東海岸鉄道、ついにルートとコストが確定-2021/12/06

クランタン州コタバルと首都圏を結ぶ東海岸鉄道(ECRL)について、スランゴール州が同鉄道の州内敷設を承認したことで、ルートが確定した。併せて建設費は502億7000万リンギとすることで決定した。ウィー・カーション運輸相が12月2日、明らかにした。

ECRLは2017年に着工、クランタン州コタバルと首都圏を結ぶ鉄道路線。線路は標準軌を採用し、列車は時速160キロで走る。今回のスランゴール州政府によるルート決定を受け、の59本のトンネル(全長61km)と高架区間全長127kmを含む665kmのECRL路線の建設が最終的に確定されるという。

なお、敷設に当たってはマレーシア・レール・リンク(MRL) が事業体となり、建設は中国交通建設股〓有限公司 (CCCC)が手がける。

2018年の政権交代時に一旦、工事が止まったが、2019年に再開したものの、コスト削減のためのルート変更が検討され、一時はヌゲリ・スンビラン州を通るルートが有力となっていた。現在、クアラルンプールから東海岸へ鉄道を使って行くには、一旦ジョホール州に行って乗り換える必要があるが、ECRLが開通すると直接首都圏と東海岸が結ばれ、大きな経済的効果が見込まれている。

ECRLの工事区間でスランゴール州を通る「セクションC」は、メンタカブからゴンバックまでのセクションC1と、ゴンバック~セレンダ~ポートクランまでのセクションC2で構成される。

コストの計算に当たっては、2台の最新式トンネル掘削機(TBM)を使用した16.39kmのゲンティン・ツイン・トンネルと、発破と掘削による14.10kmのセレンダ・トンネルの建設工事を考慮。また、旅客用電車および機関車、貨物サービス用の貨車の購入費用も含まれるという。

東南アジアの標準軌による鉄道をめぐっては、かねて中国がラオス~タイ~マレーシア~シンガポール間を結ぶ直通ルートの開拓に意欲を見せている。

さる12月2日には、中国国内への電車、貨物列車の直接乗り入れが可能な「中国ラオス鉄道」がラオスの首都・ビエンチャンとラオス・中国国境間に開通。中国の巨大インフラ構想「一帯一路」の一大プロジェクトとして大きな一歩を踏み出した。

post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

12月のインフレ率、3.2%上昇も前月からわずかに減速-2022/01/22 マレーシア統計局は1月21日、2021年12月のインフレ率が前年同月比で3.2%上昇したと発表した。引き続きガソリン代の大幅上昇が響いた格好だが、11月の2.3
12月の新車販売台数、前年から5.4%減少-2022/01/22 マレーシア自動車協会(MAA)が発表した2021年12月の会員企業による新車販売台数は前年同月から5.4%減少し、6万5,184台となった。 うち、乗用車
昨年の新車販売台数、予測を超える50万台超に-2022/01/21 マレーシア自動車協会(MAA)は1月20日に行った会見で、昨年1年間の会員企業による新車販売台数は50万8911台となり、前年2020年より3.9%、台数にして
中銀、政策金利を1.75%に据え置き=市場予測通り-2022/01/21 中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は1月20日、政策金利である翌日物政策金利(OPR)を1.75%に据え置くと発表した。これは、金融アナリストによる
PN17指定のエアアジア、「財務事情の安定に兆し」-2022/01/19 先にマレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)から、ブルサ上場規則でプラクティスノート17(PN17=資金難企業)に指定された格安航空会社(LCC)エアアジアに
新たに超格安航空会社がマレーシアに登場へ-2022/01/19 マレーシア航空委員会(MAVCOM)がこのほど、超格安航空会社(ULCC)を目指すMYAirlineという新たな会社に認可を下ろしたようだ。近く同社のフライトが
プランテーション部門への外国人労働者採用が再開へ-2022/01/18 サラバナン人的資源相は、特例措置によるプランテーション部門における外国人労働者の採用のためのオンライン申請が1月28日からウェブサイトを通じて開始されると明らか
星UOB、米シティのマレーシアリテール事業などを取得-2022/01/16 シンガポールの金融大手ユナイテッド・オーバーシーズ・バンク(UOB、大華銀行)は、米シティグループが保有しているマレーシアほか、インドネシア、タイ、ベトナムにあ

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品