Archives : KL

KLからの流出人数2年で3万人以上=統計局

統計局は5月26日、2016年転居調査報告書を発表した。これによると、2015~2016年の間に人口の2%にあたる62万2000人あまりが転居し、首都クアラルンプールから引っ越した人数は3万7700人に達したことがわかった。 転居した人数62万2000人のうち88・7%がそれまで住んでいた州の別地域に引っ越し。農村部から都市部に移り住んだ人はわずか4・2%だったが、都市部から都市部に転居した人は73・6%にのぼった。州として流入人口が最も多かったのはスランゴール州で、1万9400人を記録し
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

KLで建物内の駐車の禁止を検討

トゥンク・アドナン連邦直轄区相は16日、首都の渋滞解消のため、建物内にある駐車場での駐車を禁止していることを明らかにした。 同相によると、東京や香港、ロンドンなどのビル内には駐車を禁じている。こういった世界の流れにクアラルンプールも追うべきだと説明。駐車を禁ずることで、首都で働く人たちに電車での通勤を促したい考えだ。 しかし、これに対してクアラルンプールのアミン・ノルディン市長は検討を否定せず、「MRTがすべて完成した後に検討する」と語った。 なお、MRTは7月31日に第2期分
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

KLでのひったくり件数が激増 警察が注意呼びかけ

クアラルンプール警察は11日、市内でひったくり件数が激増していることから注意を呼び掛けている。 警察によると、昨年通年で234件だったのが、今年1月から5月までですでに368件にのぼっている。ひったくりが多い場所のパトロールの強化といった防犯対策を講じているが、道路を歩く際はハンドバックなど貴重品の入ったものに十分気をつけるよう警告している。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

KL~クラン間にバスレーンを年内に敷設へ

クアラルンプールからスランゴール州クランの間にバスレーンが既存の道路上に年内に敷設される予定だ。首都圏各地にMRTなど鉄道が敷設され、渋滞解消を目的としたもの。 同区間は2014年にスランゴール州政府により承認を得たが、予算超過のため延期となっていた。当初の予定では第一期目に中華街近くのパサール・スニ駅からスバンジャヤまでに設置。第二期目はバトゥ・ティガからクランまでつなぐ予定だった。 現在の計画では主要5地域となるクラン、シャーアラム、スバンジャヤ、プタリン・ジャヤとクアラルンプー
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

日本人に人気旅行先ランク、KLが1位に

旅行情報サイト「トリップアドバイザー」は、最長滞在日数からみる日本人に人気の海外旅行先を発表。クアラルンプールが1位となった。 調査によると、日本人旅行者が最近休暇で海外旅行に出かけた際に費やした1人当たりの旅費(宿泊と航空券代)は約14万円だった。トリップアドバイザーは同金額を1人分の旅費として、2017年3月1日から2017年5月31日の期間において、日本人に人気の海外の観光地で最も滞在数を長くできる旅行先を調べ、トップ10都市を発表した。 クアラルンプールの一人当たりの平均旅行
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

KLのスマホ保有率が95・1%に=博報堂生活者調査

博報堂はアジア14都市を対象とした最新版の生活者調査「グローバル・ハビット」を発表、クアラルンプール(KL)はスマートフォンの保有率が2016年に95・1%となり、2012年の26・6%から大幅アップした。68・5ポイントのアップ率は14都市中でトップ。 今回の調査は15~54歳の男女1万700人を対象に、情報端末の保有・利用実態に関する分析を行ったもの。マレーシアのスマートフォン保有率は東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポール(97・8%)に次いで高かった。マレーシアではスマート
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

世界生活環境調査 KLは86位

英コンサルティングのマーサーは14日、2017年世界生活環境調査都市ランキングを発表した。これによると、クアラルンプールは86位で前年と同位で、東南アジア地域内で2位となった。 この調査は今年で19年目で、世界450都市の生活環境を治安や経済、衛生、教育、公共サービス、住宅など39項目について評価し、ランキングするもの。企業が人材を海外に派遣する場合の大きな参考資料となっている。 ランキングで首位となったのはウィーンで8年連続一位。以下、チューリッヒやミュンヘンなど欧州の都市が上位を
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

マリンド・エア、11月からKL-プーケット便を就航

格安航空のマリンド・エアは11月10日からクアラルンプール~タイ・プーケット便を就航する。ボーイング社「737-800」型機(162人乗り)を使用する。 週4便(水木金土)運航する。クアラルンプール発が午後2時45分で、プーケット着は午後3時10分(現地時間)。復路はプーケット発が午後3時55分で、クアラルンプール着が午後6時25分。 片道航空券料金は139リンギ~(エコノミークラス)と599リンギ~(ビジネスクラス)。預け荷物料金の無料や軽食などが上記料金に含まれる。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news