malaysia

不動産のコスモスプラン、日本でマレーシアセミナー

マレーシアの不動産賃貸、売買、賃貸をサポートするとコスモスプランは、同社社長の石原彰太郎氏が訪日するのに合わせ、東京と札幌でマレーシア最新事情を解説するセミナーを開催する。

コロナ事情をはじめ、観光客の入国状況、現地ツアー・ゴルフ情報、最近再開したMM2Hの新条件と代替案である「サラワクMM2Hビザ」の取得条件、さらにはマレーシアの子女留学についても解説の予定。

開催日程は、東京にて5月28日、札幌にて30日でいずれも14:00から。詳細は同社サイトを参照のこと。

https://www.totalmalaysiafudosan.jp/news/?mode=d&i=226

関連ニュース

ギフティ、国内のファミマにeギフト販売システムを納入-2020...

2020/11/23 eギフトプラットフォーム事業を展開するギフティ(本社・東京都品川区)の現地法人であるギフティマレーシアは、法人向けeギフト販売システム「eギフトシステム」を国内にあるファミリーマートへの提供を開始したと明らかにした。ファミリーマートが展開する200以上の店舗で利用可能となる。 ギフティは2018年10月、マレーシアの現地法人であるギフティマレーシアを設立し、ASEAN域内でのeギフト事業の展開を進めている。... ...続きを読む

文京学院大学がオンライン交流=マレーシア国民大学の学生ら...

2021/02/11 文京学院大学(所在地・東京都文京区、埼玉県ふじみ野市)は、コロナ禍における国際交流の一環として、マレーシア国民大学(UKM、所在地・セランゴール州バンギ)とオンラインでの交流会を実施している。 プログラムの中では、日本とマレーシアの「医療体制・社会・文化」などをテーマに据えて、両大学による発表等を実施。2月27日には第3回目の交流会開催を予定している。 両校はこれまでに昨年10月と12月にオンラインでの交流会を実施している。 今後も学生に対し、国際交流の場を継続して提供するという。... ...続きを読む
伊勢丹イタリアフェア

伊勢丹でイタリアフェア開催中【5/25まで】

2022/05/20 伊勢丹KLCC店で、現在イタリアフェアを開催している。開催期間は5月13日から25日まで。 今回の目玉は、人気のイートインコーナーを併設し、本場イタリアの味を楽しめる内容となっている。 また、豊富なグローサリーアイテムから、ワイン、チーズ、スイーツまで、幅広い商品を取り揃える。 パンデミック前以上の規模で展開しており、伊勢丹でしか取り扱いのないようなアイテムも多数。週末はぜひ伊勢丹でイタリア体験を。 ▼ISETAN ウェブサイト https://www.isetankl.com.my/... ...続きを読む

日本への輸出、23・5%減少 マレーシア製の合板

2019/10/02 日刊木材新聞社が発表するジャパン・ランバー・レポート(英文版)によると、6月のマレーシアから日本向け合板の輸出量が前年同月比23・5%減の6万1000立方メートルにとどまったことがわかった。前月比でも4・3%減っている。インドネシア産との競争にさらされているほか、日本のメーカーが生産量を増やしているためだという。 同レポートによると、6月の輸出量は過去5年で最低だという。マレーシアへの新規発注は昨年末から減っているほか、5〜6月の日本側での合板輸入量は2カ月連続で20万立方メートルを下回っている。... ...続きを読む

セカイプロパティ、マレーシア移住のウェブセミナーを実施=1...

2021/01/27 海外不動産物件斡旋のセカイプロパティは1月30日、マレーシアへの移住に関するWEBセッションセミナーを開催する。 セミナーでは、 マレーシアへの留学や教育移住のサポートを手がけるルシュエットの中村妙子代表と、マレーシア在住1年目のセカイプロパティ営業担当者との対談セッションの形式で進められる。 マレーシアは先に行われた日本のロングステイ財団による「移住したい国ランキング」で14年連続でトップの座に輝いた。 セッションでは、セミナー参加者からの質問にもリアルタイムで答えながらマレーシアの魅力をあますところなく紹介するという。 なお、ライブセッションはZOOMを使って実施される。開始時刻は1月30日13:00(日本時間)で45分間の予定。参加申し込みは、セカイプロパティの専用サイト(https://sekaiproperty.com/thankyou/gRfA47n0)を通じて受け付けている。... ...続きを読む

ケンちゃんカレー、 エッセンシャル企業向け配送サービス開始...

2021/02/02 パビリオン、NUセントラル、SuriaKLCCで日本式カレー店を展開する「ケンちゃんカレー」が、コロナ禍において最前線で必要不可欠な業務に対応している「エッセンシャル企業」向けの特別デリバリーサービスを開始した。 実施時期は、4月末日までを予定。職場に直接食事を配達することで、ランチ等での社員の外出による新型コロナウイルスへの感染リスクを減らす狙いもあるという。 配送エリアは、KLCC、KL Sentralの周辺それぞれ5km以内とし、配送料は無料。最少オーダー数は30人前、最大300人前まで。店頭販売より5%引き、100人前以上のオーダーで10%引きとする。 なお、基本的には5日前までの予約を求めるものの、急を要する場合の相談に応じるとしている。 予約は、+60-17-263-6294またはinfo@kenchancurry.com.myまで。... ...続きを読む
business

Don Don Donki、KLブキ・ビンタンに出店へ-2020/07/17

2020/07/17 ドン・キホーテの海外店舗であるDon Don Donkiのマレーシア1号店が、クアラルンプールの繁華街ブキ・ビンタンに設けられる模様だ。7月15日付中国報が伝えた。 出店先は、伊勢丹やレストランモールが入るLot10となるという。なお、実際の開業時期などはわかっていない。 日本各地に「驚安の殿堂」として総合ディスカウントストアを展開しているドン・キホーテは、アジアでタイ、シンガポール、香港に出店するほか、ハワイにも店舗がある。... ...続きを読む
business

TKインター、法人営業改革支援のブリッジと提携で合意-2022/0...

2022/01/26 TKインターナショナルは、法人営業改革を支援するブリッジインターナショナル(本社・東京都世田谷区)との間で、資本提携および業務提携を強化することを合意した。これは1月24日、ブリッジ側が発表したもので、「グローバルなデジタルマーケティングの戦略立案から実装・運用支援サービスを強化するため」とその意義を述べている。 ブリッジは2019年以来、TKインターナショナルとアウトソーシングサービス提供において既に連携を進めていますが、今回の合意によりさらなる関係強化を行うとしている。 当該提携強化の背景には、各企業で進む法人営業部門のDX化が加速していることが挙げられる。企業は潜在的な見込み顧客の発掘、自社ソリューションの理解促進などの顧客接点のデジタル化や、顧客との商談履歴やデータ分析などのDX化に注力。そのため、見込み顧客との接点を生み出すデジタルマーケティングの運用やコンテンツ制作支援などへのソリューションニーズが高まってきているという。 これまで二社間では、ブリッジのアウトソーシングサービスの新規顧客開拓、およびそのサービス実行を両社の業務提携範囲としていたが、それに加え今後は、インサイドセールスを含む営業活動の対象となる見込み顧客を獲得するためのマーケティング業務においてもTKインターナショナルが提供するデジタルマーケティング事業と連携し、ブリッジの顧客向けにサービス提供を開始することにある。 ブリッジは、TKインターナショナルとの連携を強化することで、DX構想策定支援からデジタルマーケティング運用、インサイドセールス実行、DX人財育成までを、顧客にグループとして提供できる体制を確立できるという。... ...続きを読む

日本の水際対策、待機期間を10日に短縮で調整-2021/09/09

2021/09/09 日本政府が現在、日本への入国者・帰国者に設けている「待機措置」について、早ければ今月中にも短縮することで調整が始まった。現在は、基本的に14日間の待機が求められているが、これをワクチン既接種者に対し、10日間に短縮する方向。 この待機措置短縮をめぐっては、ビジネス往来への活発化を求める経済界からの強い要望が上がっている。 マレーシアからの日本入国に際しては、現在、検疫所の手配により宿泊施設での3泊の待機が求められるが、こうした措置がどう対処されることになるかについてはこれまでに明らかになっていない。... ...続きを読む

JA三井リース、マレーシア現法が営業開始-2021/10/07

2021/10/07 JA三井リース(本社・東京都中央区)は10月5日、は、新規設立したマレーシア現地法人JAMLマレーシアの営業を開始すると明らかにした。今後、同社マレーシア法人は、JA三井リースがシンガポールに設立したアジア・パシフィック地域統括会社であるJA三井リーシング・アジア・パシフィック・ホールディングス傘下のマレーシア拠点として営業基盤拡充を図るとしている。資本金は406万4000リンギ。当面はJA三井リースが100%出資する形とするが、追ってシンガポール統括会社が出資する形に変更を予定している。 JA三井リースグループは海外ビジネス強化の一環として2019年10月、クアラルンプールに駐在員事務所を開設し、市場調査を進めてきた。調査の結果、マレーシアは、当社グループがグローバルに展開するアセットファイナンスとの親和性が高い、戦略的な重要地域であるとの結論に至り、同国に現地法人設立を決定。事業ライセンス取得等、必要手続を完了したとして、営業開始の運びとなった。 マレーシアでは、JA三井リースグループが培ってきた金融ノウハウを活かしながら、自動車製造設備、物流、半導体、情報通信、建設機械、再生可能エネルギーなどの分野に、サービスを提供する。一方で既存のマレーシア駐在員事務所は閉鎖する予定だ。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP