soccer

川崎フロンターレ、AFC決勝トーナメント進出賭け最終戦へ

サッカーのクラブチームアジア最強を競うAFCチャンピオンズリーグに参戦しているJリーグの川崎フロンターレは4月30日、ジョホール・バルのラーキン・スタジアムでグループIの第6節(最終戦)を戦う。相手は広州恒大だ。

同グループは、韓国の蔚山現代と川崎Fが順当に勝ち抜くとの予想もあったが、目下のところ地元のマレーシアスーパーリーグ1位のジョホール・ダルル・タクジムFC(JDT)が「ホーム」の利を生かし、同グループで1位となっている。川崎Fは前節の蔚山現代戦を2-3で落とし、現在はグループ3位。したがって、最終節の広州戦は勝利が必至となっている。

なお、アジア各地で行われているAFCチャンピオンシップでは、日本勢では浦和レッズとヴィッセル神戸が決勝トーナメントへの進出が決定。日本を含む東地区は4チームずつ5つのグループに分かれてリーグ戦実施。首位5チームと2位のうち上位3チームが決勝トーナメントに進むことになる。

関連ニュース

ペラ州の生産棟が完成 村田製作所、部品需要の増加に対応

2020/02/27 村田製作所(本社・京都府長岡京市)は2月12日、ムラタ・エレクトロニクス(マレーシア)がペラ州バトゥ・ガジャで建設を進めていた生産棟が竣工したと発表した。 建設は2018年10月に開始。構造は、地上3階建て、塔屋1階となっており、延床面積は2万3007平方メートル。建物建設にかかった投資額は40億円に達したという。 竣工について、「スマートフォンをはじめとする高機能化が進展するモバイル機器向けや、電装化が進む自動車向けの電子部品需要の増加に対応するため、生産能力の増大が目的」としており、さらなる需要拡大へ対応できる体制を構築する意向を示している。... ...続きを読む

日本食品輸出商談会始まる=JETRO、オンラインで実施-2020/12/09

2020/12/09 日本貿易振興機構(JETRO)では、「クアラルンプール日本産食品輸出オンライン商談会 2020」が始まった。期日は、12月7〜11 日、14日、16日の計7日間となっている。 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、世界的に見本市・商談会の中止・延期などの措置が取られたことにより、新規商流獲得に向けた商談機会の確保は、バイヤー及びサプライヤー双方の営業課題となっている。 このような状況を受け、今回のイベントでは新しい日本産食品との出会いを求めるマレーシアバイヤーと、マレーシア市場への新規参入・商流拡大を目指す日本企業に対して、オンラインでの商談機会を提供する。 今回は、マレーシア側のバイヤー20 社・日本企業 73 社の参加となり、JETROクアラルンプール事務所が実施する総合食品商談会として、 参加する日本企業数は過去最大となっている。 コロナ禍ではマレーシア食品市場における需要の変化も見られる。当地の食品市場関係者からは、 活動制限令(MCO)下における自炊需要の拡大、オンライン販売・デリバリー等のeコマース市場の伸張、免疫力向上等に対する健康志向の更なる高まり、海外旅行や娯楽制限に伴う日本産高級食材への消費傾向のシフト等の声が聞かれる。 今回の商談会は、こういったマレーシアの最新市場ニーズに基づき、インスタント・レトルト・冷凍食品、調味料、3納豆・日本茶など健康食品、アルコール・菓子など嗜好性の高い食品、ハラール和牛、 水産物・水産加工品の6項目を重点品目に位置づけ、コロナ禍におけるニーズを的確にとらえた日本食品の更なる市場参入を目指す。... ...続きを読む

日本企業の対マ投資「より多様化へ」=岡大使、地元メディア...

2020/10/12 在マレーシア日本大使館の岡浩大使がこのほど行われた、ベルナマ通信の取材に対し、日本企業による投資について、「投資先としてのマレーシアへの信頼を再認識、投資分野が多様化している」との見方を述べた。同通信が10月4日伝えた。 岡大使は、日本企業がマレーシアで過去数十年に渡里、電気・電子関連事業に集中してきたものの、「近年は健康、医療機器製造、デジタル技術、ハラル食品といった新しい分野への投資も進んでいる」と指摘。 三井物産がIHHヘルスケアに対し、追加出資を行った例、あるいは医療機器製造会社が初の海外工場をマレーシアに設立した例などを挙げ、これらの分野は日本企業がマレーシアへの新たな投資先になっているとしている。 日本企業は1970年代からマレーシアに進出、80年代には当時のマハティール首相が提唱した「ルックイースト」により、東レや日立、ソニー、パナソニックといった企業がマレーシアに製造拠点を開いた。 マレーシアで運営中の日本企業は現在約1500社に達し、これらの企業はこの国の工業化に貢献したとし、「マレーシアの輸出高の40%は電気・電子産業から生み出されているが、これこそ日本が長年に渡って海外直接投資(FDI)を行なってきたものによる」と述べている。 岡大使はさらに、「マレーシアでも新型コロナウイルスによる影響で厳しい雇用のカットが行われているが、日本企業は活動制限令(MCO)の時期をしのぎ、34万人もの地元製造業従事者らの雇用を維持してきた」と説明している。... ...続きを読む

日本大使館、領事部現地職員を募集-2022/03/22

2022/03/22 在マレーシア日本大使館では、領事部現地職員(非常勤)を募集している。 応募者は3月24日までに大使館の領事部宛に、日本語の履歴書(写真付)、身分証明書またはパスポート(顔写真の頁とビザの頁)のコピーをメールすること。 応募資格はマレーシア国籍者またはマレーシアで就労可能な滞在資格を有する者で日本語能力検定1級程度の高度な日本語力を持つ者。業務は日本語(一部英語)での領事事務(旅券、査証、証明書、在外選挙等)業務で、勤務期間は4月1日から6月末となっている。詳細は大使館のホームページで確認できる。 領事部現地職員(非常勤)の募集要項はこちらから... ...続きを読む

中国伝統医療のクリニック導入 イオンウェルネス3店舗で開始

2019/06/20 イオンマレーシアは6月7日、同社直営のドラッグストア「イオンウェルネス」内に中国伝統医療を用いたクリニックを設けると発表した。これは、中国伝統医療の専門的な知識と技術を持った施術者を擁する1TCMが運営するクリニックをイオンウェルネスの店舗内に置くもので、まずは3店舗で開設するが、さらなる同形態の店舗網拡大を目指す。 中国伝統医療とは、数千年前より中国で行われている健康改善や治療を行うもので、鍼灸療法、漢方薬などを用いる。... ...続きを読む

省電舎とSAID、バイオマス燃料で代理店契約を締結

2016/09/09 省電舎(本社・東京)は8月29日、マレーシアのサウス・アジア・インターナショナル・ディストリビューション(SAID)とバイオマス燃料であるパーム椰子殻(PKS)の販売代理店契約を締結したと発表した。   省電舎は、再生可能エネルギー事業を主軸として事業推進しており、PKSを海外から調達し国内のバイオマス発電事業者様向けに供給するバイオマス燃料事業の事業化を推進している。これまでインドネシアからの調達をもとにサプライチェーン構築、事業化を推進していたが、2017年以降に見込まれる需要増大および長期契約指向に鑑み、安定供給力、品質管理能力を備えたPKS供給事業者であるSAID 社との協力体制確立のため、今回販売代理店契約を締結した。... ...続きを読む

日本とマレーシア「物流政策対話」を開催-2022/02/08

2022/02/08 国土交通省は2月3日、「日マレーシア物流政策対話」をWEB会議形式で1月27日に開催したと明らかにした。 物流政策対話では、両国の物流政策やコールドチェーン物流の促進にかかる取り組みについて情報共有するとともに、マレーシアの物流課題(外資規制や道路インフラ等)について日本側より問題提起し、改善に向けた取組状況等を確認した。 一方、マレーシア運輸省からは、コールドチェーン物流サービスに関する国家規格化の現状について説明があり、2025年には国家規格を策定する見通しであるとの認識が示された。 今回の政策対話では、日本から国土交通省、在マレーシア日本大使館、一般財団法人日本海事協会が、マレーシアからは運輸省、国際貿易産業省、国内取引・消費者省、投資開発庁がそれぞれ出席した。... ...続きを読む

ハイブリッド車販売が1万台にホンダの現地CKD車

2019/07/18 ホンダ・マレーシアは7月10日、マレーシアの現地工場で完全ノックダウン生産(CKD)で作られたハイブリッド車の累計販売台数が1万台に達したと明らかにした。 ホンダは2004年、マレーシアで最初のハイブリッド車である「シビックハイブリッド」を導入。その後、政府による「グリーンテクノロジー政策」が追い風となり、2012年には、マラッカ州アロー・ガジャ工場で生産したCKD版「ジャズハイブリッド」を発売した。これにより、マレーシアは日本、アメリカに引き続き、ホンダのハイブリッドを生産する3つ目の国となった。 これまでのホンダのハイブリッド車の累計販売台数は、「ジャズ」が6000台、「シティ」が3400台、「HRーV」が670台となっている。... ...続きを読む

【速報】航空会社への帰国便の予約停止要請、日本政府が撤回...

2021/12/02 日本政府が、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けた水際対策強化の一環として、日本到着便への新規予約を12月末まで停止するよう要請していた件について、松野博一官房長官は12月2日午前、これを撤回する旨の声明を出した。 一方、岸田文雄首相も「一部の方に混乱を招いてしまった。こうした事態を受け、私の方から国交省に邦人の帰国需要について十分に配慮するよう指示をした」と記者団に述べている。 これまでMタウンが調べたところ、日本航空(JAL)と全日空(ANA)の2社はいずれも1日までに新規予約を止めていた。なお、2日午後4時現在、JALは予約画面を見る限り引き続き新規予約ができないまま、ANAは空席検索画面は開くが席が取れない状況(空席がない可能性あり)となっている。... ...続きを読む
ship

川崎汽船、ペトロナス向けLNG船が竣工

2022/05/28 川崎汽船は5月26日、国営石油ガス大手ペトロナス向け新造 LNG 船が、中国の滬東中華造船にお いて竣工したと発表した。 この船は、2020 年 2 月 10 日に公表しました ペトロナスが新造船をベースにマレーシア国外船社と締結した初めての長期定期傭船契約に基づいて建造されたもの。 船名は“LAGENDA SURIA”と命名され、来月には姉妹船である“LAGENDA SERENITY”の竣工・命名が予定されている。 両船は今後マレーシアのBintulu港を拠点に中国 Shenergy 向けの LNG 輸送に従事する。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP