍の影響で今年も中止が決まった。祭りに付き物の軽食の屋台、「カバディ」と呼ばれる御神輿を運ぶ儀式も合わせて中止が決まった。あらかじめ登録された1,000人の信者が行列のルート上の5つの寺院のみで止まり、カバディを追うことになるという。 こうした状況を受け、ココナッツ商人は2年連続で大打撃を受けている。ある業者は昨年、10万個のココナッツを用意したがこれが全部無駄となり、20万リンギの損失となった。今年もほぼ同じような状況になるという。 「タイプーサム」の「タイ」とはヒンズー暦の10月のことで、「プーサム」とは満月とカニ座のプーサムの星座とが交わる日を指す。 ヒンズー教の信者が「善行と感謝」をスブラマニアム神へささげる日。この祭りは、インド本国では「危険すぎる」という理由で実施が禁止されているものの、シンガポールとマレーシアでは例年盛大に祝われる。... ...続きを読む

首相 国民のブースター接種完了でSOP緩和の意向-2022/01/26

2022/01/26 イスマイル・サブリ首相は1月25日、国民のブースター接種が完了した時点で標準運用手順(SOP)を緩和させたい意向を示した。ただ、保健省の勧告によるとも述べた。 首相は「SOPが厳しすぎると国内の観光に影響を及ぼす」と懸念。マレーシアは2020年3月18日から外国人観光客の自由渡航がまだ許可されていない。外国人観光客に対する措置を緩和した国もあることから、マレーシアも考慮すべきと主張した。 ただ、海外では感染が急拡大していることから、国境の再開に対しては慎重姿勢を示した。 一方で、首相はロックダウンとなる「活動制限令(MCO)」を今後発令する計画はないと強調。特に断食明け大祭(ハリラヤ)時の移動に制限を課すことはしないと改めて述べた。しかし、特定地区で感染者が増加した場合には「強化された活動制限令(EMCO)」で封じ込めるとも語った。... ...続きを読む
ship

マレー半島西海岸 密入国経路50カ所以上を発見-2022/02/16

2022/02/16 海洋警察第一管区のシャムソル・カッシム司令官は2月15日、スランゴール州からペラ州までの海岸で50カ所以上の密入国経路が見つかったと発表した。 同司令官によると、主なルートはスランゴール州クラン郡やサバ・ブルナム郡、ペラ州のウタン・マリンタン地区。密入国者は午後9時から午前3時の間に入ってくるという。インドネシアからボートでわずか4~5時間で来られる距離だという。 同司令官によると、1月から2月14日までの間に第一管区内から密入国したインドネシア人は188人。うち42人が女性。密入国を手助けしたマレーシア人とインドネシア人12人も逮捕されている。これまでにボート4隻も押収した。 密入国を図ったインドネシア人は1500~2000リンギを密入国業者に支払い、メイドやプランテーションなどで働けるよう斡旋してもらっていたという。... ...続きを読む
city

マハティール前首相、アンワル氏と倒閣目指す -2020/05/26

2020/05/26 マハティール前首相はこのほど、ムヒディン首相率いる内閣が非合法との認識を改めて示し、人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム総裁と協力して倒閣を目指す旨を明らかにした。 前首相は5月9日の政権交代2年を記念して、アンワル氏らと共同声明を発表していたが、その後に改めて現政権の合法性がないと批判した。両氏は「現政権をサポートするためにモラルや倫理を危険にさらすつもりはない」とも述べた。 マハティール氏は自身が創設した統一プリブミ党の会長であったが、団体登記局(ROH)によると、すでに会長職ではないという。ムヒディン首相は創設時から同党の党首として活躍しているが、首相になったことで党内は分裂状況に陥っている。同党の議員の一部はマハティール氏を支持しており、野党側はこれもあって同首相が下院で過半数を得ていないと主張する。 マハティール氏は18日に開かれた下院で首相への不信任動議を提出したものの、下院議長により審議を却下されている。 アンワル氏は19日にも「現政権は次の総選挙までは持たないだろう」との見通しを示した。任期の切れる2023年9月まで希望同盟(PH)をそのまま維持して、今後も現政権に対抗しているとも語った。... ...続きを読む

マレーシア旅券 査証なし渡航国数で世界5位に

2018/11/08  このほど発表された2018年グローバル・パスポート・パワーランキングによると、マレーシアの旅券は査証なしで渡航できる国数で世界5位となった。マレーシアの旅券では165カ国中161カ国を査証なしで渡航できる。マレーシア国籍保有者は161カ国中121カ国を査証なしで渡航でき、また40カ国で到着ビザで入国できる。このほかカナダや中国、米国、ロシアなど37カ国に対しては査証申請が必要との結果が出た。  出入国管理局のムスタファ・アリ局長は、マレーシアの旅券は高度なセキュリティーチップを採用しており、偽造が難しいと語った。世界各国に渡航しても各国の出入国管理局ではその履歴がすべてわかるという。  なお、日本の旅券はランキング3位で、163カ国で査証なしで訪問できる。内訳は122カ国が査証なし、41カ国が到着ビザとなった。ランキング1位はシンガポールとドイツだった。(Mtownおよび『サンデイリー』10月27日付)... ...続きを読む

LRT駅と徒歩で直結へ ガーデンズ・モールの歩道橋、まもなく開通

2019/10/17 クアラルンプール市内ミッドバレー地区のザ・ガーデンズモールとLRTクラナ・ジャヤ線のアブドゥラ・フクム駅を結ぶ約200メートルの歩道橋が10月中にも開通する。同モールを運営するIGB社が明らかにした。歩道橋の開通により、LRT駅からミッドバレー・メガモールまで徒歩で直結し、非常に便利になる。ミッドバレー・メガモールは1999年に開業したが、それから20年を経て、LRTと徒歩でつながることになった。 この歩道橋には屋根が付いており、同駅東側からクラン河を越えてモールにつながっている。 IGBによると、現在クアラルンプール市役所と消防救助局の承認待ちにあるという。安全性が確認されれば適合証明書(CCC)が発行され、供用開始となる運び。ただ、オープン時間は24時間ではなく、モールの開閉店時間に合わせるようで、正式開通時に歩道橋のオープン時間も発表するという。 ザ・ガーデンズモールや隣接のミッドバレー・メガモールに行くには、マレーシア国鉄(KTM)の電車でKLセントラル駅などから来られるが、本数が少ないという問題があった。また、LRT利用で行くにはアブドゥラ・フクム駅からKLエコシティ—通りを川沿いに歩いて迂回してモールに行くか、バンサー駅から無料のシャトルバスに乗る必要があった。... ...続きを読む

偽の勲章と称号販売で2人を逮捕

2017/11/30 ジョホール州警察は15日、偽の州の勲章や称号を販売していたとして2人をバトゥ・パハ市で逮捕したことを発表した。 逮捕されたのは40歳と57歳の容疑者で、さらに33歳のマレー人男性の行方を追っている。警察によると、容疑者らは今年初めから活動をはじめ、まず勲章や称号を欲しがりそうな人を見つけ、不法団体への登録料として2万リンギを請求。その後に偽の勲章や称号「ダトゥック」を一つ18万~28万リンギで売っていた。 犯人らは類似の勲章や偽の証明書などを作成して、これを「授与」していた。同州ではこれまで13件の被害届が出されており、被害総額は134万リンギに上る。(Mtown)... ...続きを読む

LRTとバスの乗客が陽性利用者に検査促す-2021/06/07

2021/06/07 公共交通機関運営のプラサラナ・マレーシアは6月5日、LRTクラナジャヤ線とバスの乗客が新型コロナウイルスの陽性だったことがわかり、利用者に対して検査するよう促した。 感染していたのは女性で3日午後に検査で陽性と判明。同社には保健省から新型コロナ関連アプリ「MySejahtera」の記録が通知された。 この女性は6月1日10時10分と午後5時23分にLRTユニバーシティ駅とアブドゥラ・フクム駅を利用。また、3日午前9時にLRTユニバーシティ駅からミッドバレー行きのバスに乗り、同日午後5時15分にはLRTアブドゥラ・フクム駅からユニバーシティ駅に乗車した。 公共交通機関の利用者が陽性と判明して、同社が検査の呼びかけをしたのはこれで3例目。... ...続きを読む

新規感染者数、1112人に=引き続き4けたに-2020/11/15

2020/11/15 保健省の発表によると、11月14日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は1112人となった。 累計感染者数は4万6209人まで増えている。また入院者の数は1万2131人となっている。輸入例は2人だった。 死者は2人増え、306人となった。 一方、退院者は803人で、これにより、累計の治癒者は3万3772人となった。 ICUの収容者は103人。呼吸器を43人が使っている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP