ドローンによる調査、ファンリードとエアロセンスの提案が採択

ファンリード(本社・東京都豊島区)とエアロセンス(本社・東京都文京区)は、マレーシアのサンウェイ大学との共同提案「ドローンによる高分解能画像を用いたサラワク州のマングローブ分布/生育マップ作成技術の実証実験」について、アジア・太平洋電気通信共同体の加盟国研究機関と日本企業で推進される「国際共同研究プログラム2021」に採択されたと明らかにした。

マレーシアでは、2004年スマトラ沖大地震の際、半島部海岸のマングローブ林が保全されていた地域で津波被害が軽減されたことから、2005年以降政府機関によるマングローブ保全への積極的な取り組みが行われている。

マレーシア全土に生息するマングローブの22%があるサラワク州では、「海の命のゆりかご」とも言われるマングローブが形成する生態系を維持することが、地域の持続可能な漁業を実現するうえで喫緊の課題となっている。

今回の実証実験では、サラワク州ラジャン・マングローブ国立公園で、マングローブ保全に向けた政府政策決定に資する科学的データ収集し、可視化することを目的に、マングローブ分布/生育マップの作製を行う。

「国際共同研究プログラム2021」で採択されたこの実証実験においては、サンウェイ大学がプロジェクト責任者となり、エアロセンスがドローンによるデータ取集・解析を行い、ファンリードがデータ分析を行うという。

この実証実験を通じ、防災、漁業、気候変動対策への貢献を目指す。

関連ニュース

town

ホンダ 約7万7000台をリコール 燃料ポンプ交換で-2021...

2021/04/30 ホンダ・マレーシアは4月28日、予防的措置として燃料ポンプを交換するため、7万7708台のリコール(無償修理)を発表した。 リコール対象の最多車種はシティーの3万388台で、CRVの1万1224台、ジャズの1万417台と続く。 同社はエンジンが始動しにくくなったり、エンジンパワーの低下やエンストが発生する可能性があるため、予防措置としてリコールしたと説明した。 同社は対象となる車種の所有者に個別に通知するとしている。下記の車種に対象となる所有者は同社に連絡を。 リコール対象車種 車種 モデル年式 Accord 2018、2019 BR-V 2018、2020 City 2019 City (HEV) 2019 Civic 2018、2019 CR-V 2019、2020 HR-V 2018 HR-V (HEV) 2018 Jazz 2019、2020 Jazz (HEV) 2019、2020... ...続きを読む

日本の新たな水際対策措置、マレーシア向けは据え置き-2021/0...

2021/09/19 日本の外務省は9月17日、「新たな水際対策措置」の決定内容を明らかにした。 今回の決定では、「検疫所の宿泊施設での待機期間の変更」と称し、多くの国からの帰国者を対象に、空港近くのホテルでの「待機措置」期間を短縮または解除した。 しかし、マレーシアについては「検疫所の宿泊施設での3日間待機(退所後、入国後14日目まで自宅等待機)措置の対象国・地域」の対象 となる45か国に含まれる格好となり、従来の措置から据え置きとなった。 一部の報道で、日本政府内でワクチン接種済み者の帰国者に対する待機措置期間の短縮についての論議がある旨が伝えられた。しかし今回の決定ではそうした短縮措置は含まれなかった。... ...続きを読む

「NEWJI VR ツアー」サービス開始 最大3ヵ国3拠点の海外視察...

2021/06/11 総合ITサービスプロバイダのTKインターナショナル(本社:スランゴール州)と製造業向けインターネットサービスを展開する NEWJI (本社:東京都新宿区)は6月10日、世界初となる1日最大3ヵ国3拠点の海外視察を実現する「NEWJI VR ツアー」のサービス提供を開始する。 対応国のエリア拡大と、最先端のVR(Virtual Reality)技術を駆使し、ボーダレスな海外視察を可能とする。 今回新たにリリースする「NEWJI VR ツアー」は、VR技術の活用によって地理的制約をを無くし、ボーダレスな海外視察を実現する。渡航費も身体的・心理的コストもゼロで、かつ、刻々と変化する世界情勢にも左右されない海外視察のデジタルトランスフォーメーションにより、費用対効果を最適化するという。 TKインターナショナルの阿部慎吾代表は本サービスについて、「コロナ禍で渡航・移動が制限される中、マレーシア国内外から新規ビジネスの視察ニーズが高まっている」とし、「特に入念な調査や確認が求められる製造業のお客様に本サービスを活用いただきたい」と話している。 なお、対象国は当面、日本、中国、台湾、マレーシア、ベトナム、タイで順次拡大を予定する。他の国についても問い合わせに応じるという。... ...続きを読む

会計事務所フェニックス、バンコクに新たに進出-2020/10/31

2020/10/31 クアラルンプールにも拠点を構える会計事務所のフェニックス・アカウンティング・グループはタイのバンコクに新たな拠点を開設したと発表した。開設日は10月11日となっている。 同拠点では、会計税務、移転価格文書作成、税務対応、監査サポート、法務手続を取り扱う。 バンコク進出に当たり、拠点の責任者として公認会計士の齋藤貴加年氏が就任する。齋藤氏は東南アジアでの勤務経験が 10 年、日本での経験も豊富だ。... ...続きを読む

日本への入国、3月1日からの緩和条件が発表-2022/02/25

2022/02/25 日本政府は2月24日、新型コロナウイルス感染防止の水際対策の緩和に関する詳細を発表した。3月1日から実施される。例えばマレーシアからの帰国の場合、ブースター接種済みなら、入国後の自宅等待機が不要となる上、公共交通機関での帰宅が認められるなど、大幅な条件緩和となる。ただし、日本入国時のPCR検査証明は引き続き求められる。 シンガポールなど、一部のアジア諸国及び欧州諸国を中心とする「指定国・地域」からの日本入国の場合は到着後3日間のホテル待機が求められる。一方、マレーシアは現在「指定国・地域」以外の国となっている。 マレーシアから到着の場合、ワクチン3回目追加(いわゆるブースター)未接種者の場合、原則7日間の自宅等待機を求める。ただし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求められない。 一方、ブースター接種済み者について、入国後の自宅等待機を求めない。 懸案となっていた、「入国後の公共交通機関の使用について」は、入国後24時間以内に待機場所(自宅等)まで移動する場合に限り、公共交通機関を使用して移動することができる。 今回の緩和により、「外国人の新規入国制限の見直し」がなされた。観光目的以外の新規入国を認められる。 受入責任者が入国者健康確認システム(ERFS)における所定の申請を完了すれば、「特段の事情」があると見なし新規入国を認める。これにより、就労目的の滞在者のほか、留学生の入国に道が開かれることとなる。... ...続きを読む

ジェトロ、日本館を開設 通販サイトの商談会で

2019/10/17 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、10月8日にクアラルンプールで開催されたeコマース(EC)サイトの商談会「ラザダ(Lazada)ウィコマース2019」にジャパン・パビリオンを出展した。ニーズの高い美容や日用品・生活用品関連の日本企業20社が出品した。 所得増加を背景にマレーシアへの日本製化粧品の輸出額は2018年には18・7億円に達し、前年比41%の大幅増となっており、日本製であることを前面に打ち出して販売促進を行うドラッグストアなども増えている。またマレーシア人訪日者数の増加にともない、高品質の日本製の化粧品、特に化粧水、美容液、パック等のスキンケア化粧品に対する認知度が上がり、購買力のある所得者層を中心にネット販売での日本製化粧品に対する購買意欲が高まっている。 ジェトロによると、マレーシアのEC市場は2018年には約20億米ドルに拡大。2017年3月には政府がアリババ・グループと連携してデジタル自由貿易地域(DFTZ)を設置するなどの政策的な支援もあり、今後も堅調な伸びが見込まれている。ジェトロはトップ人気のECサイト運営母体、ラザダと協力し、日本企業の当地EC市場への新規参入・販路拡大を支援する。 今回の商談会はラザダが初めて開催するもので、日本のほか中国、インドネシア、タイ、豪州、ニュージーランドなど7カ国から52社が出品、ラザダ店舗の購買担当者や現地代理店・流通関連業者など約2千人の参加者が訪れたもようだ。 アジアインフォネット10月5日付から構成】... ...続きを読む

楽天トレード、 創業3年目で初の黒字-2020/05/22

2020/05/22 創業3年目を迎えたオンライン証券の楽天トレードはこのほど、初の黒字になったと発表した。 地場投資銀のケナンガインベストメントバンクと楽天証券の合弁法人である同社は、創業以来これまでに8万5000件の口座を開設、ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)での取引額は125億リンギを超えた。また4月末時点で、楽天トレードのシェアは5%を超えているほか、顧客資産は10億リンギを超えている。 今後は、取引口座の10万件達成を目指すとしている。 同社は現在、「キャッシュアップフロント」「コントラ」「楽マージン」の3つの取引プラットフォームを提供している。... ...続きを読む

JALとマレーシア航空、25日から共同事業開始 -2020/07/11

2020/07/11 日本航空(JAL)は7月10日、マレーシア航空とともに両者間で「共同事業」を同月25日から始めると発表した。成田―クアラルンプール線で週2往復ずつを運航する。 共同事業の開始により、両社は互いの運航スケジュールを調整し、乗り継ぎの利便性を高める他、追って運賃を共通化する。 JALの説明によると、共同事業はジョイント・ビジネス(JB)と訳す。特定ルート(この場合は、日本〜マレーシア間)で上がる全ての収入を一つの会社のように共有し、それを一定の配分で分配するもの。利用者は両社の便を自由に組み合わせたチケットをより廉価に買うことができるほか、両国で運航されている国内線への乗り継ぎの場合、低廉な通し運賃が適用されることもある。 両社は、2019年より日本〜マレーシア間におけるJB実施に向け準備を進めて来た。同年12月に独占禁止法適用除外(ATI)申請の認可を取得。今年4月に開始される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。両社はいずれも航空同盟「ワンワールド」に加盟している。 Mタウンがプレス発表当日(10日)夜、運賃等をチェックしたところ、JALのサイトではすでに共同事業を前提とした運賃で計算されていた。全く同じ便での往復日程でも、両社それぞれのサイトで異なる価格を算出する可能性があるため、購入の際はよく確認すべきだろう。... ...続きを読む

新たな協力覚書を締結 JETRO、MATRADEと-2021/04/07

2021/04/07 日本貿易振興機構(JETRO)は4月5日、マレーシア貿易開発公社(MATRADE)との間で新たな協力覚書を締結した。締結式は東京の経済産業省において梶山経産相およびアズミン・アリ上級相兼国際貿易産業相の立ち合いの下、実施された。 締結式は今般、アズミン・アリ大臣が訪日した機会に合わせて行われたもの。 JETROとMATRADEとの間には、2016年11月に締結されたこれまでの協力覚書があるが、今回の覚書では、昨今の企業ニーズを反映し、デジタル時代に合わせて一部内容を更新、改めて協力内容を確認したものとなっている。 この協力を基に、優れたデジタル技術やサービスを有するマレーシア企業と日本企業との協業を推進し、マレーシア企業による日本でのビジネス展開を連携し支援するという。 具体的な協力内容としては、「両国における、ミッション派遣、商談会、セミナー、ワークショップ、展示会・見本市、その他のプロモーションを通じ貿易促進への取組み」「両国における、ハラル製品及びサービス促進に向けた事業の連携」「両国企業に対し、日本及びマレーシアの輸出促進機会に資する情報交換及び情報発信」「マレーシアの日本への輸出・対日投資増加の協力及び、日本とマレーシア企業によるデジタルトランスフォーメーション分野における連携拡大のための取り組みの実施」などとなっている。... ...続きを読む

DON DON DONKI、2号店オープン-2021/12/11

2021/12/11 マレーシア2号店となる「JONETZ by DON DON DONKI Tropicana Gardens Mall」が12月10日、セランゴール州の商業施設「Tropicana Gardens Mall」にオープンした。 同店を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)グループ傘下のパン・パシフィック・リテールマネジメント(マレーシア)は今回の開店に際し、「2024年までに11店舗の新規出店を計画中」と明らかにした。 店舗は2階建てで面積42,243平方フィート(約3,900平方メートル)の広さがあり、アジアでは最大級で、高品質な日本製品を豊富に取り揃えている。 店内では、「日本の美食の旅」をテーマに、大阪の「たこ焼き」や北海道の「いか焼き」など、日本各地の名物料理を提供。また、170席のイートインスペースがあり、湯沸かし器や電子レンジなども設置されている。 マレーシア法人の町田悟史代表取締役社長はトロピカーナガーデンズモールの立地を選んだ理由について、「MRTの駅に近く、他の公共交通機関からもアクセスしやすいこと」と述べている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP