airplane

ANA、成田便が週5便に増便

全日本空輸(ANA)は、5月15日〜6月30日の国際線運航計画を明らかにした。
それによると、成田〜クアラルンプール間について、日本発月曜(クアラルンプール発火曜)の1往復を新たに旅客便として増便することとなった。
これによりANAのクアラルンプール線は、週5便体制となる。

なお、同社では既に7月以降分の予約も受け付けている。

今回の増便の詳細は次の通り。
・成田発 クアラルンプール行(NH815便)
 週5便運航:月・火・水・金・日曜日
・クアラルンプール発 成田行 (NH816便)
 週5便運航 :月・火・水・木・土曜日

関連ニュース

JAL、英米機関からコロナ対策の最高評価を獲得-2021/04/06

2021/04/06 JAL(日本航空)はこのほど、新型コロナウイルスへの感染対策が優れているとして、英米評価機関からいずれも最高評価を受けた。 英国を拠点に航空会社や空港の評価を行なっている機関スカイトラックス(SKYTRAX)は「COVID19セーフティレイティング」で、JALに対し、最高評価の5スターを付与した。 一方、米国の非営利団体APEXによる監査では「ヘルスセーフティパワードbyシンプリフライングオーディット」で最高評価の「ダイアモンド」が授与された。 こうした評価は、衛生・清潔性の取り組みのみならず、非接触・自動化や航空旅行のサポートなど、感染症対策全般が対象となっている。 これらの2つの機関から最高評価を獲得しているのは、現在世界でJALとカタール航空の2社のみとなっている。... ...続きを読む

商船三井、ペトロナスとCCUS案件で覚書-2022/02/10

2022/02/10 商船三井(本社・東京都港区)は2月8日、国営石油・エネルギー大手ペトロナスと、二酸化炭素貯留(CCUS)向けの液化CO2海上輸送に関し事業開発を共同検討する為の覚書を締結したと明らかにした。なお前日の2月7日には同社幹部間でのオンラインでの署名式を行っている。 覚書に基づき、両社はまずはアジア大洋州地域におけるCCUSの実現のため、液化CO2海上輸送中心に検討を進める。本事業の役割として、商船三井は回収されたCO2を目的地まで海上輸送する最適手段を確立するため、CCUSバリューチェーン全体の見地に立った液化CO2輸送船の仕様検討等を行う。 また、本事業開発には商船三井が2021年3月に出資した、液化CO2船を30年以上に渡り管理するノルウェーのラルビック・シッピング(Larvik Shipping AS)も本件の検討に加わり、同社の液化CO2安全輸送ノウハウ等で貢献するという。 液化CO2海上輸送はCCUSバリューチェーンの中で回収地と貯留地、回収地と有効利用地を効率的に結ぶ手段の一つとして重要な役割を担う。商船三井はラルビックへの出資により液化CO2海上輸送事業に既に参入しており、本覚書の締結を通じ、液化CO2海上輸送への取組みを更に加速させるとともに、低・脱炭素社会の実現に貢献したいと述べている。... ...続きを読む

日本の新たな水際対策措置、マレーシア向けは据え置き-2021/0...

2021/09/19 日本の外務省は9月17日、「新たな水際対策措置」の決定内容を明らかにした。 今回の決定では、「検疫所の宿泊施設での待機期間の変更」と称し、多くの国からの帰国者を対象に、空港近くのホテルでの「待機措置」期間を短縮または解除した。 しかし、マレーシアについては「検疫所の宿泊施設での3日間待機(退所後、入国後14日目まで自宅等待機)措置の対象国・地域」の対象 となる45か国に含まれる格好となり、従来の措置から据え置きとなった。 一部の報道で、日本政府内でワクチン接種済み者の帰国者に対する待機措置期間の短縮についての論議がある旨が伝えられた。しかし今回の決定ではそうした短縮措置は含まれなかった。... ...続きを読む

イオン、オンラインショッピングを実証実験-2020/08/09

2020/08/09 イオン・マレーシアは8月28日から、独自のオンラインショッピングの実証実験を実施する。   イオン・リテールのシャフィー・シャムスディン最高経営責任者(CEO)によると、31日の第63回独立記念日前の63時間のみ行い、その後は9月29日にも実験を実施する。本格的な導入は年内または来年初めを予定している。デリバリー先は首都圏のほか、ペナン州、ペラ州をまず対象とし、将来はサバ州にも拡大したい考えだ。   現在イオンはオンライン・プラットフォームの「フレッシュ・マイ・イオン」を運営しているが、こちらは新鮮な食品類などに限られている。   同社は6日に「イオン・ライダー・プロジェクト」を始動させた。これは今後のデリバリー要員を確保するもので、イオン財団がまずは二輪車300台を寄贈した。   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で失業者に対する雇用を創出するため、今後二輪車による配送者を選抜して雇用する。基本給1200リンギで1年間の雇用契約を結び、その後は実績に応じて本採用にするという。... ...続きを読む
city

DON DON DONKI2号店、 12月10日開業が決定-2021/12/03

2021/12/03 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)グループ傘下のパン・パシフィッ ク・リテールマネジメント(マレーシア)は12月10日、マレーシア2号店となる「JONETZ by DON DON DONKI Tropicana Gardens Mall」を、セランゴール州の商業施設「Tropicana Gardens Mall」にオープンする。 店舗の特徴について売り場の詳細を次のように説明している。 「電車でめぐる日本グルメ旅! 」として、電車で日本を旅行しているような気分を味わいながら、大阪のたこ焼きや北海道のいか焼きなど日本各地の名物を、駅を模した屋台風の売り場で提供する。 イートインスペースを 170 席設置したほか、テナントとしてクレープ屋を設けられる。 旬の果物がいっぱいの「ふるふる」 では、専門のコンシェルジュが日本の新鮮な旬の果物の魅力を伝える。 さらに、日本が誇るブランド和牛も豊富に取り揃えるとしている。 また、日本のコスメを種類豊富に取り扱う予定だ。... ...続きを読む

マレーシアで損害車ビジネス開始 損害車買取会社のタウ

2019/07/04 日本における損害車の買取業界でシェアトップを誇るタウ(本社・埼玉県さいたま市)は6月25日、同月よりマレーシアでの損害車の仕入・販売事業を開始したことを明らかにした。 なお、タウは昨年11月、マレーシア現地法人としてタウトレーニング・マレーシアを資本金100万リンギで設立している。 マレーシアにおいても日本同様に中古車オークション会場が存在するが、その価格は売り手と買い手が都度交渉して決定することが一般的となっている。損害車の流通でも、同様の方法で取引価格が決まる。 タウはマレーシアでの損害車関連事業について、これまで培ってきた損害車ネットオークションビジネスでのノウハウを活用しながら、マレーシアで発生する損害車をインターネットで流通させる、新たな事業を開始した。マレーシア専用の販売ウェブサイトを構築し、詳細な車両情報をマレーシア国内の販売先に提供。透明性のある価格で取引することを通じ、現地におけるリユースビジネス発展への寄与を目指すとしている。... ...続きを読む

岡山FCのファイヤッド選手、同県のPR役に就任-2020/06/24

2020/06/24 日本プロサッカーリーグ2部(J2)に所属するファジアーノ岡山FCは6月23日、同チームFWでマレーシアUー23代表のハディ・ファイヤッド選手が、「岡山型ヘルスツーリズム連携協議会アンバサダー」に就任し、マレーシアからの観光誘客を目的としたプロモーションにファジアーノ岡山とともに協力することとなったと発表した。 これは岡山市、真庭市、および吉備中央町とファジアーノ岡山が連携する活動で、岡山の観光PRを岡山市などと協働で実施する。 ハディ選手は、観光PR動画の出演や、SNSによる発信等を通じて、マレーシアに向けて岡山の魅力を伝えることはもちろん、イスラム教徒(ムスリム)の訪日客が安心して旅行ができる岡山独自の受入環境など紹介する方針だ。 日本へのインバウンド客は新型コロナウイルス感染拡大を受け、ほぼゼロ水準まで収縮した。このプロモーションは、コロナ禍収束後のマレーシア人による岡山訪問を後押しとなることが期待されている。 尚、当選手は2018年からヤクルト社のブランドアンバサダーも務めている。... ...続きを読む

約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認...

2020/01/16 日本好きの外国人を対象としたコミュニティサイト「ファン!ジャパン」を運営するファン・ジャパン・コミュニケーションズ(本社・東京都港区)は、アジア7カ国のオリンピックについての認知度や興味、また訪日旅行についての調査結果を発表した。 マレーシア人回答者の39%がオリンピックに「非常に興味がある」、34%が「まぁまぁ興味がある」と答え、73%が関心を持っていることがわかった。  26%が「あまり興味はない」、2%が「まったく興味がない」と答えた。観戦方法については61%のマレーシア人が、「マレーシアでテレビやインターネットで観戦する」と答えた。21%が「日本に行ってパブリックビューイングなどでライブ観戦する」と回答。13%が「テレビやネットニュースで取り上げられていたら見る」、5%が「大会を会場で観戦する」と答えた。  2019年に日本を旅行したマレーシア人を対象に実施した調査では、53%が今年も1回旅行する、13%が両年ともに複数回日本へ行くと答え、旅行回数は変わらないと答えた回答者が多かった。昨年は1度訪問したが、今年は複数回日本に行くと答えたのは10%となった。一方で2020年は行く予定はないとの回答は18%となり、昨年は複数回訪れていたが今年は1回行くとの回答は6%となった。  日本旅行の予定とオリンピックなどの大イベントが重なって旅行の予約や困難だったり費用が高い場合は、40%が行き先は変えず、旅行の時期をずらすと回答。33%が時期はそのままで行き先を日本の他の地域に変えると答えた。19%が行き先も時期も変えない、6%が日本以外や国内旅行に切り替える、2%が旅行の予定を取り消すと答えた。  オリンピックで興味のある競技のトップはバドミントンで、回答率は66%となった。2位は水泳(55%)、3位が体操(49%)、4位がサッカー(35%)、5位が陸上(32%)だった。  【アジアインフォネット1月3日付】... ...続きを読む

ヨガで繋ぐオンラインイベント、国内7都市つなぎ-2021/06/25

2021/06/25 ヨガスクールを展開するアンダーザライト(本社・東京都渋谷区)が運営する東南アジア最大級のオンラインヨガプラットフォーム OMTOGETHERは6月20日、マレーシア7都市をヨガでつなぐオンラインイベントを開催した。 国際ヨガの日イベント”TOGETHER AT HOME”にちなんで行なわれたもので、実施において、住友商事グループ傘下の現地法人PM Careとともに催行。マレーシア7地域(クアラルンプール市、 セランゴール州、 ペナン州、 ペラ州、 クランタン州、 ジョホール州、 サラワク州)から各地域を代表するヨガインストラクターが登壇。 参加者は自分の居住地域、 または、 出身からクラスを選択して参加する、という形式で開催された。 マレーシアが現在、変異ウイルスの影響による外出制限下にあることから「マレーシア国民のメンタルヘルス向上・運動不足の解消に貢献」とその意義を打ち出している。... ...続きを読む
ship

川崎汽船、ペトロナス向けLNG船が竣工

2022/05/28 川崎汽船は5月26日、国営石油ガス大手ペトロナス向け新造 LNG 船が、中国の滬東中華造船にお いて竣工したと発表した。 この船は、2020 年 2 月 10 日に公表しました ペトロナスが新造船をベースにマレーシア国外船社と締結した初めての長期定期傭船契約に基づいて建造されたもの。 船名は“LAGENDA SURIA”と命名され、来月には姉妹船である“LAGENDA SERENITY”の竣工・命名が予定されている。 両船は今後マレーシアのBintulu港を拠点に中国 Shenergy 向けの LNG 輸送に従事する。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP