mr.koo

日本デザイナー学院、東方政策40周年ロゴ製作者による講演を開催

日本デザイナー学院マレーシア校では5月21日、東方政策40周年ロゴをデザインしたマレーシア出身のKoo Kon Hen氏が日本の学生に向けて講演する。

Koo氏の日本への留学経験、パッケージデザインなどの仕事、40周年のロゴ制作の背景などを語るという。

同学院マレーシア校の関係者は、同氏の講演について「マレーシアと日本の友好関係をさらに深めるイベントにしたい」と期待感を示している。

写真はKoo氏

関連ニュース

自動車サービス満足度、トヨタが1位に=JDパワー

2016/08/12 米市場調査大手JDパワーが、マレーシアで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2016年マレーシア自動車サービス満足(CSI)調査」を発表した。トヨタが1000点満点で763点を獲得し1位となった。昨年はマツダが1位だった。 調査は、2014年2月から2015年5月に新車を購入し、2015年8月から2016年5月にかけてメーカーのサービシングに出した3257人を対象に実施。「サービスの質」「自動車の引き取り」「サービス施設」「サービスの開始」「サービス・アドバイザー」ーーの5項目で評価した。... ...続きを読む

日本政府、マレーシア向けにAZワクチン提供へ-2021/06/16

2021/06/16 茂木敏充外相は6月15日、新型コロナウイルス対策ワクチンをマレーシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN) 5カ国に提供すると発表した。英製薬大手アストラゼネカ(AZ)製のワクチンを提供、7月上旬から相手国に送る。 茂木外相は「ASEANと日本は極めて重要な関係にある」と述べ、ワクチンの提供の意義を示した。なお、マレーシア向けの数量は明らかになっていない。 政府はアストラゼネカ製ワクチンは日本での公的接種には当面使わない。一方、菅義偉首相は海外向けに3000万回分供給するとの方針を示している。... ...続きを読む

サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5...

2020/01/16 NTTグループの海外事業統括会社NTTリミテッドは、セランゴール州のサイバージャヤにマレーシア国内で5つ目となるデータセンター「サイバージャヤ5(CBJ5)」の建設を進めている。すでに昨年10月に着工、今年度上半期(4〜9月)にも完成する見込みだという。 設置されるデータラックの品質は最高水準のティア4が導入されるという。この設立は、マレーシア政府の2020年予算案で謳われている「デジタル化を通じて経済成長を促進される」事業の一環となっている。 NTTはまた、MISTと呼ばれる海底ケーブルをマレーシア、シンガポール、ミャンマー、インドとを結ぶ計画を明らかにしている。全長は1万1000キロにおよぶ。... ...続きを読む

東京都、環境技術展示会に東京パビリオン出展

2016/10/19 東京都は日本貿易振興機構(ジェトロ)と共同で、東南アジア最大規模の環境技術の展示会、「国際グリーン技術&エコプロダクツ展示会・会議2016」(IGEM2016、期間10月5―8日)に「東京パビリオン」を出展した。 「東京パビリオン」は東京都がアジア都市間の協力事業「経済交流促進のプラットフォーム」の一環として2014年から出展しているもので、今年で3回目。首都大学東京や都立産業技術センターといった研究機関、都水道局、都下水道局といった都が運営する公営企業に加え、今年は2社増やして6つの民間企業が参加した。ニッソクとエコ・24を除く▽ユニパック▽セイコーウェーブ▽ギガソーラー▽高尾鉄工所――の4社が初出展となった。 昨年に続いての出展となった張り紙防止シートのニッソクはマレーシアの行政などの関心を集めた。一方、コーティング技術のエコ・24は、建物の壁の汚れ防止のコーティング技術をモスクに提供する方向で商談を進めている。 IGEM2016はマレーシアのエネルギー・環境・水省が2010年から開催しているもので、今年のテーマは「持続可能性のためのグリーン・ビジネス」。世界25カ国の350の出展者と3万人の来場、15億リンギの成約を見込んでいる。昨年の成約額は19.8億リンギだった。... ...続きを読む

KLに駐在員事務所開設へ JA三井リース、今月中にも

2019/10/17 JA三井リース(本社・東京都中央区)は10月3日、クアラルンプール駐在員事務所の開設を発表した。同社は9月17日付でマレーシア投資開発庁(MIDA)より駐在員事務所の設立許可を取得、今月中にもオープンする見込みだ。 同社グループは、中期経営計画において海外ビジネスの強化を掲げ、米国・東南アジアを中心に、三井グループ、JAグループが持つグローバルネットワークを活用したファイナンスおよび周辺事業を展開しているが、その一環でクアラルンプールに駐在員事務所の開設を決めた。 JA三井リースは、「マレーシアは豊富な資源やインフラ投資、工業化の進展などにおいて、今後の成長が期待できる国」とした上で、自社の現地法人の設立をも視野に市場調査を進める考えを示している。... ...続きを読む

JICA、海上法令執行庁と救助潜水の研修-2022/02/19

2022/02/19 国際協力機構(JICA)は2月21日から3月10日の期間、海上保安庁の協力を得て、マレーシア海上法令執行庁(MMEA)と救助潜水の研修を実施する。これは、JICA技術協力事業の一環で、マレーシアの海上において水中での救助が必要な際の救助技術強化を目的としたもの。 マレーシアは南シナ海、アンダマン海、マラッカ海峡などに接している。多くの船舶が行き交う海域で、それに伴い、船舶の転覆、沈没事故も多く発生する。そのような際に必要な、安全で確実な潜水救助技術を日本からマレーシアに対して伝える。 2020年のコロナ禍以降、初めて日本から海外に向けて潜水の専門家が派遣されるもので、実践的な演習を3週間実施し、これまで育成してきたマレーシアの救助潜水の指導者及び新任潜水士の能力強化を図る。 プール実習や教室での訓練を経て、3月6〜9日には ティオマン島付近で巡視船えりもとして用いられてきた船を改修して 2017年に海上保安庁からMMEAに供与されたPM Pekanを用いた海洋実習も予定している。 JICAは今後も海上保安庁と協力し、マレーシアに向けて、海上での救助潜水や、鑑識・立入検査などの海上法令執行、指導者育成等へ協力を進める。(写真は在マレーシア日本大使館のFacebookより)... ...続きを読む

J’s Gate Dining 2021クリスマスイベント開催中-2021/1...

2021/12/13 12月10日より、ショッピングモールLot10内J’s Gate Diningにて、クリスマスイベント「Catch “Off-Duty Santa” on Camera!」が開催されている。クリスマス当日のために前乗りしたサンタがJ’s Gate Dining内でくつろいでおり、飲食店で食事をしていたり、座って本を読んでいたり、はたまたトイレに行くなど、プライベートな姿を見ることができる。サンタを見つけたら自由に撮影し「#offdutysantajsgate」のタグと共にSNSに投稿すると、優秀作品にはお食事券RM100、RM50が贈られる。「Catch “Off-Duty Santa” on Camera!」のイベント期間は23日まで。その後、専用ブースでのサンタとの写真撮影が行えるクリスマスイベント本番「Photo with Santa In the SNOW @ main stage」が24日、25日に開催される。開催時間は以下の通り。24日(金)18:00-21:00 / 25日(土)12:00-14:00, 18:00-21:00... ...続きを読む

ヘルスケア分野への投資説明会 アセアンセンターが東京で実施

2019/11/14 国際機関日本アセアンセンターでは、ASEANでの医療サービスや高齢者向け介護サービス等をはじめとするヘルスケアサービスに焦点を当てた『ASEANサービス貿易フォーラム2019』を11月27日、東京で初開催する。 このフォーラムではASEANでのヘルスケアサービスの現状や投資機会について、ASEANにした日本の医療機関やASEAN各国の政府関係者が説明する。 また、フォーラム終了後には、ASEAN各国の政府関係者との個別相談会も実施する。 ASEANでは経済発展に伴い所得や生活水準が向上し平均寿命が上昇する一方、生活習慣病や高齢化に伴う健康課題が拡大。より良い医療サービスや高齢者向け介護サービスの需要が高まっている。 日本アセアンセンターは今回のセミナー開催に当たり、「ASEAN各国は日本の高度なヘルスケアサービスに高い関心を寄せており、日本の事業者のビジネスチャンスも拡大している」と述べている。 プログラム詳細及び申込先はこのサイトで参照できる。 https://www.asean.or.jp/ja/trade-info/eventinfo-2019-10/... ...続きを読む

マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC

2020/01/16 BEENOSの子会社で、越境ECおよび日本関連コンテンツの海外進出をサポートするビークルーズは、グラウンドワークスが運営する「エヴァンゲリオン公式ECサイト」の海外展開強化に伴い、海外向けEC販売の支援を進めている。 ビークルーズは1月7日、エヴァンゲリオンの公式ショップが東南アジア最大級のマーケットプレイス「Shopee」のシンガポール向けサイトとマレーシア向けサイトで同時にオープンした。 なお、ビークルーズによる「Shopee」を使ったアジアでのエヴァンゲリオンの販売は昨年10月から台湾で先行して行われている。... ...続きを読む

ペラ州の生産棟が完成 村田製作所、部品需要の増加に対応

2020/02/27 村田製作所(本社・京都府長岡京市)は2月12日、ムラタ・エレクトロニクス(マレーシア)がペラ州バトゥ・ガジャで建設を進めていた生産棟が竣工したと発表した。 建設は2018年10月に開始。構造は、地上3階建て、塔屋1階となっており、延床面積は2万3007平方メートル。建物建設にかかった投資額は40億円に達したという。 竣工について、「スマートフォンをはじめとする高機能化が進展するモバイル機器向けや、電装化が進む自動車向けの電子部品需要の増加に対応するため、生産能力の増大が目的」としており、さらなる需要拡大へ対応できる体制を構築する意向を示している。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP