AINZ&TULPE

日本のコスメショップAINZ&TULPE、Pavilion Bukit Jalil内にオープン

本日5月20日、日本のセレクトコスメショップ「AINZ&TULPE(アインズ&トルペ)」が、ショッピングモールPavilion Bukit Jalil(パビリオン・ブキット・ジャリル)内にオープンした。ロケーションは蔦屋書店の隣。

AINZ&TULPEは、最新コスメトレンドの発信基地として、メイクアップからボディケア、ヘルスケア商品などを幅広く販売。
若い女性を中心に人気を集め、日本国内全域に渡り店舗展開している。

今回のPavilion Bukit Jalil店は初の海外拠点。今後はマレーシア内でも数店舗展開する予定だが、その足がかりとなる。
また、アジア各国での展開も見据えている。

店内のブランド・商品は日本製製のものが中心。海外生活ではこれまで入手が難しかった馴染みの商品がも見つかるかもしれない。

一部商品
AINZ&TULPE

AINZ&TULPE

AINZ&TULPE

▼AINZ&TULPE SNSはこちらから
Instagram
Facebook

▼ウェブサイト
https://pavilion-bukitjalil.ainz-tulpe.com.my/

Pavilion Bukit Jalil住所
Pusat Bandar, 2, Persiaran Jalil Utama, Bukit Jalil, 57000 KL, Federal Territory of Kuala Lumpur

【関連記事】
12月3日正式オープンした、次世代の超巨大モール 「Pavilion Bukit Jalil」
https://mtown.my/life/pavilion-bukit-jalil/

関連ニュース

9万人余りがライセンス取得 配車サービス運転手への資格試験で

2019/12/19 政府は今年4月以降、グラブをはじめとするスマートフォンを使った配車サービスの運転手に対しライセンス取得を促しているが、これまでに9万人余りが所定の資格を取得したことがわかった。 このライセンスは、配車サービスに従事する運転手が公共交通機関(PSV)運航のための免許に当たるもの。グラブのマレーシア事業トップのシーン・ゴー氏は「運転手の総計目標は15万人だが、すでにその62%はライセンスを取得済み」とした上で、さらに2%がライセンス交付待ち、10%がトレーニングが終了しているか試験の受験を待っている状態と述べ、今後さらに自社の登録ドライバーが増加するとの見通しを示している。ただ、今回のライセンス取得スキームの実施により、16%が試験受験をあきらめたという。 ライセンス取得の関係費用について、グラブは実費の補助を出している。これに対し、競合のジョムライズは「3万人に達する登録ドライバーに補助を出すのは我が社にとって負担が多すぎる」とし、「資金力のある大手がさらに大きくなる不均衡な状況にある」と現状について批判している。 なお政府は、ライセンス取得を3回続けて失敗した受験者に対し「試験問題の読解力」を問う試験ではなく、口頭でのテストを行う方針も示している。 これまでにPSVを取得したドライバーの数は全国で約36万人。うち約1割はタクシー運転手だが、配車サービスの事業者として働くこともできる。... ...続きを読む

グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催

2019/08/08 日本の国土交通省は、日本の支援によるマレーシア版グリーン物流パートナーシップ会議を7月9日に初開催したと発表した。 日本の同名会議をモデルにしたもので、日・マ両国に加え東南アジア諸国連合(ASEAN)各国から合計188人が出席した。マレーシア側からはアンソニー・ローク運輸相、日本側からは宮島国交省大臣官房参事官が出席した。 第1回目となる今回は、現地の物流事業者及び荷主企業に対してグリーン物流促進の重要性について意識啓発を図ることが目的。マレーシア及び日本の専門家がグリーン物流促進の必要性について、我が国物流事業者及び荷主企業から具体的な取組事例と二酸化炭素(CO2)削減やコスト削減等の取組効果等について紹介した。 これに合わせて翌10日には第15回日ASEAN物流専門家会合が開催され、マレーシアに続くグリーン物流パートナーシップ会議の開催国、コールドチェーン物流サービスの規格化、「日メコン物流訓練センター」を活用した物流人材育成について議論を行った。【アジアインフォネット8月1日付】... ...続きを読む

RHB、保険部門を売却へ 東京海上へ3月末までに

2019/09/11 地場金融機関RHBバンクは8月26日、決算発表を行った際、同社の保険子会社RHBインシュランスの発行済み株式の94・7%を東京海上ホールディングスに来年第1四半期(1〜3月)中にも売却したい意向を改めて明らかにした。RHBバンクのカイルサレー・ラムリ代表の話しとして地元各紙が伝えた。 ラムリ代表は、今年11月までに東京海上によるデューディリジェンス(適正評価手続)を終えたいとしており、その後に中央銀行バンク・ネガラ(BNM)に対し正式に売却案を提出するとの考えを示している。なお、RHBは7月29日付けでBNMから東京海上との売却交渉に関する許可を取得している。... ...続きを読む

日邦産業の現地拠点がサイバー被害に-2022/04/13

2022/04/13 工業部品・産業資材の専門商社で製造も手掛ける日邦産業(本社・名古屋市中区)は、同社傘下のNIPPO MECHATRONICS(M)のネットワークが第三者によって、不正アクセスを受けたと明らかにした。 同社にマレーシア工場機能を持つ同拠点では、ネットワーク含めた社内システムを直ちに停止し、関係当局に連絡をした上で、外部の専門事業者ととともに復旧対応を進めている。 ただ、マレーシア工場の生産活動、並びに当社を含む他のグループ会 社のネットワークへの影響はないとしている。... ...続きを読む

JACTIM「上期景気動向調査」結果詳細-2022/04/06

2022/04/06 マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は4月5日、「2022年度日系企業アンケート調査及び上期景気動向調査結果」を発表した。この調査は、日本貿易振興機構(JETRO)クアラルンプール事務所と共同で年に2回行われているもの。 「上期景気動向調査」 は、JACTIM会員企業557社に、2022年1月19日 ~2月21日にかけて、2022年上半期の景気動向を中心に質問した内容に ついて集計している。有効回答数は234社(内訳:製造業140社・59.8%、非製造業94社・40.2%)で、全体の回答率は42.0%となっている。 業況判断DI(Diffusion Index=景気動向指数の略)は、プラス9.4ポイントと前回調査から30.0ポイントの大幅上昇。となった。21年後半からコロナ禍の行動規制が緩和されたことも影響して、8期ぶりにプラスに転向している。 一方、従業員数DIは、マイナス36.3ポイントと前回より更に不足傾向が強まっている。 業界の需給判断DIは、プラス20.5ポイントと需要超過の傾向が継続している。 なお、コロナ関連の規制緩和により国内の規制変動等の影響を指摘する割合は減少した。... ...続きを読む

ANA、4月6日から成田往復を週1便増便-2002/03/12

2022/03/12 全日空(ANA)からの情報によると、同社は4月6日以降、成田発水曜、折り返しとなるクアラルンプール発木曜の便として、週あたり1便増便することを決定した。すでにチケットの販売も開始されている。 この結果、ANA便による4月6日以降の就航曜日は、成田発が火曜、水曜、金曜、日曜となり、クアラルンプール発が月曜、水曜、木曜、土曜となる。ただし、ゴールデンウィーク期間中の5月4日成田発、5月5日のクアラルンプール発は運休するという。 なお、同社は貨物と郵便のみを運ぶ便として他の曜日も運航している。 ANAクアラルンプール支店は、「今後も、出入国規制や検疫体制などの状況、日本への帰省や海外への赴任などの需要動向を見極めながら、 増便含め柔軟に検討する」と説明している。... ...続きを読む

ECのCafe24、Shopeeとの連携でマレーシアでの販売可能に-2021...

2021/10/03 国内外のビジネス展開が可能なECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」を運営するCAFE24 JAPAN(本社・東京都港区)は、東南アジア最大ECモール「Shopee」との連携強化により、マレーシアの他、シンガポール、タイ、フィリピンの4カ国を新規追加し、9月30日より「マーケットプラス」にて提供を開始した。 「Cafe24」を利用するEC事業者は、自社サイトに商品を登録するだけで、「Shopee」が展開する東南アジア5カ国へ販路拡大が可能となる。数回のクリックだけで簡単かつシームレスに越境ECを開設し、日本製の需要が増加している東南アジアの消費者に向けて商品を販売できる。... ...続きを読む

「マレーシア・イスラーム美術館展」東京国立博物館で7月6日...

2021/06/21 7月6日から東京国立博物館東洋館で、マレーシア・イスラーム美術館精選特別企画 「イスラーム王朝とムスリムの世界」が開催される。会期は来年2月22日までを予定。 同博物館の案内によると「イスラーム関連の豊富なコレクションを有するマレーシア・イスラーム美術館の全面協力を得ることで、特定の国家や地域によらない、世界規模のイスラーム美術の展示が実現」「イスラーム文化の多様性を知り、イスラーム世界への理解を深める手がかりとなるような美術工芸品や歴史資料などを紹介」としている。 入場は予約制。同展を観覧する場合は、「総合文化展」参観として予約するか、同時開催の特別展のいずれか、特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」(6月22日~9月12日)、聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」(7月13日~9月5日)などの参観当日に予約を取った上で入室することができる。... ...続きを読む

三菱東京UFJ、イスラム方式自動車ローン証券化へ

2016/08/29 三菱東京UFJ銀行は、マレーシアでスクーク(イスラム債)を発行するための認可を取り、複数通貨で総額200億リンギ(約5000億円)の発行枠を設定したと発表した。 第1弾としてマレーシア三菱東京UFJ銀は、CIMBイスラム銀行の自動車ローンを裏付けとするイスラム債9億リンギ相当を発行する。イスラム金融方式による自動車ローンの証券化はマレーシア初となる。   邦銀によるイスラム債発行は初めて。調達した資金はイスラム方式での融資に回す。 発行枠の設定により、マレーシア三菱東京UFJ銀行は、円、リンギ、米ドルを含む多通貨でのイスラム債の発行を10年間にわたり行うことができる。   マレーシア三菱東京UFJ銀の関係者は、イスラム金融の自動車ローンを提供する業者にとり有力な資金調達手段になるとした。   また給与所得者の年金制度である従業員積立基金(EPF)はイスラム投資口座の創設を決めており、イスラムの要件を満たした金融商品に対する需要は高まるという。(8月12日)... ...続きを読む
economy

MJIIT、今年度のJACTIM基金の受賞者を発表-2022/01/12

2022/01/12  マレーシア日本国際工科院(MJIIT)はこのほど、2021年度の助成による研究プロジェクトの選考会が実施し、マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)から商工会議所基金の受賞者を発表した。  MJIITは2012年から、JACTIM基金より毎年、学生に対する研究助成の支援を受けている。  今回の課題テーマは、「ウィズコロナ時代に求められるテクノロジー」で、研究計画発表の結果、植物の成分抽出、AI、再生可能エネルギー、エレクトロニクスと、異なる分野から4チームが研究助成支援プロジェクトとして選定された。  4つのチームのアプローチは予防、遠隔医療、エネルギー、モニタリングと多様性に富んだ結果となった。各チームは研究助成金として授与される1万2,500リンギを活用し、9月の研究成果発表に向けて研究プロジェクトを始動する。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP