シンガポール、対マレーシア入国規制を緩和-2021/10/26

シンガポール、対マレーシア入国規制を緩和-2021/10/26
シンガポール保健省は10月23日、新型コロナウイルス抑制のために行っている入国規制について、緩和対象の国・地域の拡大について明らかにした。 今回の発表では、最も厳しい「カテゴリー4」に入っていたマレーシアが「カテゴリー3」に移されたのが目をひく。実施は27日からで、マレーシアからシンガポールへの入国に適応となる。 具体的には、事前申告した滞在先にて10日間の隔離が必要。隔離終了の際にはPCR検査も求められる。ただし、チャンギ国際空港到着時のPCR検査および、隔離3、7日目の抗原迅速(
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

ジョホール州、4期目に移行=25日実施-2021/10/24

ジョホール州、4期目に移行=25日実施-2021/10/24
イスマイル・サブリ首相は10月22日、新型コロナウイルス感染拡大からの出口戦略である「国家復興計画」の段階移行について発表した。なお、今回の発表に伴う標準運用手順(SOP)の変更は無い。 それによると、ジョホール州とトレンガヌ州を3期目から4期目に移行する。なお施行は10月25日からとなる。 これにより、「3期目」に据え置かれているのは、ペナン州、クダ州、ペルリス州、ペラ州、クランタン州および東マレーシアのサバ州、サラワク州の7州となっている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース コロナウイルス(Covid-19)情報

サバ州 20日からブースター接種を開始-2021/10/20

サバ州 20日からブースター接種を開始-2021/10/20
サバ州では10月20日から新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種(ブースター接種)が行われる。 医療関係者や感染リスクの高い高齢者を中心にまずは始める。2回目の接種を終えてから6カ月が過ぎた人が対象。ブースター接種にはファイザー製ワクチンが使われると同州政府は述べた。 国内のブースター接種はすでにサラワク州で始まっており、今後順次各地でも行われる予定だ。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

保健省 反ワクチン接種団体との会談に意欲-2021/10/19

保健省 反ワクチン接種団体との会談に意欲-2021/10/19
保健省のノール・アズミ副大臣は10月18日、ワクチン接種を拒否している団体と会談したい意向を示した。国会の審議で話した。 同副大臣は、「ワクチン接種を拒否している人たちに対して臨床試験などに基づいたワクチンに関する情報が正確に伝わっていない」との見方を示し、直接話して納得させたい考えだ。カイリ・ジャマルディン保健相も参加する予定としている。 一部の反ワクチン接種団体は同省のサイトのワクチン情報などを悪用して偽の情報を流布しているとみられる。同副大臣は「偽情報を流した場合は処罰の対象と
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

ワクチン接種拒否者にさらなる規制へ=保健相-2021/10/18

ワクチン接種拒否者にさらなる規制へ=保健相-2021/10/18
カイリ・ジャマルディン保健相は10月16日、ワクチン接種を拒否する人たちに対して接種を受け入れるよう強く求めた。 同相は「今後、ワクチン接種を拒否する人たちは日常生活がより困難なものになるだろう」と警告。 ワクチン接種をしていない人は今後もレストランでの飲食やショッピングモールへの入館はできないと説明。さらに、今週にも「国家検査戦略」が発表され、週次検査を義務付け、検査費用は自己負担になるとも述べた。健康上の理由で接種できない人は対象外となる。 政府はワクチン接種の義務化にまでは踏み込まな
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

SOP改定 配車サービスの乗車人数は定員に-2021/10/15

SOP改定 配車サービスの乗車人数は定員に-2021/10/15
イスマイル・サブリ首相は10月15日、標準運用手順(SOP)の改定は発表した。詳しくは下記の通り。 ・高速道路のサービスエリアは24時間(16日から適用)。 ・配車サービスの自動車の乗車人数は定員通り(16日から適用)。 ・インターネットカフェは3期目の地域では収容人数の80%、4期目の地域では100%まで認める(17日から適用)。 ・ビジネスイベント(MICE)は3期目と4期目の地域で18日から可能とする。ただし、マスクの着用と人との距離を保つ頃、施設内での収容人数は50%までとする(
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

マレーシアでの隔離期間 7日に短縮-2021/10/15

マレーシアでの隔離期間 7日に短縮-2021/10/15
イスマイル・サブリ首相は10月15日、入国後の強制隔離期間をワクチン接種完了者に対しては7日に短縮すると発表した。ワクチン未接種者に対しては10日の隔離期間とする。 隔離場所は自宅または政府指定の施設としている。 また、マレーシア国内で濃厚接触者と認定された人に対する隔離期間も短縮される。これまで14日だったが、ワクチン接種完了者は7日、未接種の人は10日となる。こちらは18日から適用される。
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

自己検査キット 月内にスーパーなどで販売-2021/10/15

自己検査キット 月内にスーパーなどで販売-2021/10/15
アレクサンダー・ナンタ国内取引・消費者相は10月14日、新型コロナウイルスの自己検査キットを一部のスーパーマーケットやチェーンストアで今月中に販売を開始することを明らかにした。  販売されるのは抗原迅速検査キットで、より多くの人が簡単に手に入れられるようにしたい考えを示した。さらに、その他の店舗や施設でも提供できるよう現在、保健省と協議しているとも説明した。  現在市販されている抗原迅速検査キットは約900万個がすでに市場に出回っている。   政府は現在、上限価格を設けているが、メーカーな
post in コロナウイルス(Covid-19)情報

サバ州 州間移動許可は11月から-2021/10/14

サバ州 州間移動許可は11月から-2021/10/14
サバ州のハジジ・ノール州首相は10月13日、州間の移動は11月1日から認めると発表した。11月からは観光業の再開もできる。 14日からはワクチン接種を終えた大人のみ州内の地区間の移動を認めるとした。ただ、12歳から18歳の子どもで未接種の場合は移動を認めない。12歳以下の場合は両親がワクチン接種を終えていることと同伴が条件となる。 同州のワクチン接種率は低く、10月11日現在で成人人口の70%をようやく突破したばかり。 全国の州越えの移動は11日から認められたが、同州のみワクチ
post in コロナウイルス(Covid-19)情報