防災

JICA、防災実務者向けのワークショップをシャーアラムで開催

国際協力機構(JICA)は、来る5月18〜19日の2日間、防災実務者向けのTOT(Training for Trainers)ワークショップをシャーアラムのDewan Jubli Perak Sultan Abdulで実施する。

昨年12月のスランゴール州で起きた豪雨による洪水を踏まえ、マレーシアの災害リスク軽減・予防能力を向上させるための日本の支援の一つで「地域コミュニティの安心と安全向上のための災害リスク理解に基づく防災力強化プロジェクト(SeDAR)」を進めている。これはスランゴール州政府(災害管理ユニット)、東北大学国際災害科学研究所(IRIDeS)、マレーシア・日本国際技術研究所(MJIIT)UTMと協力して実施している。

ワークショップではマレーシアと日本の専門家による合同チームが、フルランガットの災害管理・救援委員会のメンバーを対象に講義と研修を行い、災害リスク軽減・管理(DRRM)の基本的な概念、対象地域のリスク評価、地域のDRRM活動計画の方法論について学ぶ。

JICAは、4月にもセランゴール州Hulu Langatの関係者を対象としたTOTワークショップを開催している。

JICA ホームページ
https://www.jica.go.jp/index.html

関連ニュース

KL初進出の「DON DON DONKI」、19日に開店-2021/03/05

2021/03/05 日本国内やアジア諸国でドンキホーテなどを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)傘下のマレーシア法人は3月5日、マレーシア初出店となる「ジョウネツバイドンドンドンキLot10ストア」を同月19日にオープンすると明らかにした。 同店舗は、 既存のDON DON DONKIに、 同社のオリジナルブランド「情熱価格」を中心に取り揃えた、 世界初となる「情熱価格(JONETZ)」の専門店となる。 イスラム教徒(ムスリム)の顧客を念頭に「ハラール認証」受けた商品のほか、 ノンポーク・ノンアルコール商品も展開する。   さらに、 精肉コーナーでは牛肉を専門に取り扱う。ハラール認証を受けた食肉処理施設で加工した和牛を取り揃え、 日本スタイルの焼肉用薄切り肉などを販売。 加えて、季節の果物を販売するほか、店内に 「5リンギコーナー」を設け、 雑貨や日用消耗品を販売する。 本来の営業時間は24時間だが、コロナ禍の影響を受け、当面は08:00〜22:00の営業とする。(写真は同社プレスリリースより)... ...続きを読む

電力テナガ、IHIと低炭素化発電で協力へ-2022/02/24

2022/02/24 電力大手テナガ・ナショナル(TNB)は、100%子会社のTNB パワー・ジェネレーション(TNB ジェンコ)が、IHI (本社・東京都江東区)およびペトロナス・ガス・プラス・ニューエナジーとマレーシアにおける低炭素な水素・アンモニア供給チェーンの実現可能性に関する覚書に調印したと発表した。 マレーシアの発電シェア52.79%を占めるTNBジェンコは、同社の石炭火力発電所におけるアンモニア混焼技術の適用を支援する。 この覚書には、マレーシアの電力部門の脱炭素化に向けた取り組みの一環として、石炭火力発電システムにおけるアンモニア混焼の実行可能性調査(FS)が含まれている。... ...続きを読む
入国条件

日本到着時の検査はなし、待機も不要に=6月1日以降

2022/05/27 日本の外務省は、5月20日付で発布した「(新型コロナウイルス感染防止に向けた)水際対策強化に係る新たな措置(28)」に基づき、6月1日午前0時(日本時間)以降、一部の国・地域からの入国者に対する入国時検査の免除を行うことを決定した。 具体的には、「入国時検査及び入国後待機期間の見直し」を図り、マレーシアについては、リスク区分「青」と定め、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国時の検査は「不要」、入国後の待機期間は「なし」となる。 今回の決定について外務省は、「オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性等を踏まえ、各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案」と説明している。 ▼水際対策強化に係る新たな措置(28)1.に基づく 国・地域の区分について – 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/000943166.pdf... ...続きを読む

バンダイナムコスタジオ、マレーシアで9月に本格稼働

2016/07/28 バンダイナムコ・スタジオは1日、子会社のバンダイナムコ・スタジオ・シンガポールが今年3月に設立した100%子会社バンダイナムコ・スタジオ・マレーシアが、9月より本格稼働を開始すると発表した。 バンダイナムコ・スタジオ・マレーシアの資本金は330万リンギ。同スタジオでは、ビジュアルアート制作の中心拠点として周辺国の重要なパートナーと連携をさらに強化し、グローバルなアートワークの開発体制を構築する計画だ。 バンダイ・ナムコによると、日本国内だけでなく、海外各地域の文化、トレンドに根ざしたコンテンツを開発し、世界各地の顧客に届ける体制の構築が必要不可欠となっている。同社は、世界中の顧客に「夢・遊び・感動」を届けるコンテンツ開発のため、今後も成長する地域における顧客の獲得と、適切なコストでのコンテンツ開発を目指し、最適な開発拠点の配置を検討していく方針だ。... ...続きを読む

ジェトロがセミナー開催、新・会社法を講師が解説

2016/07/28 日本貿易振興機構(ジェトロ)クアラルンプールは29日、マレーシアビジネスセミナーを開催。第1回となる今回は新たに見直された会社法に関して、講師を招いてレクチャーを行った。日系企業の駐在員ら73人が出席した。 現行の会社法は1965年に制定されたもので、「2015年会社法」は半世紀ぶりの見直しとなった。4月に上下院を通過しており、2017年後半にも施行される見通しだ。 今回の改正では、有限責任会社については年次総会の開催が任意となり、定款の規定や一定数の株主からの要請がない限り、開催しなくてもよくなる。開催場所もマレーシアを本開催場とするものの、他国での開催も認める。年次総会の開催が任意になったことを受け、年次報告書の提出期限については年次総会開催日から30日以内としていたのを、毎年の会社設立日から30日以内と改める。一方、株主への監査報告の送達期限、会社委員会(CCM)への提出期限を守らない会社への罰則は厳しくなる。... ...続きを読む

アトレ、KLで期間限定プロモーションショップ展開

2016/07/28 駅ビル開発のアトレ(本社=東京)は、今月14日から24日にかけてクアラルンプール(KL)において、海外初の期間限定プロモーションショップ「アトレ・ポップアップ・ストア」を展開する。 開催するのは、ブキ・ビンタンのショッピングモール「パビリオン」2階のセンターコート。広さは約100坪。ブースのコンセプトは「ナチュラル&オーガニック・ライフスタイル」で、30を超えるブランドの化粧品やボディケア商品、ルームウェア、アクセサリー、ゆかたを紹介する。また「アトレ・スノー・カフェ」では、「白くて、ふわふわ」を表現したフォンダンショコラやかき氷などのメニューを提供する。そのほかブース内に設けるステージにおいて、毎日イベントを開催する。 アトレは、販売イベントを通して今回得られるマーケティング情報を今後のビジネス展開に大いに活用していく方針だ。... ...続きを読む
AINZ&TULPE

日本のコスメショップAINZ&TULPE、Pavilion Bukit Jalil内に...

2022/05/20 本日5月20日、日本のセレクトコスメショップ「AINZ&TULPE(アインズ&トルペ)」が、ショッピングモールPavilion Bukit Jalil(パビリオン・ブキット・ジャリル)内にオープンした。ロケーションは蔦屋書店の隣。 AINZ&TULPEは、最新コスメトレンドの発信基地として、メイクアップからボディケア、ヘルスケア商品などを幅広く販売。 若い女性を中心に人気を集め、日本国内全域に渡り店舗展開している。 今回のPavilion Bukit Jalil店は初の海外拠点。今後はマレーシア内でも数店舗展開する予定だが、その足がかりとなる。 また、アジア各国での展開も見据えている。 店内のブランド・商品は日本製製のものが中心。海外生活ではこれまで入手が難しかった馴染みの商品がも見つかるかもしれない。 一部商品 ▼AINZ&TULPE SNSはこちらから Instagram Facebook ▼ウェブサイト https://pavilion-bukitjalil.ainz-tulpe.com.my/ Pavilion Bukit Jalil住所 Pusat Bandar, 2, Persiaran Jalil Utama, Bukit Jalil, 57000 KL, Federal Territory of Kuala Lumpur 【関連記事】 12月3日正式オープンした、次世代の超巨大モール 「Pavilion Bukit Jalil」 https://mtown.my/life/pavilion-bukit-jalil/... ...続きを読む

「とくしまフェア」KLで開催 和牛や県産野菜などを紹介

2019/12/12 徳島県ととくしまブランド推進機構は11月29日、徳島県産品の紹介と普及を目的にクアラルンプール市内のレストランで「とくしまフェア」を開催した。 今回は徳島県産の和牛、さつまいも、レンコン、わかめの4品目を紹介。とくしまブランド海外協力店の指定を受けている日本食レストラン「築地八號」のシェフが考案した4品目を使ったグリルや天ぷら、サラダなどの料理を現地メディアや同店の利用客に試食してもらった。 和牛はハラル(イスラムの戒律に則った)認証を取得している、にし阿波ビーフが提供。輸入を手掛けるJMGトレーディングのスタッフが和牛の特徴などをレクチャーした。マレーシアでは高級レストランなど51カ所がにし阿波ビーフの和牛を使っている。 高級さつまいも品種「なると金時」とレンコンは、プロの農家集団、農家ソムリエ〜ずが、わかめはうずしお食品がそれぞれ提供した。徳島産の「なると金時」はホクホク感と舌触りの良さ、甘さが特徴。今年はさつまいもの主要産地である茨城県や千葉県が台風の影響を受けたが、徳島産は平年並みの作柄だという。 【アジアインフォネット12月2日付】... ...続きを読む

JAL、利用者に対するJALコロナカバーを導入-2020/12/16

2020/12/16 日本航空(JAL)は12月11日、自社国際線利用者に対して、新型コロナウイルスに感染した場合の医療費や検査費、隔離費用を支払う「JALコロナカバー」を無料で付帯すると明らかにした。こうしたサービスを日本の航空会社が提供するのはこれが初となる。 提供に当たっては、アリアンツトラベルと提携、24時間対応する相談窓口も設ける。新型コロナウイルスの陽性確定の際の検査費用も支払い対象となる。補償額は、治療費を最大15万ユーロ、また検査に関連する隔離のための費用として1人1日当たり最大100ユーロ、最長14日間分補償するとしている。 対象期間は12月23日から2021年6月30日までの搭乗分。JAL国際線最初の区間の搭乗日から起算し、31日間が補償期間となる。ただし、居住国に戻った時点で失効となる。他社運航による共同運航便等の利用では適用にならない。... ...続きを読む

ユーグレナ、MJIITらと新規藻類の同定・単離に成功

2022/06/27 新着 微細藻類をベースとした食品や燃料を開発するユーグレナ(本社・東京都港区)は6月27日、理化学研究所(理研)微細藻類生産制御技術研究チーム、マレーシア工科大学・マレーシア日本国際工科院(MJIIT)准教授の原啓文(現東京大学特任准教授)、MJIITの研究チームとの共同研究により、マレーシアの泥炭地で採取した微細藻類の中から、脂質を生産する耐酸性の新規藻類・テトラスティココッカスの同定・単離に成功したと明らかにした。 今回単離したテトラスティココッカスは、酸性および弱アルカリ性のpH条件下で高い増殖率を示し、炭素数が16から18の長鎖脂肪酸を多く蓄積することを確認している。  なお、本研究成果は、学術雑誌『Journal of Applied Phycology』(2022年5月22日付)に掲載された。 ユーグレナは、2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。 微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の製造開発、遺伝子解析サービスの提供を行っている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP