運転免許証と道路税の更新 制限令解除後に

ウィー・カーション運輸相は3月24日、運転免許証と道路税の更新については活動制限令解除後から30日以内に行うよう述べた。同相は先に道路交通局(JPJ)のサイト上で更新が可能としていたが、これを撤回した。理由は述べていない。
活動制限令中に運転免許証などの期限が切れてもそのまま運転できるとした。商業車の道路税についても同様の措置を取るとしている。ただ、保険については保険料を支払っていることが義務付けられるとも述べた。
自動車保険については、同相は運転する際は保険の「eーcover note」(電子保険引受証)または自動車保険証をもっているようにすることと述べた。
マレーシア損害保険協会(PIAM)のサイトでは25日、人との接触を避けるため電子決済で更新料や保険料を支払うよう求める通知を出した。協会は詳しくは各保険会社に問い合わせるよう求めている。

関連ニュース

制限令中の再開可能な特定分野を発表=通産省

2020/04/10 通産省(MITI)は4月10日夜、先にムヒディン首相が発表した28日までの活動制限令中に再開できる特定分野を「ツイッター」上でマレー語で発表した。特定分野は次のとおり。 ・自動車産業 ・機械設備産業 ・宇宙工学 ・建設プロジェクトとそれに関わるサービス ・研究開発を含む科学、専門、技術関連のサービス(石油ガス関連、新型コロナウイルス関連の研究開発および稼働を認められたセクターの検査ラボに限定) ・公認された伝統医療を含む衛生サービス ・金物店、電子電気関連商店、メガネ店 ・理容店(散髪のみ) ・ランドリー店(ただし、コインランドリーは不可) なお、稼働は許可制で、13日午前9時から通産省に対し申請する。該当の法人等は、同省が示した規定の順守を条件に許可が与えられる。 条件は次の通り。 1 活動制限令を順守すること 2 従業員を50%以下に減らすこと 3 営業時間は指定された時間に限ること 4 工場や店舗の入り口にて従業員や顧客の体温測定をすること 5 37.5度以上の従業員や顧客を見つけた場合は、保健当局に通報すること 6 感染防止を徹底すること 7 消毒液を使い、マスクを着用すること 8 工場や敷地内の消毒活動を1日3回実施すること 9 社用車の消毒をすること 10 人と人との距離を空けるためのガイドラインを独自に作ること 11 従業員の中に感染者が出た場合は会社の負担で治療をさせること 12 活動制限令中に働く従業員名リストを提出すること これらの規定に違反した場合は即座に許可が取り消される。... ...続きを読む
facemask

マスク上限価格、15日から1リンギに引き下げ-2020/08/14

2020/08/14 アレクサンダー・ナンタ国内取引・消費者相は8月13日、三層マスクの小売上限価格を15日から1枚あたり1リンギに引き下げると発表した。現行は同1・20リンギ。マスク1箱(50枚入り)あたりの上限価格は50リンギ。卸売上限価格は1枚あたり95センとなる。 同相は「低所得者層の負担を軽減することになるだろう」と語った。なお、上限を超えた価格で販売した場合、違反した企業に対して最高50万リンギ、個人に対しては10万リンギまたは禁固刑最長3年の処罰となる。 三層マスクの価格は3月に活動制限令(MCO)が導入された際、1枚あたりの実勢小売価格が0・80リンギだったのが2リンギにまで跳ね上がった。政府はこれを受け、4月から上限価格を1・50リンギに設定。7月にはマスク着用義務化の決定に伴い、1・20リンギに引き下げている。... ...続きを読む

ショッピーの倉庫内でSOP違反 罰金を納付-2021/07/08

2021/07/08 大手電子商取引のショッピーの倉庫で標準運用手順(SOP)を順守していなかったことがわかった。 スランゴール州シャーアラムにある同社の倉庫に同地区警察が7月3日に「強化された活動制限令(EMCO)」に基づく査察を行った。 同社の声明によると、日雇いのアルバイトを通産省(MITI)の新型コロナ管理システム(CIMS)に登録に関して問題を指摘されたという。アルバイトの登録を行っていなかったようだ。同社はすでに罰金1万リンギを納付したと説明した。 倉庫内では消毒などを行い、SOPの順守も徹底するとも表明。これまでに業務に影響は出ていないとも述べた。... ...続きを読む

政府、モールへの子連れの禁止を検討

2020/05/11  イスマイル・サブリ上級相兼国防相は5月11日、ショッピングモールや店舗などに子どもを連れて行くことを禁じる規定を検討することを明らかにした。  今月4日に「条件付き活動制限令」(CMCO)が発令され、多くの店舗が再開するようになった。しかし、依然として新型コロナウイルスに感染する可能性は高い。上級相は「多くの家族が子どもを連れて人手の多いモールにでかけている」と述べ、子どもをウイルスの危険にさらしていると批判した。  現在の感染症防止管理法では子連れに関する規定はないため、取り締まることはできないが、「子連れが多ければ規定を改定せざるを得ない」として禁止項目に盛り込むことを検討すると述べた。... ...続きを読む
house

外国人入国者に隔離費用全額を請求へ-2020/09/25

2020/09/25 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は9月24日、外国人入国者に対し、14日間の隔離措置に関わる費用全額の負担を求めると明らかにした。 これまでこうした費用負担は、外国人船員にのみ求めていたが、今回の決定でその対象が入国する外国人全員に拡大されたことになる。一方、マレーシア国民の帰国者は宿泊費のみの支払いで良い。 実施は同日からで、外国人入国者は宿泊にかかる費用(3食付き)として2100リンギ、運営費用として2400リンギを支払うことになる。なお、部屋を夫婦等がシェアする場合、宿泊費は応分できる他、同室する6歳以下は無料としている。 政府は外国から入国者への14日間の隔離措置について当初、自宅などでの自主隔離も認めていた。しかし、ルールを守らない人が続出したほか、隔離措置を無視した入国者が発病し、クラスターが発生する事案もあったことから、7月24日から政府指示による隔離を義務付けている。... ...続きを読む

マレー半島各州に移動式接種センターを配置-2021/07/19

2021/07/19 ハリマー・モハメド国民統合相は7月17日、今後マレー半島各州にバス25台による移動式ワクチン接種センターを段階的に配置していくと述べた。同相はジョホール州クルアン郡の移動式ワクチン接種センターの開設式で明らかにした。 バスによる接種センターは主に地方に派遣する。接種センターから遠い距離にある農村部の住民を中心に接種する。 政府はこれまでもトラックによる移動式接種センターも派遣している。同相によると、移動式ワクチン接種プログラム(MOVAK)を利用してすでに接種した人は3万8000人を越えた。 政府は製剤会社からのワクチンの供給量が今月にも1400万回分に達することから、移動式接種センターでもさらなる接種者を増やしたい方針だ。... ...続きを読む

1日の感染者数4000人以下でSOPを緩和へ=上級相-2021/06/14

2021/06/14 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は6月13日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数が4000人を下回った場合は現在の標準運用手順(SOP)を緩和させる方針を示した。13日の新規感染者数は5304人。 同相によると、保健省は1日あたりの新規感染者数を4000人にまで下げることを現在は目標にしており、感染率の減少に全力を上げる。感染者数が減ってきた場合は国家安全保障協議会(MKN)の特別会合でSOPの緩和内容について議論する。 ただ、同相は「これはMCOを解除することではない」と述べ、SOPの緩和は小規模にとどまるとの見通しも示した。 同相はまた、「来週には4000人以下に下がることに期待したい」とも述べた。... ...続きを読む
sightseeing

外国人入国禁止解除は最終段階で=保健相-2020/07/13

2020/07/13 アダム・ババ保健相は7月12日、「外国人の入国を認める措置は、新型コロナウイルスとの戦いで最後の段階になるだろう」と述べた。   また、現在の新型コロナウイルスの新たな感染者は帰国者から見つかることが多いため、「国境の再開については輸入症例数が減り続けなければ検討することは難しい」とも語った。   シンガポールとの国境再開について、先に政府内で検討されたが、これも8月上旬に決定するとしており、全面的な国境再開はまだ先になりそうだ。... ...続きを読む
DATUK_SERI_ISMAIL_SABRI_YAAKOB

【速報】5州が2期目に移行へ 5日から措置を緩和-2021/07/03

2021/07/03 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は7月3日、新型コロナウイルスの感染者が減っている5州を「国家復興計画」の2期目に移行させると発表した。 対象となる5州はペルリス、ペラ、クランタン、トレンガヌ、パハン。 2期目ではこれまで制限されていた経済セクターがさらに再開できるようになる。理髪店などが再開できるほか、必須セクターにおける出勤率を60%から80%まで引き上げられる。 また、今後感染者数の減少など3項目がクリアした州は順次、2期目に移行させていく考えも同相は示した。... ...続きを読む

ラブアン島のCMCO、12月6日まで再延長-2020/11/14

2020/11/14 イスマイル・サブリ上級相兼国防相は11月13日、ラブアン島に発令されている「条件付き活動制限令(CMCO)」を12月6日まで再延長すると発表した。ラブアンでのCMCOは、10月16日に同月30日までの期間で導入されたが、その後に11月13日まで延長されていた。   同島では12日も35人の新型コロナウイルスの新規感染者が出ており、感染者総数は1135人に達している。今後も感染が拡大する可能性があり、保健省の助言で再延長することを決めた。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP