三井物産とエフピコ、地場食品容器会社を買収

三井物産(本社・東京都千代田区)は、食品容器製造大手エフピコ(本社・広島県福山市)と共に、東南アジアを中心に機能性食品容器の製造・販売を行うリースーンセンプラスチックインダストリイズ(LSSPI)の全株式を親会社であるSCGMより取得することに合意し、株式売買契約を締結した。

総取得価額は約160億円、出資比率は三井物産が60%、エフピコが40%。

本買収はSCGMの臨時株主総会の特別決議による承認をはじめとした必要な許認可取得後、2023年3月期の第2四半期頃に完了予定。

1984年創業のLSSPIはマレーシア最大手の機能性食品容器製造会社。製品設計や金型作製を含む一連の製造工程を全て自社で完結でき、自社物流による配送能力を有している。
販売面も、食品メーカーや包装資材ディーラーを中心に多くの優良顧客を抱え、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、フィリピンなど、東南アジアを中心に販売している。

三井物産が持つ、東南アジア地域における出資・提携先を活用した販売拡大に加え、エフピコが持つ生産効率向上ノウハウや各種製品開発技術を導入することにより、安全・安心と市場ニーズに対応する形で環境にも配慮した製品開発を行い、LSSPI社の更なる成長と、食品容器を通じたアジアの食生活やその利便性向上による豊かな社会を創造する企業に向けて取り組む。

関連ニュース

UMWと三井物産、MGTCと低炭素活動貢献に向けて覚書-2021/07/29

2021/07/29 地場コングロマリット(複合企業)UMWグループと三井物産は、マレーシア・グリーンテクノロジー・気候変動センター(MGTC、以前の環境技術公社)は7月27日、この日開幕した環境関連の展示会「マレーシア国際グリーンテック・エコプロダクツ展示会・会議(IGEM)2021」を機に、低炭素社会への貢献に向けて三者共同の覚書を結んだ。 締結式では、岡浩駐マレーシア日本大使、イブラヒム環境・水大臣が同席した。 三者は今後、それぞれが持つ専門知識を使って、環境に優しい製品やサービスの商業化に向けた活動を進めていくという。... ...続きを読む

来年に不採算店を閉鎖へ 回転寿司チェーンのすし金

2019/12/19 回転寿しチェーンの「すし金」は、来年にも不採算店舗の閉鎖に踏み切るという。同チェーンを運営するテクスケム・リソーシズの創業者である小西史彦会長が英字紙「ザ・スター」に対し明らかにした。 それによると、採算性の悪い店舗は賃料の高いショッピングモール内にあるという。小西氏は、採算の悪い店であるKLCC内の店舗を閉める考えを示す一方、賃貸料が安い郊外の店舗は採算性が良いと話している。 「すし金」のチェーン店舗は現在全部で137カ所に及び、うち東マレーシア(サバ州、サラワク州)には25店舗あるという。 小西氏はまた、消費者の動向について、「経済の不安定感があることで支出額が減っている」とした上で、売上・サービス税(SST)が課せられない屋台での食事が好まれていると話している。... ...続きを読む

ノーウェア、新店舗開業でロイヤルセランゴールとコラボ-2020/11

2020/11/20 ストリートファッションの「アベイシングエイプ」を展開するノーウェア(本社・東京都渋谷区)がこのほど、新たにクアラルンプールにベイプストアをオープンしたのに伴い、マレーシアを代表するピューターブランド「ロイヤルセランゴール」とコラボレーションし、限定コレクターズシリーズ2種を発売した。 このシリーズは、「ベイプ×ロイヤルセランゴール・ビアー・タンカルド」と「ベイプ×ロイヤルセランゴール・サケ・セット」からなり、前者は250本、後者は500本のみの限定生産となる。マレーシアの他、日本、アメリカ、香港、中国での販売となる。 アベイシングエイプ(ベイプ)は東京に拠点を構え、日本発信のトレンドを提案。1993年のブランド設立以来、ストリートファッションのシンボルとして、27年にわたってシーンを牽引してきた。... ...続きを読む

オートバックス、クランセントラル店を14日に閉店-21/03/06

2021/03/05 車やバイクのパーツやメンテナンスを行うオートバックス(AUTOBACS)を運営するG7 リテールマレーシアは、現在運営中のクランセントラル(Klang Sentral)店を3月14日に閉店すると明らかにした。ケポン(Kepong)地区に移転するため。 なお、ケポンの新店舗は6月中旬~7月にオープンする予定だという。 現在運営している、オールドクランロード(Old Klang Road)店とジョホール・バルのテブラウシティー(Tebrau City)店は引き続き営業する。... ...続きを読む
business

ソニー、ペナン工場を来年度中に閉鎖へ-2020/12/10

2020/12/10 ソニー・マレーシアは、ペナン州プライ工場を閉鎖する方針を固めた。2021年9月末を目処に操業を終了、翌22年3月末に完全閉鎖の予定だ。 閉鎖の理由について、ソニー全体が米国や中国、欧州市場で激しい競争にさらされているとし、工場の再編などの実施を決定したという。マレーシアでは今後、セランゴール州バンギにある製造拠点に経営資源を集中させる。 約3400人の従業員を抱えるプライ工場では、家庭用オーディオ機器、ヘッドフォン、バッテリー製品などを製造。一方、セランゴール州では液晶テレビ、ブルーレイプレーヤーなどを製造している。 プライ工場の従業員の一部はセランゴール州工場への配置転換を行うが、解雇になる従業員の今後については、ペナン州にある他の電気・電子事業関連の工場で働き口が見つかる可能性が高いとみられている。... ...続きを読む
sightseeing

日本へのオンライン入国手続き,成田でも可能に-2022/03/10

2022/03/10 厚生労働省は、3月1日から試行導入されている入国前オンライン手続き「ファストトラック」の運用が、9日から成田国際空港でも始まった。 「ファストトラック」の試行導入は、羽田、中部、関西、福岡の各空港からの入国者が、空港検疫で目視で行われていた手続きの一部を、入国者健康居所確認アプリ「MySOS」を使って日本入国前に済ませることができるもの。 質問票と誓約書の記入、ワクチン接種証明書と出国前72時間以内の検査証明書を「MySOS」を通じてアップロードする。なお入力は搭乗16時間前までに済ませる必要がある。... ...続きを読む

ジェトロがセミナー開催、新・会社法を講師が解説

2016/07/28 日本貿易振興機構(ジェトロ)クアラルンプールは29日、マレーシアビジネスセミナーを開催。第1回となる今回は新たに見直された会社法に関して、講師を招いてレクチャーを行った。日系企業の駐在員ら73人が出席した。 現行の会社法は1965年に制定されたもので、「2015年会社法」は半世紀ぶりの見直しとなった。4月に上下院を通過しており、2017年後半にも施行される見通しだ。 今回の改正では、有限責任会社については年次総会の開催が任意となり、定款の規定や一定数の株主からの要請がない限り、開催しなくてもよくなる。開催場所もマレーシアを本開催場とするものの、他国での開催も認める。年次総会の開催が任意になったことを受け、年次報告書の提出期限については年次総会開催日から30日以内としていたのを、毎年の会社設立日から30日以内と改める。一方、株主への監査報告の送達期限、会社委員会(CCM)への提出期限を守らない会社への罰則は厳しくなる。... ...続きを読む

国際線の予約販売を一時停止 ANA、当面は21日まで-2021/03/12

2021/03/12 ANAは日本政府が水際対策強化の一環として、3月8日から日本への入国者数の制限を強化していることを受け、日本到着となる国際線フライトの予約販売を停止している。なお、すでに予約済みの分についてはそのまま有効となる。 当面、 3月21日までのフライトについてこうした措置が取られているが、「22日以降も予約販売停止を行う可能性がある」と説明している。 一方、JALも同様の措置を行なっているが、路線が限定(欧州路線のみ)されており、マレーシアなどアジアからの帰国の場合は影響がない。 そのほか、外国航空会社については、それぞれ個別に対応しているようだ。... ...続きを読む

ヤクルト、2年連続で最高位を受賞 =プトラ・ブランド・アワ...

2021/02/06 マレーシアの消費者にその年で最も受け入れられたブランドを表彰する「プトラ・ブランド・アワード」の乳飲料部門で、乳酸菌飲料のヤクルトが2年連続で最高位のプラチナアワードに輝いた。 このアワードは過去11年間にわたって、広告業界の同業者団体であるマレーシア公認広告代理店協会(4As)が主催、マレーシア貿易開発公社(MATRADE)の支援、マレーシア・ブランド価値ランキング(MMVB)と連携して消費者の意見を反映して選出されている。 ヤクルトマレーシアの濱田浩志代表取締役は今回の受賞について、再び選出され光栄だとした上で、「消費者の投票に基づいて選ばれた同賞は当社にとって非常に有意義。 マレーシアの皆さんによる当社ブランドや製品への信頼に感謝する」と喜びを示している。 (写真は同社の濱田浩志代表取締役)... ...続きを読む

タイに現地法人設立 IT企業のeeevo

2019/10/02 クアラルンプールに拠点を持つ日系IT企業のeeevoグループはこのほど、タイ現地法人を設立した。タイにおいても、日本ビジネス能力認定試験(JBAA)のセミナーおよび試験の実施、またデジタルマーケティング、インフルエンサーマーケティングのサービスを提供していく計画だ。 eeevoグループはマレーシアと日本に拠点を持つIT企業。これまでマレーシアで展開してきたデジタルマーケティングと JBAAのサービスをタイでも開始する。 タイにおいては、手始めにJBAAの企業研修、個人向けクラス、試験実施を開始。タイのJBAA事業は、パートナー企業としてタイに拠点をもつ日系の人材紹介(HR)テック企業のTalentExグループ、および日系人材企業パーソナルコンサルタントと提携する形で既に開始している。 eeevoはすでに今年3月にJBAA認定講師の養成セミナーをバンコクで開催。日本語とタイ語が話せて、資格を有する JBAA認定講師がタイで研修やクラスを実施する。 一方、マレーシア法人の主力事業であるデジタルマーケティングとインフルエンサーマーケティングのサービスをタイでも開始する予定だ。 タイとマレーシアは、ASEAN域内ではシンガポールとブルネイについでインターネット普及率および一人当たりのGDPが高い国であることから、今後デジタルマーケティング需要の伸びが期待されている。 今後eeevoグループは、タイとマレーシアを拠点にASEANマーケットをターゲットとする日系企業を中心に、さまざまな業界のマーケティングに役立つようなサービスを展開していく計画だ。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP