JBまでの鉄道電化と複線化 2022年10月に完了-2020/06/23

ムスタパ・モハメド首相府相(経済担当)は6月22日、ジョホール州グマスからジョホール・バル間の複線化事業は2022年10月までに完了するとの見通しを示した。

当初は2021年10月に完了する予定だったが、これまでに土地の買収計画が3月に発布された活動制限令(MCO)の影響もあって1年の遅れが出ているという。追加の費用は発生しない見通し。なお、工事の進捗はすでに60%が完了しているという。

同プロジェクトは、全長192キロの電化複線化計画で、総額95億5000万リンギが投じられる。

複線化の完了でマレー半島西海岸線の複線化が完了したことにもなり、クアラルンプールからジョホール・バル間が3時間半で結ばれる。

この事業は2000年ごろから計画として持ち上がったが、なかなか進まず、2008年末から入札が開始される予定だった。しかし、その後も紆余曲折を経て2015年に入札が行われ、中国企業が落札。工事は2016年から始まり、当初は2021年初頭に完了するはずだった。

post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

1年は国内経済回復に注力=通産相-2020/07/13 アズミン・アリ通産相は7月10日、向こう1年は国内経済の回復に政府は注力していくだろうと述べた。   中央銀行バンク・ヌガラ(BNM)は先に、今年の経済成長
大手ゴム手袋メーカー 人手不足で生産追いつかず-2020/07/13 ゴム手袋製造で世界最大手のトップ・グローブは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療現場で使用されるゴム手袋の生産が追いつかず、政府に外国人労働者の入国緩和を
6月のホテル稼働率、30%超に -2020/07/11 ナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相は、6月の全国のホテル稼働率が30・74%に達したことを明らかにした。同相は「6月に入って人々が外出するようになった現れ」と
「第三の国民車」事業は続行=通産相-2020/07/07 アズミン・アリ通産相はこのほど、マハティール前政権が掲げた「第三の国民車」事業を続行すると述べた。 同相は、国民車メーカーのプロドゥアに対し「第三の国民車
セランゴール州で鶏肉不足、価格も高騰-2020/07/05 国内取引・消費者省セランゴール州支部は7月4日、同州内で鶏肉が不足し、価格が高騰していると述べた。供給不足を早く解決したい意向も示している。 同支部による
5月の貿易額は28%減に、収支は黒字に回復-2020/07/01 マレーシア統計局は6月29日、5月の貿易額が前年同月比27・8%減の1150億リンギとなったと発表した。前月比では13・7%減っている。5月の貿易収支は、4月の
**週末の読み物** 今年のGDPマイナス3・1%=世銀予測-2020/06/28 世界銀行は6月25日、今年のマレーシアの国民総生産(GDP)はマイナス3・1%に落ち込むとの見通しを示した。毎年発表される経済報告書『マレーシア経済モニター』の
衣料品店などの試着室の利用を許可=上級相-2020/06/27 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は6月26日、商業施設の衣料品店などにある試着室の利用を許可すると述べた。試着室は密室となるため、店の再開後も利用が禁じられてい

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品