Archives : スランゴール州

News 14

KL近郊で再び断水、汚染物質も特定

スランゴール州水道局は10月23日、スムニェ川が再び汚染されたため、浄水場を停止して断水措置を実施した。ヌグリ・スンビラン州のニライ工業団地から廃水が流れ出ていた。同州の観光・環境・緑化技術審議官エリザベル・ウォン氏は27日、川から検出された汚染物質は危険物質「4-ブロモフェニルエーテル」であったことを明らかにした。 この物質は難燃剤として使用され、臭いが強い。人間が摂取すると健康に甚大な影響を及ぼす。工場が故意に危険物質を排水しており、同州職員がこの工場を汚染源と特定した際は多くの魚が川
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
News

高速道路運営会社、水を盗み罰金刑

スランゴール州シャーアラム下級裁判所で10月27日、高速道路料金所で使用する水道水を盗んだとして有罪とし、運営会社のプロジェク・リンタサン社に対して4万リンギの罰金刑の判決を下した。 この事件では、クムニン-シャーアラム・エキスプレスウェイ上にあるアラム・インピアン料金所で2011年に付近で使われている水道管から料金所に無断で配管設備を設置して水を使用していた。 裁判長は当時のスランゴール州の無収水問題と住民への水道料引き上げを間接的に引き起こしたと判決理由を述べた。 これに対
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news

半島西海岸で高波発生 最大約6メートル

スランゴール州沿岸地域で18日、高波が観測され、クラン市など500人あまりが避難した。同日午前3時に観測された高波は5・7メートルにも達した。死亡者やけが人は出ていない。 また、クダ州の海岸沿いでも同日未明に約3メートルの高波が発生し、6村で洪水となった。約100人が避難した。同州ではすでに16日から高波が観測されていた。
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news