gambleギャンブル

「オンラインとばく」関連の税収減、年間約20億リンギに

ザヒディ・ザイヌル・アビディンZ通信・マルチメディア副大臣は、マレーシアが「オンラインとばく」によって年間約20億リンギの税収を失っていることを明らかにした。

同副大臣はザ・スターとの独占インタビューで、「政府は1953年のCommon Gaming Houses Actを改正し、賭け事やギフト提供を含むオンラインゲームを規制できるよう検討している」と述べた。

同氏は、マレーシアを含め、オンラインゲームはここ数年、世界中で非常に人気があり、プレーヤーに課金されるものも多いと指摘している。

関連ニュース

80万リンギ横領で起訴 元保健衛生官ら2人

2020/03/12 汚職取締局(MACC)ジョホール州支部は、同州の元保健衛生官ら2人を80万リンギ以上を横領した容疑で下級裁判所に起訴した。 49件にわたる横領容疑など起訴されたのは元保健衛生官(59)と元経理補の(34)の2人。 2人は2015年3月から2016年11月までの間に業者5社に架空の請求書を送らせて、物品が納入されたように見せかけていた。 2人は保釈金を払って釈放されたが、裁判所からはパスポートの返納を命じられた。... ...続きを読む
火事

ニライのゴルフ場 バギー120台が焼失-2021/02/05

2021/02/05 ヌグリ・スンビラン州ニライにあるスリエマス・ゴルフクラブで2月4日未明、バギー置き場で火事が発生し、バギー120台が焼失した。けが人はいなかった。 同日午前2時半ごろ、警備員が爆発音を聞いて駆けつけたところ、クラブハウスの1階にあるバギー置き場が燃えているのを発見。煙も充満していたという。 消防隊35人が駆けつけて消火活動をしたが、鎮火させるのに1時間を要した。 このゴルフ場のバギーはすべて焼失したが、出火原因はわかっていない。... ...続きを読む
sea

タワウに外国人5人が不法入国 3人が陽性-2021/07/29

2021/07/29 海事執行庁(MMEA)は7月28日、サバ州タワウ沖から不法入国しようとしたインドネシア人5人を逮捕したと発表した。新型コロナウイルスの検査を全員にしたところ、うち3人が陽性だったという。5人の年齢は15歳から58歳。 容疑者らが乗ったボートは、タワウ郡タンジュンバトゥ地区から南西2海里沖で同庁の警備船に発見された。ボートは警備船を振り切って猛スピードで逃走。しかし、運転を誤ってボートは転覆し、警備船に全員が救助された。 また、このボートを運転していたマレーシア人の17歳の男も不法入国を助けた容疑で逮捕された。... ...続きを読む
錠剤

3歳児が薬物中毒で意識不明

2022/06/23 クランタン州警察は6月21日、3歳の男児が薬物中毒となって意識不明で入院していることを明らかにした。 母親のいとこ(30)が薬物を摂取させた疑いがあるとして警察はいとこが所有する車を押収して捜査している。 事件はクアラ・クライ地区に住む男児が、母親のいとこ所有の車のなかで向精神剤とみられる錠剤を飲まされた可能性が高い。容態が悪化して搬送された病院で医師が薬物中毒になっていることを発見し、警察に通報して発覚した。 男児は現在コタバル市内の病院で治療を受けているが危篤状態だという。母親はガンの末期症状で治療中で、代わりにこのいとこが男児の面倒をみていたようだ。 警察はこの事件の後、クアラ・クライ地区で9人を麻薬関連容疑で逮捕。錠剤102錠を押収したという。このいとこが含まれているかどうかは明らかにされていない。... ...続きを読む

首相が隔離から解放、4日から業務再開-2020/06/04

2020/06/04 自主隔離に入っていたムヒディン首相が6月4日にも解放され、業務を再開する。保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は6月3日、明らかにした。PCR検査を再度行ったところ、陰性だったという。 首相は首相府職員が新型コロナウィルスに感染して接触していたため、5月22日から隔離生活を送っていた。 同じく隔離していた首相府職員35人も4日から業務を再開する。全員陰性だった。 条件付き活動制限令(CMCO)の期限が9日に迫っていることから、近日中に再びテレビで9日以降の措置について話すと見られる。... ...続きを読む

ペラ州のジカ熱感染者が死亡 感染元は国内との見方=保健省

2019/10/31 ペラ州でジカ熱に感染した男性(30)が10月13日に死亡した。保健省のノール・ヒシャム事務次官が発表した。 ジカ熱の感染者は2016年以来3年ぶりの発見で、今年初のケースだった。男性は9月末に嘔吐と下痢を催して入院。その後も容態がよくならないことから、再び検査をしたところ13日にジカ熱の陽性反応が出たという。 同省は感染ルートについて調べているが、事務次官は「地元で感染した可能性が高い」と述べた。 事務次官によると、1960年代にもパハン州ベントンでジカ熱に感染した人がおり、今回も海外での感染ではないと示唆した。今回死亡した男性はペラ州マンジュン郡の病院に入院していた。 マレーシア国内で最後にジカ熱患者が確認されたのは2016年12月。この年には8人に感染が確認されたが、この年以来、感染者は出ていなかった。 ジカ熱は、デング熱と同じルートでヒトスジシマカを媒介して感染する。潜伏期間は刺されてから3〜12日ほどで、発症すると発熱や発疹、頭痛、筋肉痛などの症状が出る。... ...続きを読む

自動車教習所など再開条件の詳細-2021/02/12

2021/02/12 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は2月11日、自動車教習所や航空訓練センターの再開を12日から許可すると発表した。  自動車教習所の営業時間は午前7時30分から午後8時30分まで。講習や実地試験の再開が認められた。  実地試験については指定された時間のみの参加とし、人混みとなる順番待ちは認められない。教習所のカウンターのいすは1メートル以上の間隔を確保するよう要請された。  また、講習中や試験中もマスクの着用が求められるほか、「フィジカル・ディスタンシング」も義務付けられる。訓練や試験で利用する車の消毒も定期的に行なうよう教習所に求めた。  一方、航空訓練センターは操縦士や航空整備士、乗務員などの訓練が認められた。マレー半島と東マレーシアを訓練で往復する場合は各州の安全保障協議会のガイドラインに沿うことを求められている。訓練目的で州を越える場合は訓練機関から許可証を取得する必要があるとしている。... ...続きを読む

15日から夜市など時間限定で再開へ -2020/06/07

2020/06/07 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は6月6日の会見で、夜市や朝市、バザールなどを15日から営業時間限定で再開させると発表した。 営業時間は、▽朝市とオープン・マーケットは午前6時~午前11時▽夜市は午後4時~午後10時▽バザールは午後5時から午後11時。 これらマーケットでの人の流れは一方通行であることを求め、人混みを作らないことが条件。また、出店業者は政府の濃厚接触者追跡アプリ「MySejahtera」をダウンロードして使用することも求められている。... ...続きを読む

新規感染者数、629人に=サバ州で489人 -2020/10/17

2020/10/17 保健省の発表によると、10月16日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は629人となった。サバ州で489人と引き続き感染が収まらないほか、セランゴール州でも引き続き50人もの感染が確認された。クアラルンプールでも10人が見つかっている。輸入例は2人だった。 累計の感染者は1万8758人、現在6323人が入院している。死者は6人増え、176人となった。 一方、退院者は245人で、累計の治癒者は1万2259人となった。罹患率は65.4%。 ICUでは99人が治療を受けており、呼吸器を使っているのは31人に上っている。... ...続きを読む

コインランドリーの洗濯機に猫3匹の死体-2020/07/14

2020/07/14 クアラルンプール市内クポン地区にあるコインランドリー店で7月12日午前、洗濯機から猫3匹の死体が発見された。警察は2015年動物福祉法容疑で犯人の行方を追っている。   死体は同日午前9時半ごろ、洗濯のために訪れた女性が発見。洗濯機3台にそれぞれ猫の死体が1匹ずつ入っていた。 通報を受けた警察は備え付けの防犯カメラを確認すると、同日午前5時半ごろに男が猫を洗濯機の中に押し込んでいる映像が写っており、男の身元の捜査を始めている。猫の死因については保健当局が調べている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP