LEP40

日本デザイナー学院 、LEP40コンテスト入賞作品を発表

日本デザイナー学院は、主催する「LEP40(ルックイースト=東方政策40周年)マンガイラストコンテスト」の入賞作品を発表した。

日本とマレーシアから計190点の応募があったという。グランプリは、作品『花と蝶』のmano mouth さん、準グランプリは『Membawa!わたしたち!』の黒田真優さんがそれぞれ受賞した。

入賞者の作品はこちら:
https://www.ndg-nbs.ac.jp/topics/news/12048

関連ニュース

日本政府、マレーシア向けにAZワクチン提供へ-2021/06/16

2021/06/16 茂木敏充外相は6月15日、新型コロナウイルス対策ワクチンをマレーシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN) 5カ国に提供すると発表した。英製薬大手アストラゼネカ(AZ)製のワクチンを提供、7月上旬から相手国に送る。 茂木外相は「ASEANと日本は極めて重要な関係にある」と述べ、ワクチンの提供の意義を示した。なお、マレーシア向けの数量は明らかになっていない。 政府はアストラゼネカ製ワクチンは日本での公的接種には当面使わない。一方、菅義偉首相は海外向けに3000万回分供給するとの方針を示している。... ...続きを読む

JACTIM「上期景気動向調査」結果詳細-2022/04/06

2022/04/06 マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は4月5日、「2022年度日系企業アンケート調査及び上期景気動向調査結果」を発表した。この調査は、日本貿易振興機構(JETRO)クアラルンプール事務所と共同で年に2回行われているもの。 「上期景気動向調査」 は、JACTIM会員企業557社に、2022年1月19日 ~2月21日にかけて、2022年上半期の景気動向を中心に質問した内容に ついて集計している。有効回答数は234社(内訳:製造業140社・59.8%、非製造業94社・40.2%)で、全体の回答率は42.0%となっている。 業況判断DI(Diffusion Index=景気動向指数の略)は、プラス9.4ポイントと前回調査から30.0ポイントの大幅上昇。となった。21年後半からコロナ禍の行動規制が緩和されたことも影響して、8期ぶりにプラスに転向している。 一方、従業員数DIは、マイナス36.3ポイントと前回より更に不足傾向が強まっている。 業界の需給判断DIは、プラス20.5ポイントと需要超過の傾向が継続している。 なお、コロナ関連の規制緩和により国内の規制変動等の影響を指摘する割合は減少した。... ...続きを読む

パナホーム、富裕層向け住宅270戸を建設へ

2016/07/28 パナホーム・マレーシアは28日、不動産開発サファイア・インデックス社とセランゴール州シャーアラムで富裕層向け住宅270戸を建築する請負契約を締結した。今月から着工し、2019年の完成を目指す。 シャーアラムのコタクンミン地区の面積15・58ヘクタールに2階建セミデタッチハウス270戸を建設する。一戸あたりの最低専有面積は297平方メートル。パナホームが東南アジア諸国連合(ASEAN)向けに開発したW-PC構法と呼ばれる工期短縮や高い防水性を採用するほか、室内空気を清浄する独自の換気システム「ピュアテック」やパナソニックのセキュリティシステムを設置する。 サファイア・インデックス社は大手不動産業トロピカーナグループの子会社で、2015年から同地区でアマン・プロジェクトと称した街づくり事業を行っている。今回パナホームが締結したのはその一環で、パナホームと共同で開発する地区は「チュリア・レジデンシズ」と呼ばれる。住宅販売も今月から開始する。... ...続きを読む

ヤマトアジア、陸上幹線輸送のOTLグループ買収へ

2016/09/19 ヤマトホールディングス傘下の東南アジア地域統括会社のヤマト・アジア(本社・シンガポール)とマレーシアのクロスボーダー陸上幹線輸送事業者OTLグループが8月31日、OTLグループのCKEトランスポート・エージェンシーとオーバーランド・トータル・ロジスティック・サービシズ(M)、オーバーランド・トータル・ロジスティック・サービシズ(タイ)の3社の株式取得およびベトナム事業の取得に関して合意したと発表した。   今回の買収によりOTLグループが持つシンガポールからマレーシア、タイ、ラオスやカンボジア、ベトナム、中国と6カ国間を結ぶ約6000キロメートルの幹線輸送ネットワークを取得することで東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国におけるクロスボーダー陸上幹線輸送サービスの提供が可能となる。   さらに、ASEAN各国で展開を進めている小口輸送ネットワークとロジスティクス機能を結合することにより、... ...続きを読む

フジフイルム、UMMCと共同で内視鏡研修センター開設

2022/03/23 富士フイルムの現地法人フジフイルム・マレーシアは国立マラヤ大学医療センター(UMMC)と共同で、国内初の内視鏡トレーニングセンターを開いた。 フジフイルムマレーシアとUMMCの相互協力により、医学・外科学の研修生を対象とした教育プログラムやトレーニングセッションが実施される予定。 両社は、「高度な内視鏡技術により、患者に高品質なサービスを提供し、患者さんの体験を向上させることを期待する」と述べている。 富士フイルムマレーシアの松浦裕之マネージングディレクターは、「近い将来、医療や外科の専門家を育成することを目指すUMMCに、内視鏡システムを提供できることをうれしく思う」と述べている。... ...続きを読む

オートバックス、クランセントラル店を14日に閉店-21/03/06

2021/03/05 車やバイクのパーツやメンテナンスを行うオートバックス(AUTOBACS)を運営するG7 リテールマレーシアは、現在運営中のクランセントラル(Klang Sentral)店を3月14日に閉店すると明らかにした。ケポン(Kepong)地区に移転するため。 なお、ケポンの新店舗は6月中旬~7月にオープンする予定だという。 現在運営している、オールドクランロード(Old Klang Road)店とジョホール・バルのテブラウシティー(Tebrau City)店は引き続き営業する。... ...続きを読む

大使館領事部、現地常勤職員を募集-2022/04/13

2022/04/13 在マレーシア日本国大使館では、領事部現地職員(常勤)を募集している。求職者は4月27日(水)までに大使館領事部に対し、メールで応募する。職種は、日本語(一部英語)での領事事務(旅券、証明書、在外選挙等)となっている。 応募に当たっての条件は、マレーシア国籍者、またはマレーシアで就労可能な滞在資格を持つ者。日本語能力検定1級程度の高度な日本語力があり、通常業務を遂行出来る英語力があること。さらに、PC関連のスキルとして、日本語ワード、日本語エクセル等が操作できることが掲げられている。 応募に関する詳細は、大使館のホームページで確認できる。... ...続きを読む

オンラインバイク販社と提携 ベルジャヤソンポの現地法人

2019/07/16 SOMPOホールディングスの現地法人であるベルジャヤ・ソンポ・インシュランスは7月2日、オートバイ販売の広告ウェブサイトを運営するモーターバイクと提携したことを明らかにした。 この提携により、iモーターバイクのウェブサイトを通じてベルジャヤ・ソンポが販売するバイク保険への新規加入や更新が可能となる。サイトを通じた手続きは、1000ccまでのバイクに関する保険なら2分以内で完了できるという。また、オンライン更新の顧客に対しては保険料のうち10%をリベートとして返金するとしている。 ベルジャヤ・ソンポのタン・セク・キー最高経営責任者(CEO)は今回の提携について「当社がさらにバイク保険市場へのアプローチを図ることができる」とし、「昨年に当社は85000件のバイク保険契約を締結した。さらにバイク販売台数は前年比8・5%もの伸びを見せていることから、この市場はさらなる拡大が期待できる」と述べている。... ...続きを読む

ECのCafe24、Shopeeとの連携でマレーシアでの販売可能に-2021...

2021/10/03 国内外のビジネス展開が可能なECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」を運営するCAFE24 JAPAN(本社・東京都港区)は、東南アジア最大ECモール「Shopee」との連携強化により、マレーシアの他、シンガポール、タイ、フィリピンの4カ国を新規追加し、9月30日より「マーケットプラス」にて提供を開始した。 「Cafe24」を利用するEC事業者は、自社サイトに商品を登録するだけで、「Shopee」が展開する東南アジア5カ国へ販路拡大が可能となる。数回のクリックだけで簡単かつシームレスに越境ECを開設し、日本製の需要が増加している東南アジアの消費者に向けて商品を販売できる。... ...続きを読む

マラッカの地場卸を買収 食品卸の加藤産業

2019/12/27 食品卸の加藤産業(本社・兵庫県西宮市)は12月12日、マラッカ(メラカ)に本社を置くメリソンの株式を取得することについて、同社との間で株式譲渡契約を結んだ。 メリソンはマラッカやジョホールバルを中心としたマレーシア半島部中南部を営業地域とする卸売企業。主要な仕入先、得意先との強い取引関係を築き上げたことで、マレーシアにおいて確固たる地位を確立している。 加藤産業はすでにクアラルンプールおよび北部を中心に事業展開を行なっているが、今回の買収で南部市場への進出が実現。これにより、マレーシア半島部全域を営業地域とする同国最大級の卸売業グループとなると説明している。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP