*週末の読み物*専門家「首都圏CMCOの期間延長が必要」-2020/10/18

首都圏における「条件付き活動制限令(CMCO)」が10月14日から導入されたが、専門家らの間では、今後の見通しが掴めず、期間の延長を促す声も出始めている。
 
伝染病学専門でマラヤ大学のアワン・ブルギバ副学長は「9月27日以前の感染者数は約400人に達し、そのうち60%はサバ州から戻ってきた人だった」と指摘。すでにウイルスは知らぬ間に広がっている可能性が大きく、「すでに遅い。馬が逃げ出した後に馬小屋のドアを閉めるようなものだ。濃厚接触者を全員追跡するのはもはや困難」との見方を示した。「直面している状況は以前とは少し異なる」とも述べ、「感染者数を減少させて行くにはCMCOの2週間は短すぎる」とし延長が必要との認識を示した。
 
セランゴール州について「SOPを守り続ければ、少なくとも4~6週間後に感染者数は減るだろう」との見解を示した一方で、サバ州の状況については「まだ森の中からは脱していない。向こう2週間が正念場」と指摘。ピークにはまだ達しておらず、2週間以内に感染者数が落ち着いて減少すれば、6~8週間以内に改善して行くだろうと述べ、CMCOの解除は先になる可能性を示唆した。
 
マレーシア医療協会のスブラマニアム・ムニアンディ会長は現在のCMCOの導入に賛同する一方で、「2週間以内に改善が見られなければCMCOの延長あるいは追加の制限措置が必要」とも述べた。政府には状況をみて措置を調整するよう求めた。
 
伝染学者でマレーシア・プトラ大学のマリナ・オスマン准教授は「今後数週間で感染者が3桁に達する地域も出てくる恐れがあるので、(現在の)第3波が新年に突入するかどうかも言うことができない」と述べた。サバ州については今後も新たなクラスター感染が増え、収束が見通せないとも指摘した。

post in マレーシアの政治/社会ニュース コロナウイルス(Covid-19)情報 Mtown editor’s column

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

【新着】1日の新規感染者数、ついに2000人超に-2020/11/25 保健省の発表によると、11月24日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は2188人となった。1日の新規感染者数が2000人を超えるのはこれが初めて
【新着】サバ州から他州へ移動時の隔離を廃止-2020/11/25 アダム・ババ保健相は11月24日、サバ州から他州に移動する人に対する14日間の隔離義務を廃止すると発表した。 ただ、サバ州を出発する3日前までにPCR検査
【新着】保健省、グリーンゾーンの感染防止ガイドライン検討-2020/11/25 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は11月24日、新型コロナウイルス感染者のいない全国のグリーンゾーンで感染者を発生させないためのガイドラインの作成を
【新着】マレー半島 27日まで豪雨に警戒を=気象局-2020/11/25 マレーシア気象局は、マレー半島各地で11月27日まで豪雨が続くとの予報を出し、市民に警戒を強めるよう求めている。 クランタン州やトレンガヌ州、パハン州では
新規感染者数、過去最多の1884人に=手袋工場のクラスターが原因-2020/11/24 保健省の発表によると、11月23日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は1884人とに達し、過去最多を記録した。 これはセランゴール州にある
出入国管理局職員34人 文書偽造などで逮捕-2020/11/24 汚職取締局(MACC)はこのほど、全国の出入国管理局職員34人を外国人の不法滞在や不法入国の手助けのため文書を偽造していたとして逮捕した。また、21日にもさらに
バンサー通りの遺体 外国人と判明-2020/11/24 クアラルンプール市内のバンサー地区近くのジャラン・バンサー上で11月19日早朝に遺体が発見された事件で、ブリックフィールズ地区警察は遺体が25歳のパキスタン国籍
最大手手袋メーカー 集団感染で操業停止命令-2020/11/24 政府は11月23日、世界最大手の手袋メーカー、トップ・グローブに対して大小28の工場を操業を停止する命令を出した。同社の新型コロナウイルスの感染者数がこれまでに

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品