shabu-yo

「しゃぶ葉」3号店がららぽーとにオープン

すかいらーくホールディングス(本社・東京都武蔵野市)は5月11日、クアラルンプールのららぽーとブキッ・ビンタンシティセンターに「しゃぶ葉」3号店をグランドオープンした。

同社は2020年8月21日にマレーシアに 「しゃぶ葉」 1号店をオープン。その後、コロナ禍のさなかも業績は好調で、2021年5月に2号店を開いたのち、今回の3号店開店に漕ぎ着けた。

「しゃぶ葉」は日本国内に276店舗展開しているほか、台湾に29店舗、2021 年に米国に1店舗を出店。しゃぶしゃぶ食べ放題専門業態として、日本のしゃぶしゃぶの魅力を海外で広めるのを目標に店舗展開を進めている。

関連リンク
https://www.facebook.com/ShabuYo/
https://skylark.com.my/

関連ニュース

「トライトン」の特別仕様車 三菱モーターズ、限定120台

2019/12/27 三菱モーターズ・マレーシア(MMM)は12月10日、ピックアップ車「トライトン」の特別仕様車「ナイト」を発表した。限定120台を販売する。 「ナイト」には、上位機種の標準となっている排気量2・4リッターMIVECターボディーゼル・エンジンが搭載されている。最大出力181PS、最大トルク430Nmを発揮する。変速機は6速オートマチック。車体カラーはホワイト・ダイヤモンドのみとなっている。 価格は13万7900リンギで、期間限定で無料のアクセサリーが付く。5年間もしくは20万キロの保証が付く。 MMMは、年末のキャンペーンを実施しており、「トライトン」の購入者は最大で3000リンギの現金払い戻しを受けることができる。また一部の「トライトン」のモデル購入者にはさらに2000リンギのキャッシュバックが行われる。   【アジアインフォネット12月13日付】... ...続きを読む

大使館領事部、現地常勤職員を募集-2022/04/13

2022/04/13 在マレーシア日本国大使館では、領事部現地職員(常勤)を募集している。求職者は4月27日(水)までに大使館領事部に対し、メールで応募する。職種は、日本語(一部英語)での領事事務(旅券、証明書、在外選挙等)となっている。 応募に当たっての条件は、マレーシア国籍者、またはマレーシアで就労可能な滞在資格を持つ者。日本語能力検定1級程度の高度な日本語力があり、通常業務を遂行出来る英語力があること。さらに、PC関連のスキルとして、日本語ワード、日本語エクセル等が操作できることが掲げられている。 応募に関する詳細は、大使館のホームページで確認できる。... ...続きを読む

【新規企業動向】ANA、 バーチャル空間での新しい旅体験提供...

2021/05/30 ANAホールディングスはニューノーマル時代における新しい旅の体験価値の創造に向けてバーチャルトラベルプラットフォーム「SKY WHALE」を開発・運営する法人ANA NEOを新たに設立しました。スマートフォン、タブレット等各種端末からアクセス可能な旅のプラットフォームとして2022年のサービスローンチを予定している。 コロナ禍によりデジタル化が加速し、新常態において消費者の価値観が変化する中、ANA グループでは新しいビジネスモデルへの変革に取り組んでいる。ANA NEO は、ANA グループが航空会社としてこれまで培ってきた知見およびマイレージプログラムや普及型アバターロボット「newme」で提供している各種サービス等を最大限活用することで、ビジネスモデルのデジタル化を促進していく。バーチャル空間における旅行やショッピングなどの消費体験を通じてリアルを超える体験消費ニーズに応えるとともに、「地産外商」による地域創生や、リアルとバーチャルを融合させることにより経済発展と社会的課題の解決を両立する「Society 5.0」の実現への貢献を目指す。 「時空を超える旅客機」をコンセプトとしたSKY WHALEは、「Sky パーク」「Sky モール」「Sky ビレッジ」と いう3つのサービスで構成されている。総合プロデューサーには前職でロールプレイングゲーム「ファイナルファン タジーXV」を世界的に成功させたJP GAMESの田畑端氏が就任。日本国内のみならず海外からの評価も極めて高いJP GAMESとタッグを組むことで、旅をテーマにした世界最高水準の3D空間を実現していく。一方、音楽企画監修にはヴァイオリニスト、作曲家として国内外で活躍する葉加瀬太郎氏が就任し、臨場感溢れる SKY WHALEの世界観を作り上げるという。... ...続きを読む

JETRO、DX活用支援で5社を採択-2021/09/25

2021/09/25 JETROクアラルンプール事務所は9月24日、地場大手財閥 SUNWAY iLABSと提携し、オープンイノベーション推進に向けて、日本企業と海外企業のデジタル技術(DX)等を活用した連携・協業を支援するアクセラレーションプログラムを実施する。 この事業は「J-Bridge エスコートプログラム」と呼ばれ、2019 年より開始し3回目となる今回は、マレーシアで注目を集める「フィンテック」「SaaS」「フード&アグリテック」「ヘルステック」「カーボンニュートラル」に関する革新技術を有する、日本の有望企業5社が参加する。 提携先機関である SUNWAY iLABS が大手財閥のネットワークを活かし、マレーシア企業との連携・協業を目指す日本企業に対し、ビジネスマッチング、メンタリング等のハンズオン支援を提供する。 なお、採択審査を経て決定した5社は以下の通り。 1) ビー・インフォマティか株式会社 Bee Informatica Ltd., Inc. 2) 株式会社 Samaria 3) 株式会社スカラ Scala, Inc. 4) 株式会社サンクレエ Suncreer Co., Ltd. 5) 株式会社 TBM... ...続きを読む

JETRO「水インフラビジネス」に関するウェブセミナー開催-202...

2021/11/19 JETROは12月9日までの期間、日本機械輸出組合と共催で「マレーシアの水インフラビジネス」に関するウェブセミナーを開催する。 マレーシアでは水環境の改善が重要な課題であり、水インフラ分野における技術や製品へのニーズの拡大が予想される。このセミナーでは、日本企業のビジネス拡大を支援するため、現地企業や水インフラ政策関係者向けに、日本政府の政策や日本企業の技術・製品を紹介するとともに、日本企業向けには、現地政府関係者がマレーシアの水インフラ政策について講演する予定。 YouTubeでの配信のため、公開期間中はいつでも無料で閲覧が可能となっている。 講演者はJETROクアラルンプール事務所、在マレーシア日本国大使館、マレーシア環境水省、内閣府、経済産業省、厚生労働省、国土交通省、日立造船、JFEエンジニアリング、メタウォーター、三菱ケミカルアクア・ソリューションズ、NJS、住友電気工業各機関・社となっている。 視聴URLはhttps://www.jetro.go.jp/en/events/water_related_my.html... ...続きを読む

AI活用の分析実験を実施 ふぁんじゃぱんなど、実店舗を使い

2019/06/20 ディバータ(本社・東京都新宿区)と、ふぁん・じゃぱん(本社・東京都千代田区)は、共同実験として、ふぁん・じゃぱんがセランゴール州セパンの三井アウトレットパーク・クアラルンプール国際空港内で運営する「ふぁん・じゃぱん・ショップ」店舗において、来店者の行動を分析する実証実験を実施したと発表した。 「ふぁん・じゃぱん・ショップ」は、日系企業のアジア進出を支援することを目的に、マレーシア現地でのリアルなテストマーケティングの場を提供している。来店者数を定量的に捉えるだけではなく、行動パターンなど、さまざまな定性情報を参画企業にフィードバックしたい、というニーズがあったことから実験を行った。 店頭をビデオカメラ等で撮影、その映像を集計するマーケティングサービスはこれまでにも存在していたが、映像を集計する作業の煩雑さと人的コストの問題から、普及には限界があった。 今回、ディバータが提供する映像解析技術を活用した実証実験を通して得られた豊富なマーケティングデータによって、ふぁん・じゃぱんは売場づくりの改善だけでなく、これまでになかった顧客行動の解析結果を参画企業に提供することも可能になった。具体的には、▽VMD什器(重点ディスプレイ)への立寄り者数自体は多いものの、そのまま立ち去る人が多い▽VMD什器への視認性が高い入り口からの入店率が高い▽広い通路を狭く見せてしまう複数展示を改善提案などの改善点が出た。 ディバータは今回の「ふぁん・じゃぱん・ショップ」での実証実験により、一定の精度で解析を行うことが可能であると判断できた事から、正式なサービス提供を近日開始する予定だ。 (アジアインフォネット6月10日付)... ...続きを読む

イオン現法、大幅増益 小売部門の貢献で

2019/09/11 小売大手イオンの現地法人イオン・カンパニー(マレーシア)は、第2四半期(4〜6月)の純利益が1945万リンギと、昨年同期からおよそ倍増したと発表した。売上高は前年同期比3・3%増の10億9949万リンギだった。 主力の小売部門の他、不動産管理部門が増収に貢献。新規店舗の売り上げ分を含めた小売部門の売上高は9億2450万リンギと3・5%増えている。不動産管理部門も2・4%の増収となった。 上半期でみると、売上高は前年同期比5・9%増の23億636億リンギ。純利益は同38・1%増の5209万リンギだった。 同社は年後半の見通しについて、国内経済が弱含みの予想なほか、店舗の賃貸料負担の拡大もあり、業績はやや厳しくなると述べる一方、強化店舗の改修、価格戦略や品揃えの工夫などで競争力を高めたいとしている。... ...続きを読む

日本とASEAN友好50周年のロゴ意匠募集-2022/04/10

2022/04/10 日本とASEAN(東南アジア諸国連合)は、2023年に友好協力50周年を迎えるに先立ち、日本の外務省は「日本ASEAN友好協力50周年」のロゴマーク及びキャッチフレーズを日本とASEAN諸国で広く一般公募すると明らかにした。 これは、ASEAN事務局、国際機関日本アセアンセンターとともに、この記念すべき節目の年に、様々な記念行事や交流事業を実施する際に使用するために募集するもの。日本またはASEAN加盟国の国民であれば、だれでも応募できる。日本アセアンセンターのウェブサイト上の応募フォームから提出するようになっている。   日本ASEAN友好協力50周年ロゴマーク・キャッチフレーズ募集のご案内... ...続きを読む

「マレーシアにおけるビジネス機会」 12月4日、東京でセミナ...

2019/11/14 東京で12月4日、「マレーシアにおけるビジネス機会」セミナーが開催されることとなった。 これは、マレーシア投資開発庁(MIDA)のアズマン・マハムード最高経営責任者(CEO)を団長とした経済代表団が訪日するのに合わせて開催されるもの。代表団はマレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)をはじめ、州投資促進政府機関の高官、マレーシアの民間企業より構成される。 セミナーでは、アズマンCEOが基調講演を行うほか、パネル・ディスカッションを実施。マレーシア政府の代表、エコノミスト、マレーシア進出企業から構成されたパネリストがマレーシアの政府のサポート体制、マクロ・ミクロの観点からのマレーシア経済、またマレーシアへの進出・事業運営の経験談について対談する予定。 会場はホテルオークラ東京で、セミナー、ビジネス相談会とも同じ会場にて開かれる。参加費は無料だが11月18日までの事前申込が必要となる。 なお、このセミナーは駐日マレーシア大使館、マレーシア国際通商産業省 (MITI)、MIDA、MATRADEが主催する。また、日本商工会議所、東京商工会議所、日本マレーシア経済協議会(JAMECA)、日本貿易振興機構(JETRO)、国際機関日本アセアンセンターの共催となっている。 プログラム詳細及び申込先はこのサイトで参照できる。 https://www.midajapan.or.jp/tokyo.html... ...続きを読む

在留邦人対象の「安全対策ウェブセミナー」実施-2022/03/16

2022/03/16 外務省は3月15日、マレーシア在住邦人を対象に安全対策ウェブセミナーを開催するとの告知を行なった。日本人の海外進出が進み、企業関係者の活動地域が広がる中、海外リスクに対する意識を抜本的に見直す必要性が高まっている。テロ・誘拐・感染症対策等で豊富な経験を持つ医療関係専門家や危機管理専門家等とともに、リスクに応じた安全対策に関する講演等を配信する予定。 なお、配信は3月17〜31日に動画が所定のサイトにアップされ、いつでも見られるようになっている。 受講希望者は、3月17日日本時間09:00以降に設置される外務省ホームページにリンクから必要事項を登録すること。参加費は無料で、詳細は以下のリンクの確認のこと。 https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/zaigai_safety_seminar.html... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP